広島県連絡会の谷口恭子です。
広島でキャラバンを開始しました。今日は3カ所で街宣。とれた署名は110筆! 結構いい出だしかな。4月25日、朝7時半から街宣を開始。本日誕生日を迎えた伊豆さんが張り切って朝街宣。賛同人の男性3人と共に、JR西広島駅で、通学・通勤者に訴える。宣伝カーからの声が響く中、国民投票法パンフとビラを手渡す。足早に職場に向かう方が多いが、それでも10人の方が署名に応じてくれた。

9時から昼までは、市内の自治労や全自交などの労働組合を訪問。国民投票法が憲法改悪のためのものであり、国民がその内容を知る前に成立させてしまおうとしている安倍政権について訴え、署名の取り組みを要請した。賛同人になってくれた方一人。やはり、「キャラバン」での訪問は、私たちも相手も、ある種の高揚がある。

午後、伊豆さんに代わって谷口出動。横川駅で2時間の街宣。パンフをまきながら署名をお願いする。宣伝カーの声に耳を傾け、パス待ちの人がわざわざ寄ってきて署名してくれたり、人が「並ぶ」場面が何度かあったり。ほとんど絶え間なく署名に応じてくれる。嬉しい嬉しい! \(^o^)/

その後流しをする中で、賛同人の方の職場の前を通ると、わざわざ出てきて手をふってくれる!自転車で通る中学生?も手を振ってくれた!下田礼子さん宅ではおいしいジュースやクッキーも差し入れでいただいた。

休憩を挟んで、広島駅で1時間半の街宣。やはり、宣伝カーの声と、車に貼付けた横断幕が目立っていい感じ。こちらから声をかけなくても、宣伝カーの声を聞き、横断幕を見て、私を目指して来て署名してくれる人もいる。「9条を変えることに反対。この署名に応じない人がいることが不思議。頑張って下さい。」と現状への憤懣を訴えながら署名して下さる方も。

もちろん、確信的右翼、みたいな人が突っかかってきたり、ということもありました。それに、やはり「国民投票法案」については知っている人でも「聞いたことはあるけど中身は全く・・」という人が数名いるくらいで、全然知られてもいない。でも街頭でその説明をするのは難しい・・・というのが現状です。

明日も朝ビラから始めます。頑張ろー! o(^-^)o

画像