3月31日(火)、卒業式で「君が代」不起立を貫いた教職員への処分が発令されました。まず、みんなが心配している根津公子さんへの処分は停職6ケ月でした。河原井さんも停職6ケ月でした。分限指針による処分、分限解雇は阻止しました!やはりこれは、根津さんを先頭にした闘いによって勝ち取ったものです。
 今年の卒業式での不起立・不伴奏者への処分は以下の通りでした。合計12名です。
<高校>戒告が4名、減給10分の1・6ケ月が3名
<特別支援学校>減給10分の1・1ケ月が1名、停職3ケ月が1名、停職6ケ月が2名<義務制>減給10分の1・6ケ月が1名
 
 31日の様子を少し報告します。
 この日は「君が代」不起立者は午後2時から、さみだれ的に時間をずらして、都立研修センター(水道橋)に呼び出されました。近くの全水道会館で、教職員・支援者で前段集会を行い、全員で都研修センターに向かいました。いつものように歩道に陣取り「不当処分をするな」のシュプレヒコールや激励発言をしながら当該を送り出しました。弁護士が立ち会いを求めて一緒に入りましたが、都教委は立ち会いを認めませんでした。

画像


 最初に呼ばれていた0さんが出てきて、「戒告処分を受けた。都教委は地公法に違反していると言ったが、私は憲法に違反していないと答えた。必ずこの処分を撤回しよう。おかしいことはおかしいと言っていこう」と決意を表明しました。
 近藤順一さん、河原井純子さん、渡辺厚子さん、根津公子さんが次々と建物に入って行きました。杉並区立の小学校の特別支援学校で不起立をした伊藤さんは、この研修センターではなく、区教委から4時30分に呼び出されていました。伊藤さんも「教育の民営化や道州制攻撃と『君が代』処分は一体であると思う。40秒の不起立にいろいろな思いをこめた。根津さんと連帯し、同僚と連帯し、みんなと一緒に闘う」と決意表明。 

 まもなく、みんなが次々戻ってきました。河原井さんは「処分は停職6ケ月だった。なぜ私が、こんなにも処分を受けながら不起立をするのかの思いを『雑木林がいい』という詩を読み上げて説明した」と報告。近藤さんは「このような不当な処分がある限り、私は抵抗し続けていく。都民のみなさんに私が教員不適格かどうか直接聞きたい」と発言。

画像


 根津さんは「都教委は私を分限免職できなかった。停職6ケ月。分限対応指針が昨年7月に再発防止研修の時に出され、それは私たちに対して出されたことははっきりしている。だから、今回使わなければ、ほとんど、物言う教員に使うことはできなくなる。大勢の人が闘っているということは都教委にとっていやなことなのです」と勝利宣言でした。

画像
 

渡辺さんは「私は予定通り停職3ケ月の処分。でも『君が代』のとき静かに座っていただけで見せしめ処分されることに本当に怒りがわく。今年は3年生の担任で、迷いに迷たが卒業生と一緒に卒業式をしたいと思い、不起立した。毎年苦しい気持ちを強いる10・23通達撤回を教育現場にいる労働者としてかちとっていきたい」と新たな決意を述べました。
 その後、再び全水道会館にもどり、250名で総括集会と記者会見を行いました。