画像

 毎月発行している「百万人署名運動全国通信」の6月号ができました。皆さんぜひご覧ください。
今回の特集は「裁判員制度」についてです。
 賛同人の方(1年間一口3000円の賛同金をお願いしています)には毎月無料でお送りしていますが、そうでない方にもご希望の方には見本紙としてお送りします。
申し込みは、メール million@mqc.biglobe.ne.jp か、FAX 03-5211-5415 で、送り先をご連絡ください。
 「裁判員制度」は、国民を裁判員として刑事裁判に参加させ,被告人が有罪かどうか,有罪の場合どのような刑にするかを裁判官と一緒に決めてもらうという制度です。大変問題のあるものなのですが、すでに4年前の5月に、何と!全政党の賛成で成立してしまいました。しかし、その後、危機感を持った弁護士を中心に「裁判員制度はいらない!大運動」が立ち上がり、精力的な反対運動が取り組まれています。来年5月実施を前にして、ようやく中味がわかってくるにつれ国民の中にも不安や反対の声が強まってきました。
 この「裁判員制度」の問題点については、2月に裁判員制度反対!で日弁連会長選挙をたたかった高山俊吉弁護士のホームページにとっても詳しく載っているのでぜひご覧ください。
→http://www.takayama-law.com/radio.html

画像


画像



 6月13日(金)には、「裁判員制度はいらない!大運動」(→ http://no-saiban-in.org/)が呼びかける全国集会が日比谷公会堂で開かれます。裁判員制度廃止を求める唯一の全国集会です。裁判員制度に反対する皆さん、ぜひ参加して大きな力にしていきましょう!
●裁判員制度はいらない!6.13全国集会
 【とき】 6月13日(金)午後6時開会
 【ところ】 東京・日比谷公会堂
 【ゲスト発言】 東北大学名誉教授・小田中聰樹さん、家族問題評論家・池内ひろ美さん
 【落語】 林家時蔵師匠の新作落語 『裁判員制度はハナシにならない』
 【呼びかけ人アピール】今井亮一(交通ジャーナリスト)、蛭子能収(漫画家)、斎藤貴男(ジャーナリスト)、高山俊吉(弁護士)
 【入場料】1000円

 私たちも、5月30日の昼時、JR水道橋駅で、裁判員制度に反対しよう!6.13集会に参加しよう!と呼びかけました。
画像