5月28日(金)、鳩山政権は「日米両政府は普天間飛行場を早期に移設・返還するため、代替施設をキャンプ・シュワブ辺野古崎地区および隣接する水域に設置する」という共同声明を明らかにした。要するに従来と同じ辺野古新基地建設案である。これまでの沖縄県民の民意を受けとめたらこんな共同声明を出せるはずはない。共同声明の内容を閣議決定する事も許されない。
 「何が友愛だ」「うそ偽りだった」「屈辱の日だ」「もう我慢は限界だ」と、この日沖縄では雨の中、名護市役所前に1200人、那覇市県庁前に1500人が集まり、怒りの抗議集会が開かれた。

名護市役所前
画像

 東京の首相官邸前でも午後6時30分から、抗議集会が行われた(呼びかけ:辺野古への基地建設を許さない実行委員会)。約150人で1時間ほどの抗議行動。参加した人たちは皆、怒りをあらわにしていた。沖縄県民の意志、民意を全く無視した日米共同声明を糾弾し、怒りの発言が続いた。途中、同時間帯に沖縄・那覇市で行われている抗議集会の様子が現地から報告された。
 さらに、首相宛の抗議声明や要請書を持ってきた各団体が、それらを読み上げ、内閣府の榎本という人に渡した。関東一坪代表の上原成信さんが「普天間基地即時撤去・辺野古新基地建設反対」の緊急署名を渡した際、「あなたの役職はなんですか」と聞くと、榎本さんは「守衛です」と答えた。みんな怒った。どうして、内閣府の通用門にいる守衛が受取人になるのか。署名の受け取りは守衛の任務ではないだろう!ここにも内閣府・首相官邸の意識がわかるというものだ。上原さんは「首相に渡るように、きちんと手続きをしてしてください」と念をおした。まったくやることなすこと怒りに堪えない。

首相官邸前
画像

 この日は朝からニュースは普天間基地問題でいっぱいだった。ニュースの度にどんどん事態があからさまになっていく。普天間基地撤去と日米安保同盟は非和解的関係にあることがはっきりしていく。これから辺野古新基地建設の工法などを明らかにしていくと言っているが、沖縄県民が反対し、名護市民が反対している以上、基地建設に着工などできるわけはない。こんな鳩山政権を許さず、沖縄県民とともに、本土で本気で闘っていこう!(事務局T)

●名護市民集会「絶対に認めない」 日米合意、鳩山政権を批判
2010年5月29日 琉球新報
【名護】「辺野古合意」を認めない緊急市民集会(同実行委員会主催)が28日、名護市役所で行われた。雨が降りしきる中、市内外から約1200人(主催者発表)が参加。民意を無視し、普天間飛行場の移設先を辺野古崎地区とした日米合意を強く批判。移設反対や合意撤回を訴える集会アピールが採択された。
 あいさつに立った稲嶺進名護市長は「(日米の)合同発表という日を迎え、私たちの心は怒りの頂点だ。沖縄はまたしても切り捨てられた。発表は地元への説明もなく、市民県民の民意をないがしろにし、地元の頭越しに行われている。許されるものではない」と鳩山政権を強く批判した。
 市内から若者を代表して嘉陽区の酒井満さん、婦人代表で東江区の具志堅千鶴子さん、辺野古区の嘉陽宗義さん、比嘉盛順さん、瀬嵩区の渡具知武清さん家族が決意を表明した。「人殺しにつながる基地は絶対に認められない」などと基地移設の反対を訴えた。

【名護市民集会アピール(全文)】
 本日、発表された新たな日米合意は、民意を無視した合意であり、県外移設を求める名護市民及び県民の意志に沿うものではない。
 名護市や沖縄県の同意なく、強行に日米の合意がされた事実は歴史的に見ても地方自治の侵害であり、民主主義の冒涜(ぼうとく)である。
 国土のわずか0・6%の沖縄に在日米軍専用施設の74%の負担を65年間も強いたうえ、さらに新たな基地を押し付けようとする「辺野古合意」は「沖縄差別」そのものである。
 日米安保条約に沖縄に基地を置くという条文はない。
 沖縄の米軍基地が、わが国の安全保障のうえで、あるいはアジア及び世界の平和の維持のために不可欠であるというのであれば、基地の負担は日本国民が等しく引き受けるべきものである。
 したがって、私たち名護市民は真の地域自治、国民主権、民主主義を取り戻すため、この「辺野古合意」を断じて認めることはできない。
 私たち名護市民は、名護市に新たな基地はいらない。
 私たち名護市民は、名護市辺野古への移設に断固反対する。
 私たち名護市民は、「辺野古合意」の撤回を強く求める。

 2010年5月28日
 「辺野古合意」を認めない緊急市民集会実行委員会