12月28日、正午前から、東電前で抗議の集会が始まった。福島の女たちは次々とマイクを持って、東電に向かって怒りの発言をした。

画像

東電には「訪問」するアポをとっていたので当然、当事者たちの怒りの要求、抗議声明を受け取るものと福島の女たちは考えていて、東電に向かった。ところが東電側は、建物の中に入れることも敷地内に入れることもせず、原子力損害センターの者が歩道で対応し、要請文を受け取る態度すら見せなかった。

画像

福島の女たちはこの理不尽に抗議し続け、やっと、2人ずつが敷地内に入ることができた。10団体から出された抗議文、要請文を読み上げた。東電の社員は「2人ずつがいやだったら受け取りませんよ」などと、東電の本質丸出しの尊大な態度を示した。福島の人たちの「人生、生活、環境をめちゃめちゃにした」のはどこの会社だ!

画像

その間、支援者たちは向かい側でシュプレヒコールをあげ抗議し続けた。山本太郎さんも駆けつけ抗議の声をあげていた。

画像

画像

すてきな手作りのアピール幕を持って

画像

画像

画像


その後、経産省前テントひろばで総括集会が行われた。福島の現在が次々と話された。どれも切実な内容だった。
・「東電は福島県民のおかれている状況を知っているのでしょうか!人間がつくった人類最大の悲劇を許さない。原発がなくなるまで強く強く闘っていきます。」
・郡山市が「広域保育の要請を拒否している問題」
(http://besobernow-yuima.blogspot.com/2011/12/1215.html参照)
・ふくしま集団疎開裁判(許し難いことに却下!)のこと(http://fukusima-sokai.blogspot.com/)

画像

・市民に除染をさせない署名の提出。除染は専門家にやってもらう要求。
・給食は「地産地消」をとるべきではない。子どもたちには福島の食材を使わないでの要求。「安全・安心・アクションin郡山」(http://aaa3a.jp/)
・「福島から他県に避難してきた。自分の選択に間違いはないと思っている。福島から避難したいと考えている人を支援していきたい。子どもの命を守りたいということを国はわかってくれない。日本がこういう国だったことを知って本当にがっかりしている。東電に電気料金を支払うのもいやだ。料金値上げなんてとんでもない。」「福島 避難母子の会イン関東」(http://hinanboshi.blog.fc2.com/)
・石川県に避難したAさんたちが出した「北陸電力への感謝状」の紹介。
「北陸電力株式会社 取締役社長 久和 進 様
3月以降、原発を二基とも止めておいてくださり、感謝申し上げます。夏も冬も「原発がなくても大丈夫」ということがわかり本当によかったです。年末年始も原発が止まっているので安心して新年を迎えることができます。どうぞ来年もこのまま止めておき、安心、安全をお届けくださいますようお願いします。
では、どうぞよいお年を!!
2011年12月28日 原発いらない石川県民 原発いらない富山県民」
Aさんたちは12/28に女たち行動に合わせて石川県でも行動。広島でも連帯した行動が闘われていることが紹介される。

画像

・いわき市では子どもたちにマスクをさせない指導が行われていることへの抗議。いわきは花粉症の花粉量はものすごく多いのに。マスクをつけるのは当たり前という要求を行政にしている。「測ってみっぺ いわき マスクアクション」(http://maeveherb.jugem.jp/?eid=1)
・子どもたちは心の中で泣いている。子どもたちを助けて。9歳の息子の手紙を読んだNさん。「僕は原発の影響を受けて大変です。」
・有機農業をやってきたKさん「安全食料を届けられなくなって悔しい。除染だと言って水を流したり土をはいだりしているのにあきれる。やめてほしい。原爆をうけ、原発から60年もたってこの程度しかできないのに54基も作った。怒りでいっぱいだ。」
・「自分の子どもたちを安全に育てたいと思って有機農業をやってきた。もとにもどらないと悲しかったが、力が湧いてきた。いま動かないともっとひどい状況になる。世界に対してこれだけの力をもっていることを示していこう。」
・神田かおりさん(講談師、福島県いわき市出身)「料金値上げなんて盗人以外のなにものでもない。チェルノブイリの経験からも、子どもたちを集団疎開させよう。一時的でもいいから保養させよう。」

画像

・「民間借り上げ住宅に避難した人の家賃補助を打ち切るという福島県の方針に対して県庁前座り込みをしたが、もっと強い行動をと考えている。」
・2012年3・11大集会への結集の呼びかけ 「郡山での3.11大集会の準備会が発足しました。皆さんぜひ集まって下さい。」
・最後に武藤類子さんから
「今日わたくしたちがかぶっている帽子はアメリカの「オキュパイ・バークレー」から送られてきたものです。このあと、銀座4丁目交差点で街頭宣伝を行って、そこから福島に戻ります。「会津磐梯山」のうたと踊りの原型には、農民たちが何度も弾圧をくぐり抜けて続けたきた歴史が込められています。みなさんと「会津磐梯山」を歌って今日の子行動を終わりましょう。」

みんなで「会津磐梯山」のうたを大合唱
画像