3月24日(日)、成田空港のすぐ隣の畑で、三里塚芝山連合空港反対同盟が主催する全国集会が開催されました。全国から1370人が参加し、国と空港会社による暴力的な第3誘導路建設を弾劾し、市東さんの農地を守ろう!と誓い合いました。

画像

1966年7月4日の閣議(佐藤栄作内閣)で、新空港建設計画が成田市三里塚に突如内定、翌8月に三里塚芝山連合空港反対同盟が結成され、家族ぐるみの闘いが始まった。暴力的な農地取り上げの「強制代執行」との体を張った激しい闘いが続いた。78年暫定開港、86年二期工事着工。闘いは続く。そして89年、土地収用法の事業認定がついに失効。事業認定に基づく「強制代執行」はもうできなくなった。しかし国は「成田治安法」による団結小屋破壊を繰り返した。さらに、農地法悪用による農地取り上げを策動している。
この卑劣な攻撃に対して、親子3代天神峰で100年近く農業を営んできた市東家の市東孝雄さんは、仁王立ちになって「こんなことは許さない!」と闘っています。

画像

市東さんは集会で「第3誘導路が使用開始されたが、10数回しか通っていない。200億円かけてつくった第2誘導路はもう使っていない。空港をつくるためなら何をしてもよいというのは許されない!」と抗議し、「耕すものに権利あり!」と農地法裁判勝利をもぎりとる決意を述べました。

反対同盟から事務局次長の萩原進さんが力強く基調の提起。成田空港会社の卑劣な農地取り上げ攻撃を弾劾し、三里塚農民はいま沖縄・福島の怒りと共に安倍政権との闘いの先頭に立つと宣言。農漁民・労働者・市民が団結して共同闘争をつくろうと呼びかけました。

画像

集会では新基地建設反対を闘う沖縄から、3.11被曝と闘う福島から、動労千葉など闘う労働組合、学生、市民運動など多くの共闘団体の発言がありました。弁護団の闘う弁護士も一人一人決意表明。
三里塚農民の闘いに連帯して闘う全国の農民たちも登壇(写真下)、TPP絶対反対を訴えました。

画像


集会後、東峰地区を通り市東さんの畑までデモ行進しました。
すぐ近くをジェット機が行きかっていて、まるで、飛行場の中を歩いているようでした。

画像

画像

トンネルの上はもう誘導路です。

画像

画像

画像

市東さんの家の前です。手を振っているのが反対同盟の鈴木加代子さんです。

画像

右側が完成した第3誘導路。

画像

市東さんの畑で、団結ガンバロウ!

画像


続いて3月27日(水)、千葉地裁で農地法裁判の最終弁論がありました。開廷に先立って、集会とデモ、そして千葉地裁包囲が闘われました。
デモの先頭に立つ北原鉱治事務局長と市東孝雄さん。

画像

千葉地裁前で、動労千葉ら。

画像



市東孝雄さんと反対同盟を訪ねよう!
「国策」や「資本」に抗う人々にかけられてくる国家暴力、分断攻撃。47年間の三里塚反対同盟の「空港絶対反対・一切の話し合い拒否、農地死守、実力闘争」の闘いの原則は、いま新自由主義の攻撃と闘う人々の指針ではないでしょうか。まだ三里塚に行ったことのない方はぜひ一度、攻防の最先端に立ち続ける三里塚現地を訪ねてください。

(市東さん宅への行き方)
京成成田駅東口、ローソン前のコミュニティバス・バス停(下図④のあたり)よりバスに乗る。ただし、一日3本しかない(8:49発、11:44発、14:23発)。
画像


「天神峰」バス停下車。
下図で、Aは市東さん宅、Bは市東さんの作業場と畑、Cも市東さんの畑。

画像


       A市東さん宅

画像

       B作業場と畑

画像

       C市東さんの畑

画像






















「天神峰」バス停下車。