9月15日、代々木公園ケヤキ並木で、動労千葉鉄建公団控訴の判決を目前に総決起集会が開催された。「国鉄1047名解雇撤回!東京高裁は解雇撤回しJR復帰判決を出せ!新たな外注化と強制出向を許すな!非正規職撤廃!」の集会は、台風18号の雨・風が心配されたが、1100名の仲間が続々結集するころには奇跡的に好天に変わり、熱き集会と渋谷を席巻するデモで勝ち取られた。

画像

渋谷駅周辺を元気よくデモ

画像

主催者あいさつで動労千葉の田中委員長は、今日の集会の目的は9月25日に予定されている1047名解雇撤回裁判に勝利することだと言い、この裁判闘争で「国鉄とJRは別法人」というペテンを暴き出したこと、JRに不当解雇の責任があることを明らかにしたことの意義の大きさを確認。東京地裁判決を出した白石裁判長が突然更迭され、高裁の難波裁判長は証人調べをすべて却下して結審を強行してきたが、これは追い詰められたJR・裁判所のあがき、絶対に許さず闘い抜くと強い決意を述べた。
さらに、今年の「連合」の各労組大会では腐敗した幹部の労組支配の崩壊がはじまっている、私たちは「力」ある労働運動として登場していると訴え、闘う労働運動をよみがえらせる勢力として、11月3日に全国から日比谷に集まろうと呼びかけた。

画像

続いて、国鉄闘争全国運動の呼びかけ人・伊藤晃さんをはじめ、国鉄争議団、弁護団、外注化と闘う労組など多くのアッピールがなされた。百万人署名運動事務局長の西川重則さんも連帯あいさつにかけつけた。西川さんは、安倍政権は「戦争のできる国づくり」のため憲法改悪に突進している。秋の臨時国会では、集団的自衛権の容認や秘密保護法の提出などが狙われている。国会での攻防は非常に厳しいが、こうした戦争への道を阻む力は民衆のたたかいの中にこそあると強調された。

画像

私たち百万人署名運動・栃木県連絡会でも、この間、「解雇撤回・JR復帰」の10万筆署名運動を宇都宮駅中心に展開してきました。青年からは、OBになっても頑張っているなんてすごい、今のJRはおかしい、解雇は許せない等反応は上々でした。また、JRの労働者も署名に応じてきていて、少しずつ時代は変わってきているなと感じています。(栃木県連絡会・渡辺)