被爆69周年の8月6日は、あいにくの雨。その雨の中、朝7時過ぎから広島平和記念公園の原爆ドーム前で「8.6ヒロシマ・アピール集会」が始まった。
元原発労働者の斉藤征二さん、福島から椎名千恵子さん、沖縄から沖縄大学の学生、さらに地元の広島大学の学生や労働者の発言が続き、2014年8.6ヒロシマアピールが読み上げられた。

「7・1閣議決定という、まさしく「ナチスの手口」で憲法9条をなきものにし、他国への武力行使、戦争を宣言した安倍首相。その安倍首相が、8・6平和式典で『過ちは繰返しませぬから』と刻まれた慰霊碑の前に立つ。これほどのヒロシマへの蹂躙はありません」(アピール文から抜粋)

画像


司会の被爆三世の青年が、「8.6ヒロシマに雨が降ったのは1971年以来43年ぶり」と説明。
1971年8月6日、佐藤栄作が、戦後、首相として初めて式典に出席することに対し、被爆二世らを先頭に激しい抗議闘争が闘われた。



8時15分、平和の鐘と共に黙とう。そして、直ちにデモへ。安倍首相のあいさつは8時26分から。この時間、式典会場と川を挟んだ道から、会場の安倍に向け「安倍は帰れ!」「集団的自衛権反対!」とシュプレヒコールを繰り返した。
ふと見ると、小さな子どもを抱いた若いお母さんがデモに入ってきていた。

画像


この日の安倍首相の「あいさつ」を後で知る。冒頭部分の内容が、ほぼ去年のあいさつのコピーであると指摘されている。しかし、その中であえて変えたところが1箇所あった。
それは、下記のところで、「国民」が「国」にすり替えられている。

(去年)
私たち日本人は、唯一の戦争被爆国民であります。
そのような者として、我々には、
確実に、核兵器のない世界を実現していく責務があります。

(今年)
人類史上唯一の戦争被爆国として、
核兵器の惨禍を体験した我が国には、
確実に、核兵器のない世界を実現していく責務があります。

個人の痛み、悲しみ、怒りがかき消され、国家と一体化させようとしている。戦争を始めた国の責任には知らぬ顔なのである。こうしたやり方で、安倍は再び戦争を始めようとしているのだ。何という卑劣漢、絶対に許してはならない。


デモは、この後中国電力へ。中国電力包囲デモのあと、上関原発の建設中止、島根原発を稼働するなと申し入れた。

画像


画像


福島から、希望の牧場の吉沢正己さんも参加。「残り人生、原発をなくすために闘う。力ある闘いのうねりをつくりだそう!こんな社会を変えよう!」と訴えた。

画像


ヒロシマ、フクシマで奪われた命、奪われ続けている命。それはいま形を変えて、全国の職場、地域の中にもあると言える。戦争絶対反対!原発なくせ!解雇撤回!安倍打倒!のデモコールが、ひとつとなって8.6ヒロシマの地で力強く響き渡った。(S)