27年前(1987年)の2月16日は、国鉄労働者1047名にJRへの不採用通知が届けられた日です。全く不当な解雇攻撃、労組つぶしの攻撃でした。絶対に許さない!この日から国鉄1047名解雇撤回闘争が始まりました。北海道から九州まで、国労など組合ぐるみ、家族ぐるみの闘いでした。

以来27年、現在もなお国家的不当労働行為を絶対に許さないと闘い続けているのは、動労千葉争議団と和解を拒否した4人の国労闘争団員だけとなりました。けれども、その不屈の闘いが、いま勝利の地平を切り開きつつあります。昨年の9.25動労千葉・鉄建公団訴訟控訴審判決で、裁判所側は一審に引き続いて不当労働行為があったことを認めざるを得なかったのです。

2月16日に行われた労働者集会には655名が参加し、熱気の中、1047名解雇撤回をかちとり、JR外注化を粉砕しようと団結を固めました。

画像


動労千葉の田中委員長は、10万人署名運動で最高裁闘争に勝利することと、現在進行中のJR外注化反対闘争への新しい挑戦をやりぬくことを提起し、「惨憺たる労働者の状況を変えたい。戦争への道をとめるため、ぼくらのこの現実を変えるため、闘いを継続しよう!」と訴えました。

画像


動労千葉の顧問弁護士の鈴木達夫さんが連帯挨拶。労働運動を基礎にして労働者の力でこの社会をひっくり返していこうと呼びかけて闘った都知事選を振り返り、手応えを報告しました。

画像


特別報告では、葉山岳夫弁護士から最高裁闘争勝利に向けて、「暴かれた真実」の詳しいお話しがあり、その中で国鉄改革法23条の違憲性が徹底的に暴露されました。
また、国鉄全国運動呼びかけ人の金元重さん(千葉商科大学教授)からは、昨年末に闘われた韓国鉄道労組の民営化反対ストについて詳しい報告がありました。

画像


さらに、最高裁宛の10万人署名運動の呼びかけ人の下山房雄さん(九州大学名誉教授)や芹澤寿良さん(高知短期大学名誉教授)も登壇して運動の重要性を訴えました。発言を聞き、立派な人たちだなあと感じました。
広島や岡山の動労西日本の労働者もかけつけアピール、新潟の国労組合員からはJR新津車両製作所の外注化反対の闘いの報告がありました。

国鉄分割民営化という違法で暴力的な攻撃、これをはね返すことができなかったというところから、現在の外注化・非正規職拡大の道が本格化したと言われます。けれども、この攻撃と二度にわたる大ストライキで闘い抜き、大量解雇者を組合が守り、組合の団結を守り抜き、その力でその後のJR外注化攻撃と必死に闘い抜いてきた動労千葉が国家犯罪を暴いています。こうした労働組合がもっともっと増えなければ戦争への道をとめることもできないと思います。連帯して闘いましょう。(S)