8月15日の午後、もう一つの8・15集会に参加しました。こちらは「8・15労働者・市民のつどい―国益と拝外に憲法は屈するのか―」で、戦後50年を問う8・15集会から毎年8月15日に行われているそうですから、16回目になるのでしょうか。今年は牛込箪笥区民ホールで行われ、テーマは「朝鮮戦争反対!改憲阻止!菅政権打倒!民権2010」、560人の参加でした。
 基調報告に立った弁護士の森川文人さんは、開口一番「米韓軍事演習が始まりました。」と、韓国哨戒艦爆破事件を北朝鮮がやったと決めつけて強行された戦後最大の軍事演習について触れ、そこに日本からも自衛官が4人オブザーバー参加したことを指摘して、菅首相が韓国併合100年で出した談話で謝罪したというが、この米韓日の戦争訓練をごまかすものだと弾劾しました。
 そして、この8月の情勢について「100年に一度の経済危機、大恐慌はますます深化し激化している。」と指摘、「このような大恐慌情勢は帝国主義間の分裂化、ブロック化に向かい、世界戦争に向かうことは歴史的に見ても明らかなことだ。」と述べました。
 「官政権打倒!」については、菅政権は「大資本と労働貴族の代表として登場」と看破。中曽根元首相が言った「戦後政治の総決算」と菅首相の言う「戦後行政の大掃除」はそっくりであり、日米合意で沖縄を基地の島として固定化し、非核三原則、武器輸出禁止三原則の見直し、集団的自衛権を認めろと、改憲にまっしぐらであること。また、「大掃除」とは労働者の首切り、外注化、組合つぶしであり、菅政権は「民衆の代表ではない」ときっぱり。「民権2010」については、「労働者民衆による政治、社会運営を行おうということ、労働者民衆が天下をとろうということです。」と、これもきっぱり。
 また、新自由主義・司法改革の中で生み出された弁護士の貧困化の現実にも触れ、日本と世界の労働者や学生と連帯して闘っていこう、動労千葉らが呼びかける11月労働者集会、国際連帯集会の中に展望あり、1万人集会を実現しようと訴えました。

画像

 国際連帯としては、韓国の民主労総とドイツの学生が参加。民主労総ソウル地域本部副本部長のペ・ギナムさんは、同時刻に韓国でも「哨戒艦天安真相究明と韓半島の平和実現に向けた光復65年労働者自主統一決意大会と汎国民大会」が開かれていると紹介し、「イミョンバク政権発足以降、韓半島での最大の戦争危機状況に立ち至っています。」と述べました。そして「帝国主義の戦争行為に対し、韓半島の平和実現と、ひいては東北アジアの平和実現に向けて、韓国と日本の労働者民衆が固く連帯して闘ってゆきましょう。」と呼びかけ、11月ソウルでのG20首脳会議に立ち向かう労働者国際連帯集会に動労千葉を招待したいと要請しました。

画像

 これに応えて、動労千葉の田中康広委員長が登壇。田中さんは、戦後の労働運動は戦争反対を闘ってきたのに朝鮮戦争の時に解体されてしまったこと、その後、日米安保同盟が重要なんだということに反論できない労働運動に変わってしまったことを指摘し、「戦争反対を闘う労働運動に作り替えよう、労働者の誇りと団結を取り戻そう。11月8日労働者集会に結集して闘い、韓国の集会にも結集したい。」と述べました。

画像

 その他にもたくさん発言がありましたが、割愛を。西川重則さんも駆けつけ、改憲の動きについて警鐘乱打しました。松元ヒロさんの「NO WE 菅(CAN)」も熱演でした。長い集会でしたが、いま、私たちの身近にただならぬ戦争の危機があることをひしひしと感じました。でも、学生や労働者の発言は力強く、具体的な国際連帯の闘いの報告はとても元気の出るものでした。(S)
 最後に、団結、ガンパロウ!

画像