9月20日の名護市辺野古浜での県民集会に連帯・呼応して、東京でも「辺野古に基地を造らせない!東京から声をあげよう」と同時刻に渋谷・宮下公園で抗議集会&デモがありました。東京沖縄県人会の川平名誉会長や沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック、平和フォーラムらが呼びかけ、約650人が参加。百万人署名運動も駆けつけました。

画像

午後2時30分から始まった集会では、呼びかけ団体からの発言が続き、沖縄の新基地建設阻止のたたかいと集団的自衛権容認の閣議決定撤回のたたかいは一つだと訴えられていました。
また、辺野古へ行ってきた人たちから現地の様子が報告されました。海上保安庁がカヌー隊を暴力的に拘束・排除していることへの抗議が続きました。自ら海保に首を絞められたという青年は、海上保安庁の暴挙を絶対許さない、辺野古に新基地を造らせないために先頭で闘うと力強く決意を述べました。

画像

集会では、辺野古浜集会現場から電話メッセージがあり「7000人くらい参加しているのではないか」と。大集会になっている様子で勇気づけられました。
東京での闘いが問われている。がんばろう!と最後に「団結してガンバロウ!」

画像


沖縄県人会関係の方でしょうか。デモで踊る練習をしていました。

画像


いよいよ、デモに出発です。

画像


画像


土曜日の午後で、渋谷の街は若い人たちでいっぱいで、大注目でした。
「沖縄に基地はいらない!」「辺野古に新基地を造るな!」「埋め立てを中止しろ!」
「ジュゴンと珊瑚を殺すな!」と、訴えながら歩きました。

画像


画像


画像



辺野古浜での9.20県民集会には、8.23県民集会(米軍基地ゲート前)を大きく上回る5500人が集まったとのことでした。百万人署名運動沖縄の会の仲間から写真が届きました。

画像


左側の赤いTシャツを着た人は沖縄の会共同代表の宮城盛光さん。宮城さんはこの9月の北中城村議選でみごと8期目の当選を果たされました。

画像