官邸前金曜日行動を主催している「首都圏反原発連合(反原連)」が呼びかけて、22日(日)、「再稼働反対☆国会大包囲」が行われました。午後1時~2時まで日比谷野音での集会、その後、移動して国会大包囲。さらに、官邸前と国会前で5時まで抗議行動が続けられ、のべ1万5000人が参加しました。

日比谷野音での集会で主催者挨拶に立ったミサオ・レッドウルフさんは、安倍政権は原発を「重要なベース電源」と位置づけるエネルギー基本計画を年明けにも閣議決定して前政権の「2030年代原発ゼロ」方針を撤回しようとしている。断固反対の大きなNO!を突きつけよう!と呼びかけました。

画像

画像

女優の木内みどりさんも、反原発行動に立ってきた自らを振り返りながら、「無関心こそが一番怖い。本当のことを知ったら、自分なりに努力しなければいけないと思う」と発言。

画像

「さようなら原発1000万人アクション」呼びかけ人の鎌田慧さんも発言に立ち、「安倍は“愛国”と言うが、“亡国”でしかない。政府は原子力基本法に『我が国の安全保障に資する』という文言を追加した。原発問題は軍事問題としており秘密の対象となる」「秘密保護法に絶対従わない。今の政府を認めない。決して諦めず、さらに運動を大きくして1日も早く原発をなくそう」と訴えました。

画像


集会後は、歩道をデモするように移動して国会へ。経産省前テントも賑わっていました。

画像

画像


議員会館前でも集会が始まり、全体国会包囲へ。

画像

画像

画像

百万は議員会館前に並びました。

画像


岩手からも参加していました。
画像

画像


全体の様子は、レイバーネットhttp://www.labornetjp.org/news/2013/1222shasin を参照ください。