辺野古新基地建設に向けたボーリング調査のための工事強行の中止を求め、7月28日、東京・市ヶ谷駅近くの防衛省へ、申し入れと抗議行動が闘われました。
辺野古への基地建設を許さない実行委員会の呼びかけで防衛省正門前に約150人が駆けつけました。

午後6時30分からの集会では、辺野古現地から戻ってきたばかりという女性2人から現地の様子が報告され、途中で電話を通じて沖縄平和運動センターの山城 博治さんからの緊迫した報告もありました。
「日の丸」の旗を持った右翼も数人来ていて、すぐ近くで「自衛隊ありがとう」などと言いながら集会を妨害しようと何やら叫んでいましたが、そんなものを圧倒する多くの人々の抗議の声で防衛省に迫りました。

画像

       ( レイバーネットの写真より )

安倍内閣が集団的自衛権行使容認の閣議決定を強行した7月1日、沖縄防衛局は辺野古新基地建設に向けた工事を着工しました。この日、米軍キャンプ・シュワブ内の基地建設予定地内にある既存施設の解体作業を開始したのです。
その後、海域での埋め立て工事に先立ち、7月下旬をメドに海底ボーリング調査を開始するとして、そのための桟橋設置などの工事が強行されています。

現地ではキャンプ・シュワブの第1ゲート前で連日、市民らによる座り込み抗議行動が闘われており、緊迫しています。この日の集会でもカヌー隊の2名が海上保安庁に一時拘束されたことが伝えられました。

発言者の一人が、「今日の辺野古」というヘリ基地反対協のブログに現地攻防の様子が詳しく載っているので見てほしいと言っていました。

全国各地で、職場・学園・地域で安倍政権がいま辺野古で強行している蛮行と、これに対して体を張って抵抗する人々の闘いを知らせ、辺野古新基地の建設を許すな!安倍を倒そう!と行動していきましょう。(G)

次回の防衛省前抗議行動の予定

とき◆8月4日(月)午後6時30分~
ところ◆防衛省正門前(JR「市ヶ谷駅」北方新宿方向へ3分) 
呼びかけ◆辺野古への基地建設を許さない実行委員会(tel.090-3910-4140関東一坪)


「今日の辺野古」ブログ

→http://herikiti.cocolog-nifty.com/


戦争・原発・首切りの安倍をともに倒そう!8.17大集会

とき◆8月17日(日)正午~/ところ◆日比谷公会堂(霞ヶ関、日比谷公園内)/記念講演◆荻野富士夫さん(小樽商科大学教授)「『蟹工船』から見えてくるもの」、韓国・民主労総ソウル地域本部「韓日労働者の連帯で戦争を阻もう」(仮)/コント◆松元ヒロさん「アベこべ政治をひっくり返そう!」/参加費500円/主催◆安倍をともに倒そう!集会実行委員会(tel.03-6768-5027)