茨城からの報告です。* * * * * * *
 茨城県初の裁判員裁判が目前に迫った11月21日(土)、つくば市内で「やっぱりいらない裁判員制度・茨城県集会」(主催:裁判員制度はいらない!茨城県実行委員会)が開催され、25名が参加しました。講演は「裁判員制度はいらない!大運動」事務局次長の闘う弁護士・川村理さん。開始された裁判員裁判の恐るべき実態を暴きました。講演後の自由討論で、来年の裁判員候補者通知が届いたつくば市内の男性から、「絶対に応じない。拒否の意思表示すら拒否したいぐらいだ!」と激烈な絶対反対の意見が述べられました。

画像


 茨城県第1号の裁判員裁判(強制わいせつ致傷罪)が行われた11月25日(水)は早朝からあいにくの雨。その中を百万人署名運動茨城県連絡会を中心に県内各地から15名が水戸地裁前に大結集しました。21日の集会への初参加者もかけつけてくれました。この日のために大運動本部から拝借した大横断幕を中心に据え、絶対反対の旗を高々と掲げ、力強く雨中のビラまき・マイク宣伝を貫徹しました。

画像

 東京新聞によれば、呼び出し状が届いた候補者68人のうち37人が出席したとのことです(少ない!)。第2号の裁判員裁判(危険運転致死罪)は明けて2月17日の予定。たとえ大雪でも、地裁前で絶対反対の旗を更に高く掲げよう!(茨城県連絡会 K)