21日の国会・官邸前金曜行動は北風がすご~く冷たかったです。ところが、ところが、いつもより多いくらいの参加者でした。みんな覚悟の防寒支度です。

画像

官邸すぐ前の先頭の若者たちは、さすがに元気で全体をリードしていました。

画像

群馬から来たという青年労働者は、「1年ぶりに来ました。都知事選の結果がああだったので、どうなっているかと思って」と言っていました。この青年は1年前は福島で働いていたそうで、「関連死の人たちのことが隠されている!」と怒っていました。
新潟の柏崎刈羽原発の再稼働絶対反対の「有志」の手書きのノボリ旗もはためいていました。現地から来られたのでしょうか。

画像


2月中は、デモコールの開始時間は午後6時30分からで、冬時間だそうです。
この日は、外国人の若者たちの姿が目立ちました。この人たちは、インド、韓国、ドイツ、ポーランド、フランスなどの反原発活動家だそうで、国会前でもアピールをしていました。


午後8時に官邸前行動が終了した後、議員会館前に向かいました。
こちらでは、集団的自衛権容認反対の抗議行動が行われていました。

画像

安倍首相が、前日20日の衆議院予算委員会で、「集団的自衛権の行使を認める憲法解釈の変更を閣議決定する」と明言したからです。さらに、自衛隊の「駆けつけ警護」や「邦人救出」などでも武器を使って戦闘ができるようにすることも表明。「(この国の)最高責任者は私だ」と言い、「私が憲法」と言わんばかりのごう慢さ、デタラメさです。
火焔瓶テツさんたちが、直ちに、国会前での抗議行動を呼びかけたと聞けば、駆けつけないわけにはいきません。

画像

ちょっと正確ではありませんが、「安倍晋三、寄るな、触れるな、憲法に」というコールに、なるほどと感心しました。ある人がテツさんに「安倍さんに、もっと憲法を勉強してもらおう」と言ったそうですが、そういうレベル、問題ではない、というわけです。
ツイッターを見てでしょうか、だんだん人が増えてきました。

画像


自衛隊を人殺しの軍隊に変貌させ、日本を戦争をする国にするなど、安倍晋三らの勝手にさせてはなりません。絶対反対!ふざけるな~!、ならぬものはならぬ!安倍倒せー!と、全国津津浦浦から、あらん限りの声を上げるときは、いまです。力を合わせましょう。(S)