画像

 8月29日(金)午後3時から、東京都教育委員会がある都庁第2庁舎前に約220名が集まり、「日の丸・君が代」処分撤回を求めて抗議の声をあげました。
 都教委は、2003年10月に「10.23通達」を出し、翌年の卒・入学式での「君が代」不起立の教職員に対して不当な大量処分を強行しました。この前代未聞の暴挙に対し、その年の8月に抗議の都教委包囲デモが行われ、以降毎年8月に行われている都庁包囲アクションです。今年も、「被処分者の会」「被解雇者の会」「不採用者の会」「予防訴訟の会」「河原井さん・根津さんらの『君が代』解雇をさせない会」など被処分者が一同に会し、支援の人々と共に抗議の声をあげ団結を固めました。遠く三重県や滋賀県からも仲間がかけつけました。

 集会前のプレイベントは久しぶりのZAKIさんの歌でした。ZAKIさんは「ヘンな共謀罪」とか力の限り叫ぶ印象が強かったですが、この日は“愛の歌”といことで静かな曲が披露されました。

画像


 集会冒頭、都教委包囲ネットから見城さんが発言。見城さんは「この間、新たな攻撃がかけられている」として、3月に文科省が告示した新学習指導要領の反動性と、7月15日に都教委が発出した「分限事由に該当する可能性がある教職員に対する対応指針」の反動性について指摘し、力を合わせて闘っていこうと呼びかけました。

画像


 築地市場移転反対を闘う現地住民もかけつけ連帯のアピール、さらに根津さんを初め被処分者のリレーアピールが続きました。

 4時過ぎに、一同、都教委に直接の要請行動へ。30階の教育長・教育委員長、29階の指導部(ここは10.23通達を発令したところ)、28階の都立学校教育部(ここは職員会議での挙手による採択禁止通知を出したところ)、27階の人事部(「君が代」処分を決定したところ)と、それぞれへ要請書を持ったグループに分かれて要請に行きました。
 27階の人事部では、要請団を見るやいなやフロアへのとびらをシャットアウト。出てきた男性が「要請は教育情報課と決まっている。そちらへ行ってもらいたい」と、要請団を中へ入れようとしません。この5年間「教育情報課」に何度も要請書を出してきましたが、きちんと届いていないことがわかっています。「教育情報課は壁でしかない。伝えるのではなく、さえぎっている。担当部署が直接、要請書を受け取るべきだ!」と、人事部の官僚的対応を弾劾しました。このようなやりとりで1時間、オウム返しの人事部職員の対応に全員ストレスと怒りでいっぱいに。本当に都教委の体質はおかしい!他県では考えられないことです。

画像


 他の階も同様のようでした。
 その後、各階の要請団は教育情報課が用意した10階の会議室へ移動、そこで都教委の対応に抗議をしながら、今回は、それぞれの個人・団体がその場で要請書を読み上げて提出ました。

画像
 

 根津さんは「公開質問状」を渡しました。これに対し教育情報課の黒田課長は、「回答する、しないも含めて所管の判断をあおぐ」といつもの口調。これで後日「回答しない、というのが回答です」などと言ってきたら許さないぞ―!

 
画像


 外で待っていた人たちと合流して、再度怒りのシュプレヒコール。都教委は「君が代」処分を撤回しろ―

画像


 都教委は関係部署が直接、抗議要請を受けるべきです。そもそも「教育情報課」は、以前は、関係部署の“責任者を連れてきて”要請に応えさせていたそうなのです。石原都政になってから都教委は大変身!、教育情報課も変身?!なんて、絶対に許せません!!