3月28日午前、ホテル日航新潟で衆議院憲法調査特別委員会の地方公聴会が行なわれました。開始1時間前の8時40分から会場前で抗議行動が行なわれ、平和運動センターや県労連、そして私たち百万人署名運動に結集する150名の労働者、市民が駆けつけました。横断幕・ノボリ旗・組合旗を林立させ、宣伝カーを使った大宣伝行動となりました。「9条改悪反対」「安倍打倒」のボードを用意し、通勤する車や歩行者に大々的にアピール。会場にバスで入る国会議員にも、しっかりと訴えることができました。また、百万人署名運動と新潟YWCAは特別委員会に対して、廃案・慎重審議を求めて請願を行ないました。

 9時40分から始まった、新潟公聴会の陳述人は4名。自民党推薦の大学助教授、民主党推薦の弁護士会会長、共産党推薦の元大学教授、社民党推薦の大学教授。陳述人うち3名は「慎重審議」「法案の問題性」を訴え、3:1で反対派の圧勝(会場の外では当然“不戦勝”)。特に最低投票率を設けるべきの意見があいつぎました。自民党の委員は「投票率が低いという前提で最低投票率の規定をというのは、国民に対して失礼な議論」と反論を試みましたが、社民党の辻元委員から「国民投票に参加しないという意思表示も認めるべき」と反論され、グーの音も出ませんでした。

 採決のアリバイ作りのための公聴会に、会場内外で廃案を求める声が呼応する形になりました。民意とあまりにもかけ離れた国会審議にあきれるばかりです。

 特に印象に残ったのは、百万人署名のパンフレットを食い入るように読む組合員が多数いたことと、抗議行動後の繁華街での街宣で国民投票法案を説明すると「本当ですか!」と驚く人が多かったことです。国民投票法案の問題性がいまだ認識されていません。もっと大宣伝を行ない、国民投票法案を廃案にしましょう。

(とめよう戦争への道!百万人署名運動・新潟 山口)

画像