アメリカのオバマ大統領が来日し、安倍政権があげて戦争政治をうっているころ、私たちはこれに抗議し、御茶ノ水駅前で「集団的自衛権反対!」の街宣に出ました。
5人で、「集団自衛権に反対する4.27集会」のチラシをまいて参加を呼びかけ、集団的自衛権反対の署名を訴えました。
真新しいノボリ旗を掲げるとすぐ、カンパ箱に500円を入れてくれる人がいて、やはり、「反対!」と目に見える形で声をあげることの大事さを感じました。

画像

日米首脳会談では、TPPの対立を含みながら、北朝鮮問題、尖閣問題などをめぐって軍事協力の合意がなされ、安倍政権は「集団的自衛権行使容認」へ突き進もうとしています。でもその実態は、世界経済の完全な行き詰まりの中で、アメリカの支配者も日本の支配者も何ら余裕がなく、自らの利益を守るため激しい争闘戦を展開しているのだと思います。

画像

「1%」の支配と利益を守るための政治が、日本を大きく戦争国家に変貌させていくのです。集団的自衛権行使はその要、戦争反対!の声をもっともっとあげていきましょう。
4.27集会&デモを一緒にやりましょう!(S)

沖縄・福島の怒りとつながり、憲法改悪と戦争の安倍を倒そう!集団的自衛権に反対する4.27集会

とき◆4月27日(日)午後1時30分集会開始、4時15分デモ出発(JR新橋駅近くまで)
ところ◆星陵会館(国会議員会館うら、地下鉄「永田町」6番出口3分)
アピール◆沖縄、福島からの訴え
国会報告◆西川重則(百万人署名運動事務局長)「戦争政治に突き進む国会」
基調講演◆川添順一(百万人署名運動事務局)「いまなぜ集団的自衛権か?安倍を倒して戦争への道を阻止しよう!」
リレーアピール◆改憲・戦争反対を闘う労働者・学生・市民から
主催◆とめよう戦争への道!百万人署名運動(tel.03-5211-5415)