沖縄中部の米軍嘉手納基地で、有事を想定した米軍の即応訓練が10月25日から始まりました。5日間実施される予定とのことです。この訓練は、GBSという地上爆発模擬装置を爆発させたり発煙筒を使ったりするもので、イラクなどで行っている「対テロ戦争」のための訓練です。
 2005年8月の訓練では、ものすごい爆音と白煙が辺り一面にもたらされ、周辺住民を恐怖に陥れました。体調不良や耳鳴りなどを訴える人々が続出、住民らの怒りの抗議行動や、嘉手納町議会などから今後の訓練中止の申し入れが行われました。しかし、嘉手納基地側は「米空軍が有事を想定し平和と安定のための支援活動を迅速に行うため通常行っている訓練。基地ではこのような訓練を1年を通して行っている」と居直り、その後もこの即応訓練をくり返しています。
10月26日付琉球新報
画像

 嘉手納基地では現在、滑走路の改修工事も行われていて、周辺住民は日常的にもその騒音で苦しめられています。
10月19日付琉球新報
画像


 三沢基地からF16の飛来も
9月28日付琉球新報
画像


 戦場と直結している在日米軍基地。その米軍基地の約75%が沖縄に集中しています。今こそ沖縄県民の基地への怒りと一体となって、基地撤去・安保をなくせ!の声を全国で強めましょう。(S)

 ぜひ、職場・学園・地域で「沖縄米軍基地と9条改憲に反対する署名」(一、普天間基地の即時撤去を求める。一切の移設案に反対。辺野古に新たな基地を造るな。日米安保体制をなくせ。一、戦争のための憲法9条改悪に反対。1項も2項も変えるな。改憲のための憲法審査会の設置に反対する。)の取り組みを!

画像

▲署名用紙のダウンロードはこちら→
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/kenpo-ver3.htm