画像

 7月1日発行号の「百万人署名運動全国通信」ができあがりました。今号4~5面は核問題に詳しい吉田義久さん(元相模女子大教授)へのインタビュー記事です。オバマ大統領の「プラハ演説」と、それを賛美した日本共産党。他方で北朝鮮への非難の大合唱、ついには北朝鮮のミサイル基地攻撃を公約とする幸福実現党まで出現しました。このような情勢の中で、今年の8・6ー8・9反核闘争の課題について考えてみました。

画像

 吉田さんは、「プラハ演説」で真に言われていることは、アメリカの核独占の再強化であり核廃絶では全くないこと、既成の反核運動・原水禁なども大国の「核抑止力」を認めてしまっていることなどを明らかにし弾劾しています。
 また、1945年8・6ヒロシマー8・9ナガサキへの原爆投下に対して、翌年にアメリカの港湾労働者(国際港湾倉庫労働組合=ILWU)がこれを批判してデモをやっていたことが紹介され、帝国主義の核政策で分断されている世界の労働者が連帯・団結していくことの重要性を指摘しました。

画像


 田母神前航空幕僚長が8月6日、広島市内で「ヒロシマの平和を疑う」と題して講演をすることがわかりました(主催は日本会議広島)。持論である日本の核武装の必要性についても言及するそうです。核と核戦争への怒り、核廃絶の願いと8・6ヒロシマの闘いを圧殺しようとするもので許せません。

 このような動きの中で、今年の8・6ヒロシマ大行動は、とても重要な闘いとなりました。世界的な大恐慌が始まり改憲と戦争の攻撃が強まっている中でこそ、労働者民衆が一体となって大資本・大国の核政策、核戦争策動と闘うときです。8・6ヒロシマ、8・9ナガサキをくり返すな!この叫びを、今こそ全労働者民衆の叫び・闘いにしましょう。

●「百万人署名運動全国通信」購読申し込みは
→ million@mqc.biglobe.ne.jp
とりあえず、最新号を宣伝紙としてお送りします。

被爆64周年、8・6ヒロシマ大行動
【とき】8月6日(木)正午~集会、午後3時~デモ
【ところ】広島県立総合体育館小アリーナ(平和公園近く)
【主催】8・6ヒロシマ大行動実行委員会(tel.082-221-7631)