7月23日、新潟市内で反原発学習会を開催し、40名近くの参加で議論がとても活発でした。
 今回の特徴は、とにかく初参加の人が多かった事です。チラシを街頭でまいたり、6.11アクションで知り合った人に声をかけたりしましたが、うれしいことでした。研究者を目指して今年大学院に進学した学生、半月前に街宣で知り合った青年、生後10ヶ月のあかちゃんを抱いた若夫婦等、若い人々の姿が印象的でした。顔ぶれも様々で、子供の不登校問題で地域で活動している女性や、沖縄の基地問題で活動しているグループの人も参加しました。
 3・11情勢は広範な人々の闘いへの決起を生み出しており、百万人署名はその闘いの中軸を担う勢力になりうる、それを実感させるような学習会でした。

画像

 学習会は、「8.6ヒロシマアピール」を読んだ後、新潟百万の事務局長・片桐さんの問題提起、それを受けての討論という形でおこなわれました。
 討論はおおいに盛り上がりました。原発事故の被災者に対する補償に関しての東電への怒りの発言、マスコミ関係の方の報道の有り方への批判、さらに「男性は仕事のしがらみが有るから決起しにくい、まずは女性が立ち上がるべきだ、お母ちゃんが決起すればお父ちゃんもついてくる。」という頼もしい発言等、全員参加の楽しいものでした。

画像

 最後に、8・6ヒロシマ大行動に全力で取り組もう、9・11全国一斉行動の成功のために参加者全員で協力する、そのステップとして8月後半に次回の学習会を実施すること等を全員で確認しました。次回の学習会では会場から提起の有った「放射線量の測定とその発表の有り方の問題」、「資源・エネルギー問題としてのウラン独占体制の問題」、「地球温暖化論について」の3点を討論の課題に加えることも決められました。
 新潟の百万人署名は福島・宮城の皆さんの奮闘に応え、新潟の反戦・反核・反原発のけん引車になるべく頑張りたいと思います。(新潟県推進委員会 大野)