9月19日(金)と25日(木)、「集団的自衛権に反対する署名」への協力を呼びかける労働組合キャラバンを実施しました。両日とも3名が参加して14か所ずつ、計28か所(都立高校14、都税事務所1、区役所4、清掃関係事業所6、民間企業2、そして組合ではありませんが教会1)を訪問しました。

今回、労働組合の方と直接お話しできたのは14か所でした。都立高校では、例外なく事務室(経営企画室)の職員がていねいに取り次いでくれましたが、面会できたのは6か所に留まりました。文化祭を開催中、準備中の高校が3校あったという事情もありましたが、組織率が低下しているためか、訪問時に手の空いている教員が見つからないケースが目立ちました。

画像


ある高校の校舎の壁面に、大きく『規範意識向上推進モデル校』と表示されていました。いったい何のことかと思ってその学校のホームページを見ると、以下のように書かれていました(ここまで空疎な文章も珍しいと思います)。

今年度○○高校は東京都教育委員会より次の3つの推進校の指定を受けました。
・部活動推進指定校
・オリンピック教育推進校
・規範意識向上推進先行実施校
『チャレンジ○○髙』をメインテーマに「生徒がいきいきと学び、心身逞しく成長して進路実現できる学校」「地域から評価され好感を持たれる学校」を目指して全力で頑張ります。

画像


また、都教委のホームページに掲載されている『都立高改革推進計画・第一次実施計画』(2012年度からの10か年計画)の中に、次のような記述がありました。

都立高校生が社会的に自立するための資質・能力や規範意識を醸成するための統一的な生活指導に関する基準、「生活指導統一基準(都立高校生ルール(仮称))」を作成するとともに、このような基準による指導を行う規範意識向上推進モデル校を指定し、その実践報告をまとめ、全ての都立高校への普及啓発を図ります。

要するに、何事にも従順な人間を育てようということでしょうか。

9月の労働組合キャラバンは今年で8回目で、今回は2か所の民間企業を初めて訪問してみました。今後も活動を続け、地域の労働組合の皆さんとの関係を深めていきたいと思います。(東京北部連絡会 G)