政府中枢・霞ヶ関のド真ん中、経産省に突き刺さるように「脱原発テント」が立ち続けて、9月11日で丸2年が経ちました。寒い冬も、酷暑の夏もしのいで、フクシマとつながり、政府・東電の責任を追及し、再稼働阻止・原発廃炉を求めて立ち続けています。

画像

午後3時から、3年目への突入宣言の経産省前での座り込み、抗議集会が行われました。

画像

画像

画像


福島の女たちも駆けつけました。

画像

郡山市から駆けつけた黒田節子さんは、「福島の事態を国はますます無きものにしようとしている。たくさんの怒りをどうやって持ち続け、どうやって表現していったらいいか、いつも考えている。世界のフクシマにして、この困難な事態を乗り越えていきましょう」と訴えました。

画像


福島市から駆けつけた椎名千恵子さんは、「訴えられるべきは国、国を訴えていこう。国と闘うため、たたかいを分断させてはならない。たたかいをつなげましょう。福島を守るためにみんなの力が必要です」と訴えました。

画像


佐々木慶子さんも、安倍首相のオリンピック招致演説での“汚染水は湾内に完全にブロックされている”発言に、「安倍は大嘘つき、大ペテン師だ」と弾劾、仮設住宅からきちんとした住宅へ、汚染水問題もしっかり沈静化してもらいたい」と訴えました。

みんなの力強い「かんしょ踊り」で、3年目をスタートです。

画像


いったん休憩。
日々テントを守り続けてきた女性たちが手作りの料理を振る舞ってくれました。感謝です。
冷たいソーメンがおいしく、ほくほくのサツマイモは最高でした。カレーライスもありました。

画像

画像

画像


ひと休みしたあと、再度、経産省前で集会、そして、ヒューマンチェーンで経産省を包囲。

画像


テントを代表して、淵上太郎さんがアピール。
「事故が起きた当日に東電の社員が2人死んでいる。いわゆる関連死、無念の死はたくさんある。それを、死んだ人はいないと言った。まともな政治ではない。」「安倍首相は嘘をついたが、茂木経産大臣は汚染水が外洋に漏れていることを知っているはず。訂正を全世界に発信しろという申し入れる。」「政府が原発をやらないと言わない限り、テントは撤去しない!」

画像


再稼働阻止全国ネットワークに参加する北海道・泊原発、福井県・大飯原発、高浜原発、愛媛県・伊方原発、鹿児島県・川内原発反対を闘っている代表も遠方から参加し、アピールしました。

画像


東京で共に闘ってきた「たんぽぽ舎」の柳田さん、「首都圏反原発連合」のミサオ・レッドウルフさんも連帯のアピール。

画像


集会の最後に全体で経産省に向かって抗議のシュプレヒコール。

画像


そのあと、経産省をグルリと包囲、ヒューマンチェーンがつながりました!

画像


さらに多くの人々とつながり、再稼働阻止へ!テント撤去攻撃をはね返しましょう。(S)