8・6ヒロシマ大行動に参加した東京の賛同人の方から感想が寄せられましたので紹介します。* * * * * * *                          
 今年の「ヒロシマ大行動」は、資本主義の崩壊がはじまり、それ故に、核を独占し、戦争という手段で世界を支配する帝国主義を打倒するために、労働者階級人民が団結して闘わなければならないことを鮮明にしたと思います。オバマ大統領の「核を拡散させないために核の傘をさし続ける」という核独占のプラハ演説を、核廃絶演説と賛美し宣伝する日本共産党などとの違いをはっきりさせた行動でした。また、8月6日のヒロシマで、核武装を叫ぶ田母神講演会に向かって、田母神許さないの抗議をし続けたことも意義が大きかったと思います。ヒロシマ大行動の中心に青年労働者・学生がいることもよくわかり、刺激的でした。全体として、ヒロシマ・ナガサキを再び繰り返さないためには労働者人民の闘いがいかに重要であるかを浮き彫りにした行動としてかちとられたと思います。
 翌日の7日に、8・6ヒロシマ大行動の企画にあった原爆の「碑めぐり」に私は他数名の方と参加しました。室本さんという大行動実行委員会の方に案内をしていただきました。被爆者の大槻さんの娘さんも参加されていたので、丁寧にお話を聞くことができました。はじめての碑めぐりなので、自分としてはじっくりという感じで考えていたのですが、時間の都合でそうもいかなかったようで、少し早足の碑めぐりになりました。

画像

 爆心地から約1.3km地点の「アオギリ」が、翌年の春になって芽吹き、人々に生きる勇気を与えということからはじまりました。「義勇隊の碑」「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」「嵐の中の母子像」「原爆の子の像」「峠三吉詩碑」など、まわった順序などは正確に覚えていませんが、原爆の恐ろしさや被爆した当時の様子を聞き、悲惨な現実を知ることができました。頭の中で、当時の様子を思い浮かべながら立ち止まり、考え込んだりという感じでした。徴兵された若者は戦場で死ぬことを強制され、さまざまな戦争動員に駆り立てられた女性や子供たちは原爆で一瞬にしてなくなった。亡くなった20万の中には強制連行で戦争に動員された朝鮮人2万人も含まれている。碑には、「安らかに眠ってください」という言葉が刻まれているものもある。原爆が落とされた瞬間亡くなった人々、その後に後遺症で亡くなった人々の慰霊や肉体的、精神的に今も後遺症に苦しむ人々の二度と繰り返してはならないという平和への願いがこめられているといわれる。広島市を訪れる人は年間1千万人を超える。昨年度は、8月が最も多い。昨年が特別だとは思えないので、過去においても基本的にそうであろうと推測できます。
 この「平和への願い」や「慰霊」をなによりも帝国主義戦争政策への怒りに高め、「核と戦争のない社会の建設」に結びつければならない、そうでないと被爆者が「安らかに眠る」ことはできないと思いました。

画像

 碑めぐりが終わってからも、「原爆ドーム」や資料館をみて回りました。資料館の見学は地下1Fから2Fまでの3階なので、じっくり見ているとかなり時間がかかる。夜行バスの時間まで、余裕があると思っていたが、最後は足早に切り上げるということになった。被爆者自身が当時の状況を絵に描いたものが展示されていたり、提供された遺品などもあった。原爆に関する映像や写真、本など資料という意味では、何点あるのかわからないが、数多くある。また、
 被爆者の方が何人かでその時間帯を受け持ち、1時間ほどの語り部をおこなっていた。ちょうど、その時間に遭遇し、参加することができた。その人は、自分の被爆体験を話すことができるまでに、かなりの年月を費やし、悩んだ末決断したといっていた。「腕の皮がはがれ、垂れ下がり腕を前に伸ばしながら、水を求めて逃げ惑ったこと、たどり着いた建物の中は焼けただれ横になっていた人々で埋まり、足の踏み場もないところを踏まぬように進む。その横たわった人が水がほしいと自分の足をつかむ、一方では死体が積み込まれ、一方ではゴミだらけの濁ったタンクの水を飲む人々の姿」など、ほんの一部かもしれない体験談を語る。そこに、自分の身をおき想像してみる。言葉に表すことはむずかしい。資料館には、まだ学校にもいっていない小さな子供たちもきていた。先生らしき人が戦争について説明しているようだった。

画像

 第二次世界大戦の終結し、戦後憲法が制定された。しかし、アメリカをはじめ帝国主義の侵略と戦争は世界いたるところで継続されている。核が使用されていないかというと劣化ウラン弾などはものすごく使用されている。アメリカのイラク・アフガン戦争を肯定するオバマ政権の「核のない世界を」なとど言うことを安易に信じる事ができるだろうか。 ヒロシマ・ナガサキのたたかいを、帝国主義やそれに加担する反動勢力へ、地底からも怒りを呼びさます、国際的な闘いを爆発させていかなければならないと思います。ヒロシマで得た力で、8・6ヒロシマ大行動でも呼びかけられた11月労働者集会の1万人結集に向かって私もがんばっていきます。(東京都 Y・O)