私たちは、野田政権による「大間原発建設工事再開」「核燃サイクル継続」「オスプレイ沖縄配備&全国訓練」に全力で対決する連続闘争を打ち抜きました。
まず、10月19日、八戸で、「基地も原発もいらない!青森・三八労働者集会」を持ちました。仕事帰りの単組動員労働者を軸に105人が結集。福島から福島診療所建設委員会の渡辺馨さん、沖縄から元基地労働者の水島満久さん、また被曝労働と闘う動労水戸の石井真一委員長からの訴えを聞きました。

「除染、医療特区、避難地域の実験場と化し、子どもたちがモルモットにされている福島で、現状を打破しすべてを取り戻す労働者民衆のより所として診療所建設を実現しよう!」(渡辺さん)

「基地と原発は必ず雇用問題にぶつかる。労働者として解雇は絶対許さないし、人間として基地と原発はいらない。米軍基地の責任は政府にあるという立場を貫くことで基地労働者は団結し生きていける。70年代、労組崩壊の危機を『労働者は死んではならない、死すべきは基地だ!』という青年の闘いが突き破った。米軍再編・解雇情勢、非正規労働者の島に70年闘争の歴史が甦り、基地労働者&青年がオスプレイ反対島ぐるみ決起の軸になっている。沖縄と連帯して基地も原発もなくすため闘おう!」(水島さん)。

画像

「JCO事故で組合員も被曝した。茨城には東海村第1、第2原発がある。国の放射能安全キャンペーンを先頭で担い、労働者住民に被曝を強制するJR会社に対し、被曝労働絶対反対!でストライキを闘う動労水戸の闘いは、原発・核の廃絶こそ労働組合の立場であることを突き出した」(石井さん)。

さらに発言が続いた。「基地と貧困と核施設、核製造工場が強制されている青森は、反戦反核反貧困の闘いの最前線だ」(中道県連絡会代表)。「労働者は、この国家権力との闘いの最前線に立つ存在です」(岩田NAZEN青森共同代表)等。そして多くの人が、「(東京での)11・4労働者集会に共に参加しよう。」と呼びかけました。

私たちは、この10・19集会で打ち固めた決意を胸に、8・6-8・9反戦反核実行委やス労自主の仲間とともに、翌20日に六ヶ所再処理工場門前抗議・村内デモ、21日に大間現地デモをやり抜きました。
六ヶ所村内デモは、みらいアクション青森の主催で、70名が結集。多くの住民がじっとデモを見つめていました。

画像

大間現地デモは、大間原発反対現地集会実行委主催で80名の結集でした。町民の方も数名参加。解散地点まで見に来たお婆さんや、「賛成!賛成!」とデモ隊に叫ぶ女性がいたり、工事再開情勢への怒りの反撃が重要だと肌で感じました。大間原発建設所に建設中止を求める申し入れも行いました。

画像

この行程の途中、沖縄の水島さんとともに、米軍三沢基地門前でオスプレイ沖縄配備と全国運用の撤回を求めてアピールをしました。(青森県連絡会 H)