とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

4月21日(土)夜にセシオン杉並の集会室で行われた「原発事故による福島・全国の健康被害」を考える集会に参加した。主催はNAZEN(すべての原発いますぐなくそう!全国会議)東京。お話は「ふくしま共同診療所」の杉井吉彦医師でした。杉井さんは週1回、ふくしま共同診療所に通って診察しているけれど、1回だけど様々な福島の現実がわかると、自己紹介された。
1-DSCF5664
杉井さんは分厚い資料を用意された。いろいろな人が福島原発事故の今日の状態について書かれている、例えば、甲状腺がんの発症、汚染水、除染、胃がんの多発問題、福島の赤ちゃんが危ない等々についての刊行物などが配布された。3-DSCF5674

~杉井さんのお話から~


子どもの甲状腺がんの発症ばかりではなく、いろいろのことが見えてきている。今まで見えてなかったということよりも、われわれはまだ起こっていることについて正確な、科学的な、慎重な考察はできていないのだけれど、7年たった段階で、みんなが黙っていてはいけないと発言し始めたということではないか。

甲状腺がんの発症は原発事故によるということは、ほんの一部の人たち以外にはもう共通認識になっていること。あらゆることは原発事故によるということがはっきりしてきているというのが今の福島であり、お母さんたちはリアルにそのことをつかんでいる。そして、子どもたちの健康障害の現実を本当に心配していると言われた。

だから、もう一度原点に立ち戻って、3.11は何だったのかということを問わなければならない。

3.11はこれまでの近代文明に根本的な疑問を呈したということ、原発は原爆と同じなんだということがわかってきている。世論調査では60%からの人が原発は将来はやめるべきだという。

デブリの処理なんできない。福島県民はそのことをみんな知っていて、かたずをのんで見ている。3年後から廃炉作業を始めるというが、それに対する反対論は根強い。

安全なものは何もないということを知っている。健康被害に関するデータの問題はなにひとつ明らかにしてないし、できないということ。2-DSCF5670

私たちは何をすればいいのか。医療は医療の原則に立ち返ること。医療の原則は予防で、予防とは被ばくさせないこと。避難させること、<避難、保養、医療>なのだということを強調された。

質疑ではいくつかの質問が出た。その中で民医連(全日本民主医療機関連合会)についての質問があった。杉井さんは、野口邦和という人(原水禁共同代表)が『しあわせになるための「福島差別」論』の中で、私たちもよく知っている肥田舜太郎さん(昨年3月にご逝去)の内部被ばく論と福島原発被ばく論に対して、肥田さんが亡くなられた後になって「悪しき経験主義と無知と不勉強」「有害」と罵っていることを紹介され、民医連の人たちは、福島県の渡利病院の医師たちの様に「放射能の危険性を言うから差別が起こる。放射能はそんなに危険じゃない」「福島は安全だ」と煽っていると指摘された。また、彼らは、「ふくしま共同診療所」は「危険を煽る大げさな診療所」だと言っているそうだ。

そして、杉井さんは、「これからも強靭な運動をしていかなければならない。自分自身5年間、ふくしま共同診療所にかかわり、そこで診療して、医者になるということはこういうことなんだと思った」と言われた。

集会に参加して、<福島 フクシマ>の闘いは無限にある。闘って闘って闘っていかなければならないと思った。(賛同人T)



青森からのお便りです。
* * * * * * *

4月12日(木)の夜、「9条改憲発議絶対反対」をかかげて「三八労働者集会」が開かれました。中小の労働組合が春闘中にもかかわらず、南部バス労組などが呼びかけ、平和労組三八地本が後援した集会には、仕事帰りの労働者を中心に75名が参加し、労働者民衆の改憲問題への関心の高さを示しました。

集会のメインは、清末愛砂さん(室蘭工業大学准教授)の講演です。限られた時間の中で、<自衛隊の憲法明記は何が問題か>について話されました。

指摘された問題点の幾つかをあげてみると、
①「自衛の措置」の名でイスラエルのような軍事主義になる、
②「自衛隊の明記」は、憲法上の組織として自衛隊が防衛省より上部に位置づけられる、
③「後法優先の原則」から言って、9条が死文化(平和条項の終焉)し、安全保障条項(積極的軍事主義)になる、
④安保法制下での自衛隊の明記は、自衛隊が武力に依拠する安全保障政策の遂行のため、「自衛」「防衛」「国防」の名で海外派兵をよりいっそう強める、
⑤軍事優先の社会になり、「防衛」の名で軍事研究・武器開発が推進されていく、
等が訴えられました。

明文改憲を通して、「戦争のできる国」づくりが狙われていることがはっきりとわかりました。

安倍自民党によって、自衛隊の憲法明記を軸にした「改憲4項目」が具体的に示されている歴史的な転換点の中で、いま、改憲の中身について一人の例外もなく主体的に考え、行動していく時だと思います。

労働者民衆の怒りが噴出している中で、労働者民衆自身が主人公となった<改憲阻止の大衆運動>をつくり、対抗していきましょう。(青森県連絡会 S)

* * * * * * *

上記の集会が開かれた三八地域は青森県の南部にあたります。
三八地域





森友・加計疑獄でのウソとペテン、無いと言っていたイラク戦争での日報が次々と出てきたり、安倍政権の居直りに、「ふざけるな!」と業を煮やした人々が、4月14日(土)昼過ぎから夜まで、続々と国会正門前に集まり、「安倍はやめろ!」と怒りの声を上げ続けました。02-02-DSC04888
正門前から離れたところでも、アピールの声は聞こえ、それぞれ思い思いのボードを掲げて集会に参加。
01-01-DSC04882
私たち百万人署名運動も、ミサイル避難訓練反対のバナーを広げアピール。ニュースを配ったり署名を呼びかけたり、戦争動員を拒否しようと呼びかけました。
03-03-DSC04891
04-04-DSC04892
福島・浪江から、希望の牧場の吉沢さんもかけつけ、国会の周りをまわってアピールしていました。
05-05-DSC04895

第一部の集会が終わって、帰り始める人々とこれから正門前へ向かう人々が交差する中、正門前のほうから「アベはヤメロ!」とひときわ大きなコールが聞こえてきて、若者たちの第二部の集会が始まりました。
しばらくすると、正門前に行っていた仲間から「正門前が解放された!」との一報が入りました。急いで行ってみると、正門前の広い車道を踊るように老若男女が埋め尽くしていました。
14-2-DSC04907
08-08-DSC04905
09-10-DSC04916
13-17-DSC04936
少し後ろのほうでは、それぞれのグループがアピール。
10-11-DSC04918
NAZENの仲間も、頑張っていました。
11-15-DSC04928
12-16-DSC04930
また、この日、首相官邸前では、正門前の大行動に対抗して「日の丸」旗を掲げる人々が集まっていました。横断幕には「負けるな日本」「頑張れ安倍総理」と。
06-06-DSC04898
07-07-DSC04899
その日の夜は、同じ国会正門前で「アベの改憲を許さないキャンドルデモ」が行われました。

安倍は追いつめられ、ぐらぐらになっています。15日発表のNNN世論調査では、安倍内閣の支持率はなんと26.7%の過去最低に! しかしシリア空爆に直ちに賛成を表明するなど、許せないことに改憲と戦争に突き進もうとしています。

職場や地域から、もっともっと大きなうねりをつくりだしましょう。全国で5月3日の憲法集会やデモや街宣に総結集しましょう!

最新号(4月号)の『百万人署名運動全国通信』を紹介します。
今号は4-5面企画で、無実の政治囚・星野文昭さんの問題を取り上げました。

星野さんは、1971年11月14日、沖縄の米軍基地を固定化するペテン的な沖縄返還協定の批准を阻止するため、東京・渋谷で行われたデモにリーダーの一人として参加しました。そこで機動隊1名が重傷を負い翌日死亡した件で、警察は星野さんを殺人の「実行犯」にデッチあげたのです。

星野さんは無期刑確定後、徳島刑務所で「再審・無罪」をめざして闘いながら、昨年7月で30年が経ちました。

「30年経ったら仮釈放の審理を行う」という法務省通達があり、星野さんを暴力的に閉じ込めてきた国側が動かざるを得ない局面を迎えています。

この問題について、星野さんを取り戻そう!全国再審連絡会議・共同代表の戸村裕実さんにお話を伺いました。
2-245号4面
1-245号5面
3月末に星野文昭さんをモデルにした「ブラインド・タッチ」(作・演出:坂手洋二)という演劇が東京・世田谷で上演され、好評でした。また、星野さんを支援する人々が全国各地で、星野文昭さんが獄中で描いた絵の絵画展を開き、星野さんの解放を求めて運動をしています。星野さんの絵にはお連れ合いの暁子さんの詩が添えられています。機会がありましたら、ぜひお出かけください。
直近では、明日から練馬で開かれます。

■無実の政治囚 星野文昭絵画展
とき◆4月13日(金)~15日(日)午前10時~午後7時(13日は正午~、9日は午後5時30分まで)
ところ◆ギャラリー古藤(練馬区栄町9-10武蔵大学前)
4/13午後4時30分~解説:永田浩三さん(武蔵大学教授)「星野さんが見た『光』問題」あり。
入場無料
主催◆東京北部・絵画展実行委員会(tel.080-1003-0058)

【星野文昭さんをとり戻すためにご協力ください

■四国地方更生保護委員会に提出する「要望書」署名にご協力ください。
この署名には、憲法学者や刑事法学者、布川事件の桜井昌司さん、足利事件の菅家利和さんら多くの方々が協力されています。
要望書等は下記からダウンロードできます。
●要望書
http://fhoshino.u.cnet-ta.ne.jp/000-hyosi/yobosyo.pdf
●説明書
http://fhoshino.u.cnet-ta.ne.jp/000-hyosi/yobosyo-02.pdf

●「要望書」用紙は百万人署名運動事務局でも受け付けています。ファックス(03-5211-5415)で送ってくださるのでもよいです。

■意見広告にご賛同を!

5月20日に、四国新聞と朝日新聞大阪本社版に星野文昭さん解放の意見広告を掲載する予定です。掲載費用は「意見広告」への賛同金でまかないます。ぜひ、ご協力ください。
賛同金振込先
  郵便振替口座 00110-5-155521
  ゆうちょ銀行 〇一八(ゼロイチハチ)店 普通口座 3199947
  加入者名  星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議

さらに、詳しくは下記をご参照ください。
●星野文昭さんをとり戻そう!全国再審連絡会議
http://fhoshino.u.cnet-ta.ne.jp/



                           

いま、フランスでは、マクロン政権の「大改革案」に反対して、国鉄労働者のストライキを先頭に労働者・学生が闘いに立ち上がっています。
フランスゼネスト
すご~い!
AFP報道からその様子を拾ってみました。
* * * * *
仏国鉄、3か月の大規模スト突入へ 他業種も追随で改革案に抗議
【4月2日 AFP】
 フランス国鉄(SNCF)は2日、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領(40)による改革案に抗議し、3か月に及ぶ大規模なストライキに突入する。同国ではこのSNCFのストを皮切りに、今後エネルギーからごみ収集に至るさまざまな部門でストが行われる見通しとなっている。
 SNCF職員らは同日午後7時(日本時間3日午前2時)からストに入り、以後5日間のうち2日、列車を一部運休する。組合側は、国内450万人の列車利用者らに大きな影響が出ると警告している。
 負債を抱えるSNCFの抜本改革に対するストが本格化するのは、メディアが「暗黒の火曜日」と名付けた3日からで、高速鉄道TGVでは8本中1本のみ、ある地方路線では5本中1本のみの運行となる。
 6月28日まで続く見通しの鉄道ストは、国を刷新し競争力を高めようとするマクロン大統領の一大計画にはだかる最大の障壁になるとみられており、故マーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)英元首相が1984年に臨んだ炭鉱組合との一大決戦に比する見方もある。
 欧州連合(EU)加盟諸国が2020年までに旅客鉄道市場を開放しようと準備を進める中、マクロン政権は同国内での列車運行費用が他国に比べて3割増になっていると指摘し、SNCFは抜本的改革を要すると訴えている。
 これに対し組合側は、政府が否定しているSNCF民営化の第一歩になると危惧するとともに、SNCF職員にこれまで認められてきた終身雇用と早期退職の特権を、新規雇用者に付与しない計画に反対している。
 昨年5月のマクロン大統領選出以来、労働運動において最大の山場となる一連のストでは、ごみ収集やエネルギー部門、エールフランス(Air France)の職員らも、3日にストに踏み切る方針を発表している。(c)AFP/Katy

仏全国スト、大学でも抗議拡大 試されるマクロン大統領の改革案
4/5(木) 13:28配信 【AFP=時事】
 国鉄職員が3か月間にわたる大規模ストライキに突入し交通に大きな混乱が生じているフランスでは、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領(40)の抜本的改革案に対する抗議運動が大学にも広がっている。

フランスの学生
【フランス・リールでストを展開する国鉄労働者と共にデモに参加する学生ら(2018年4月3日撮影)】
 4日、首都パリと南東部リヨン(Lyon)の2大学で、マクロン大統領の入学者選抜計画に反対する学生らが校舎を封鎖し、座り込みデモを開始した。国内各地の大学ではここ数週間、同様の授業ボイコットが続いている。
 フランス国鉄(SNCF)の全国ストは2日目に突入。運転士をはじめとする国鉄職員らは、マクロン大統領が国鉄改革案を取り下げない限り6月28日まで5日ごとに2日間のストを続行する構えだ。組合は、終身雇用や早期退職の権利を剥奪する改革案に反対しており、最終的に国鉄を民営化する計画ではないかと懸念している。
 一方、南部マルセイユ(Marseille)では元港湾労働者や郵便配達人、学生などさまざまな立場の人々が集まり、マクロン大統領は公共サービスを廃止しようとしているとして抗議の声を上げた。
 エールフランス(Air France)やごみ収集業者、エネルギー関連業者の従業員らも3日、国鉄ストに同調して独自にストを敢行。改革への不満を訴える声が一層高まっている。
 投資銀行出身のマクロン大統領は、経済成長と累積財政赤字の削減を目指した大改革によってフランスを再建すると約束している。昨年秋には労働法の改正を断行したが、国内ではデモが相次いでおり、今回の大規模ストはマクロン氏の決意を問う試金石とみられている。【翻訳編集】 AFPBB News
* * * * *

昨年の韓国の「ロウソク革命」も、鉄道労働者の大規模なストライキが闘いの先端を切り拓きました。そして、大学内でもパククネ政権への抗議行動が闘われ、さらに100万人規模のデモが繰り返されてパククネは打倒されました。

国境を超えて、いま、世界の労働者・学生・市民は政府・資本の同じような攻撃にさらされているのだとつくづくと感じます。

世界の中でも、最も腐敗し危機の中にある安倍政権が強行しようとしている「労働法改悪」「憲法改悪」「戦争国家化」攻撃を、現場労働者のストライキや学生の授業ボイコットなど、団結した力で抗議し、連帯した実力で跳ね返すことができたら! 
韓国やフランスの労働者・学生・市民に続いて、日本でも頑張ろう。(s)

↑このページのトップヘ