2月2日(月)午後、3月の卒業式を前にして、都教委包囲・首都圏ネットが主催する恒例の「『日の丸・君が代』強制反対!教育の国家支配と闘おう!2.2総決起集会」が、東京しごとセンター(飯田橋)で開かれました。集会には130名が集まり、内容の濃い、意義ある集会でした。

画像

まず、永井栄俊さん(元都立高校教員・被処分者)が「都教委『改革』における新たな段階(教育改革の流れと問題点)」という演題で基調提起。今、都立高校で行われている教育は、都教委が生徒をターゲットとして教育内容へ介入、生徒を改造して、「戦争する国家」とその担い手をつくる教育に向かっていることを言われました。

画像

永井さんは具体的に、「宿泊防災訓練と自衛隊の連携問題」、「生徒指導統一基準(規律規範・道徳の徹底→生徒処分の厳罰主義)」、「学力スタンダードの導入(生徒の学力テストによる学校の評価)による差別化・分断化」、「教科書の統制(学習指導要領の改定・戦争の肯定)」などをあげました。
そしてそのことは、教員の支配・管理の徹底として行われていること、物言わぬ教員づくり、超過勤務、働く権利のはく奪として行われていることも指摘し、まさに「ブラック企業化する都教委」だと断罪しました。

次に埼玉大学准教授の高橋哲さんが「憲法『改正』と安倍政権の教育改革の流れ」という演題で講演しました。

画像

高橋さんは、安倍のめざす教育改革、教育再生実行会議は新自由主義にもとづく教育改革として、国民支配の国家体制=統治機構の改革と、国民支配の教育(国民の権利としての教育→国家の道具としての教育)の側面から進行していることを、レジュメと自民党の『日本国憲法改正草案』(この日「資料」として配られた)の条文にもとづいて丁寧に述べました。

教育現場からの報告では、①「日の丸・君が代」処分の徹底・強化を、田中聡史さん(特別支援学校教員・被処分者)と伏見忠さん(都立高校教員・被処分者)と福嶋常光さん(元都立高校教員・被処分者)が、②業績評価で教員管理をする職場の日常を、大嶽昇一さん(元小学校教員・業績評価裁判で勝利)が話しました。

画像

さらに、大阪・橋下によって「君が代」不起立処分をされた「『君が代』強制反対・大阪ネット」の4人の教員が大阪から参加し、闘いを報告。2011年に橋下知事のもとで出された「君が代」強制条例から始まり、橋下大阪市長、松井大阪府知事によって次々と出される攻撃は、安倍教育改革の先鞭をなすものであると指摘し、大阪は今「口もとチェック」と闘っている最中にあるが、運動をつくり、闘い続けることが大事だと言われました。

画像


教育現場以外からも闘いの報告がありました。
まず、自衛隊をウオッチして30年になるという坂本さん(練馬区平和委員会・自衛隊をウオッチする市民の会)から、「防災訓練」と称して高校生を「自衛隊体験入営」させた問題、昨年7月の田無工業高校の自衛隊朝霞駐屯地(本部は練馬区にある)宿泊訓練について、詳細な報告がありました。坂本さんは、自衛隊側と学校側のそれぞれの宿泊訓練「内容の報告」を比較して、「宿泊訓練」が、自衛隊員の「行軍訓練」「生活訓練」であったことを指摘しました。
そして、同校が年度内の2月3日から3日間、場所を江東区の運動施設に移して、自衛隊が参加した「防災訓練」をまた行うが、これには見学・取材を申し入れ許可をとったので、また報告したい、許可は私たちの普段・不断の努力によるもので、運動をしていくことです、と言われました。

また「破防法・組対法に反対する共同行動」の安藤さんは、「秘密保護法も共謀罪も盗聴法もいらない」と題してこの間の取り組みを報告。2006年ころ包囲ネットが教育基本法改悪反対で国会前で座り込みをしたとき、自分たちも「共謀罪新設反対」で座り込みをしていて、以来、エールを送り合ってきた。秘密保護法が制定され、共謀罪・盗聴法が制定強化される時代なので、憲法改悪反対でもっと共闘を強めて行こうと訴えました。

最後に、包囲ネット事務局から、10年間継続されてきた「卒業式のチラシ撒き」の提起、決議文採択などがあり、今年も力を合わせてがんばろうと確認しました。(T)