3/14(木)午前中、実質今年第一回目の衆院憲法審査会が開かれました。
衆院の審査会では、すでに昨年の第180回国会において日本国憲法の各章について1章ずつ審議するプロセスに入っていて、第4章までの議論が行われていましたが、昨年12月の解散総選挙を経て大幅にメンバーが入れ替わったためか、あらためて第1章から審議を再開することとされたようです。
西川事務局長も朝からスタンバイです。

画像


今回は、第1章、第2章についてそれぞれ約1時間30分の時間を割いて、衆議院法制局の担当者から憲法調査会時及び昨年の審査会での議論の概要についての説明を受けた後、自由討議が行われました。

衆院の審査会についてまず指摘しなければならないのは、改憲勢力が圧倒的な多数を占めるようになったことです。定数50名のうち自民党31名、日本維新の会6名、みんなの党2名と、積極的な改憲派が39名、8割近くに上ることになりました。10名の幹事を見ても、新たに会長となった保利耕輔氏(昨年4月27日に公表された改憲草案をまとめた「自民党憲法改正推進本部」の本部長!)を含め7名が自民党で、維新も1名を送り込んでいますから、今後、審査会の運営が改憲勢力の主導で進められることは目に見えています。
これに対して、総選挙で惨敗した社民党が委員の割り当てを失ったため(沖縄県選出の照屋寛徳氏の発言の機会がなくなってしまったことは、とても残念に思います)、明確な改憲反対派は共産党の1名だけになってしまいました。

案の定、自民、維新、みんなの3会派は、第1章では天皇が元首であることを明記すべきであるとし(自民とみんなは国旗、国歌についても憲法に規定すべきだと述べました)、第2章に関しても言い回しに違いはあるものの9条改憲の必要性を主張しました。
一方、第1章については他の4会派(民主、公明、共産、生活)は天皇元首化の必要性を否定し、第2章=第9条については公明党と共産党が改憲反対の立場を明確に表明しました。

この日は、天皇制がテーマであっただけに、改憲派の委員から「とんでも論」が連発されました。そのいくつかを紹介すると、天皇の国事行為には内閣の「助言と承認」が必要(第3条)というのは天皇に対して失礼(!)なので「進言」とすべきだ(自民党、船田元氏)、欧州の王室と違ってY染色体(!)を守り続けてきたことが日本の天皇制の世界一(!)の特徴であり、これを大切にしていかなければいけない(同、西川京子氏)、男系による継承は2600年以上(!、この人物は神話と歴史の区別もできないのでしょうか)続いてきた諸外国には見られない圧倒的に美しい(!)歴史である(同、高鳥修一氏)等々。
また、伊東信久氏(維新)は「象徴」という言葉と英語のhead、symbolとの関係について、馳浩氏(自民)は「君が代」の格助詞「が」の古典文法上の解釈について容易には理解しがたい議論を展開し、他の委員や傍聴者を煙に巻いていました。また、9条についても、中谷元氏(自民)が世界中どこを探しても軍隊のない国はないという明らかに誤った認識を堂々と開陳していました。

前日の参院審査会に引き続きこの日も傍聴者が多く、立ち見の方もいらっしゃいました。委員の出席者数は、珍しく40名を超えることもありましたが、30名そこそこの時間もありました。見かねた保利耕輔氏が空席が目立つので各党にご協力をお願いしますと述べる一幕もありましたが、欠席者のほとんどは自民党の委員で、ひどいときには31人中半数以下となっていました。審議に参加しないで改憲を唱えるという彼らの悪癖は、絶対的な多数を得ても変わらないようです。

次回は参院4月3日、衆院3月21日
次回の審査会は、参院では4月3日(水)13時から引き続き「二院制」についての審議が、衆院では3月21日(木)9時から憲法第3章、第4章についての審議が行われる予定になっています。
特に衆院審査会は急ピッチで、改憲勢力としては今国会の会期中に全11章と前文についての審議を完了した形にしてしまいたいのかもしれません。こうした動きに対抗するためにも、お時間のある方は是非私たち百万人署名運動の傍聴行動にご参加ください。(G)

●次回の衆議院・憲法審査会(第三回)予定

 とき:3月21日(木)午前9時開始
 ところ:国会内衆議院・委員会室
 内容: 日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制に関する件
(日本国憲法の各条章のうち、第三章及び第四章の論点)
 *傍聴希望者は、前日までに百万人署名運動事務局までご連絡ください。(T/F03-5211-5415)

●審議状況は衆議院インターネットテレビで見ることができます。
→http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=42504&media_type=fp

●衆院憲法審査会委員一覧表
→http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kenpou.htm
で左側の「委員名簿」をクリックする。