とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

国・防衛省からの8月にも土砂搬入を開始するという通告に対し、7月7日(土)午後、辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で、「ジュゴン・サンゴを守れ、土砂投入を許さない辺野古新基地建設断念を求める県民集会」(主催:辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議)が開かれました。猛暑の中、沖縄各地から約2000人が参加しました。

参加した沖縄の仲間から写真報告が届きました。
1807070
1807071
1807073
集会には病気治療中の翁長県知事からもメッセージが寄せられ、その中で前知事が出した「埋め立て承認」の撤回へ向けた決意が語られた。オール沖縄会議はさらに8月11日(土)に那覇市の奥武山公園陸上競技場で、土砂投入阻止!県民大会を開き、辺野古新基地建設の中止を求めていく。

多くの人が集まり、この日はゲート前からの工事車両の搬入はなかった。
キャンプ・シュワブの金網の中から、警察権力が集会参加者を監視していた。
1807074

ゲート前座り込みは1462日目となった。
1807072

全国で、安倍政権は辺野古の海を殺すな!土砂搬入をやめろ!と抗議していこう。












「全国通信」7月号の紹介です。
1面では今国会での憲法審査会について触れましたが、この後、7月に入って7月5日に衆院・憲法審査会が開催されました。付託された国民投票法改正案の趣旨を読み上げるだけと、4分間で終了・解散となりました。
憲法審査会は改憲原案を発議するところ。
「停滞する憲法審査会」に焦った自民党が何としても憲法審査会を動かそうとしたのです。
2-UXMF70_180709141447.tif
2面は、8.6ヒロシマ大行動への広島からのアピールと、「辺野古ゲート前の人々」上映会の報告を宮城から。
3面は、「ミサイル避難訓練をやめさせる闘いの継続を」ということで、千代田区の場合など。
1-UXMF70_180709181920.tif
4~5面特集は、横田基地問題です。
この7月にもオスプレイ配備が強行されようとしている米軍横田基地。その横田基地の騒音被害と粘り強く闘い抜いてこられた福本道夫さんにお話をお聞きしました。
1-UXMF70_180709142143.tif
6面は、6.3星野さん解放全国集会の報告を滋賀県連絡会の仲間からの報告と東京北部連絡会の6.9総会&学習会の報告です。
7面は、各地からのお便り。
8面は、7月のインフォメーションと会計報告です。

私たちは、この小さな通信をできるだけ多くの方々に読んでいただきたいと願っています。
ご希望の方には宣伝紙をお送りします。
また、宣伝紙を置かせてもらえるところ(図書館、地域センター、喫茶店など)をぜひご紹介ください。よろしくお願いします。

●定期購読のお願い

『百万人署名運動全国通信』は、毎月1日に発行され、A4版8ページで、1部100円です。
定期購読料は、カンパも含めて年間3000円の賛同金としてお願いしています。
百万人署名運動は、この賛同金で運営されていますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

メールで郵送先をご連絡いただくか、「全国通信の定期購読希望」と書いて下記の口座に賛同金を振り込んでください。毎月全国通信を郵送します。ぜひ、よろしくお願いします!
【賛同金の振込先】
 郵便振込口座 (口座番号) 00150-1-410561
         (加入者名) 百万人署名運動





7月2日(月)、毎月第一月曜日に行われている防衛省前抗議行動に参加しました。辺野古への基地建設を許さない実行委員会の主催で、午後6時30分から約1時間ほど防衛省への申し入れやアピールを行っています。
2-DSC05490
この日は、辺野古現地へ行ってきた人たちが現地の様子や感想をリレーアピール
しました。
3-DSC05491
途中で、申し入れ書を受け取りに出てきた防衛省の地方企画部の人に2団体が申し入れ書を読み上げて渡しました。
1-DSC05487

防衛省は8月17日以降に辺野古沿岸側の埋め立て土砂の搬入を開始すると発表しています。その量は2100万㎥とのこと、10トントラックで210万台分です。これらの土砂は沖縄のほか、九州、中四国から運ばれてきます。とんでもないことです。

これに対し、辺野古に土砂を送らない闘いが取り組まれています。
土砂採取予定地の12府県18団体でつくる「土砂搬出反対全国連絡協議会」による取り組み。
全国の港湾労働者で組織されている「全国港湾労働組合連合会(全国港湾)」は、「沖縄に土砂を送らない」決議をあげ、土砂の搬出入作業を事業社が引き受けないよう日本港運協会に申し入れています。

アピールの最後に、8月11日には沖縄で土砂搬入阻止に向けた県民大会が開かれる予定で、これに連帯して東京で大行動を行おうと呼びかけられました。(S)

関連集会の紹介です。
8月の土砂投入ストップ!首都圏集会
とき:7月25日(水)午後6時30分開会
ところ:全水道会館・4階大会議室(JR「水道橋」東口3分)
報告:
*野古土砂搬出反対全国連絡協議会から 阿部悦子さん(共同代表)
*西日本搬出現地から
*全国港湾労組
*沖縄現地から 北上田毅さん他
参加費:500円
主催:辺野古土砂搬出反対全国連絡会協議会
共催:辺野古の海を土砂で埋めるな!首都圏連絡会
協賛:「止めよう!辺野古埋め立て」国会包囲実行委員会

今年の5月21日で、裁判員制度施行から丸9年目を迎えました。20日前後の大手マスコミも「裁判員辞退  最高66%」(5.19毎日)、「裁判員候補36%無断欠席」(5.20読売)、「辞退増止まらず」(5.21日経)と、裁判員制度の崩壊状況を報じています。

徳島の仲間から、7.2付徳島新聞の記事が送られてきましたので紹介します。
徳島地裁でも「裁判員の選任手続きを無断欠席する候補者が後を絶たない」と報道されています。
1-180702徳島新聞
「人を裁け」と新たな義務をつくった裁判員制度。呼び出し状は現代の赤紙と言えます。
「簡易・迅速・重罰」をめざす裁判員制度は戦時司法であり、目的は、「戦争する国」のための治安強化。
「公判前整理手続き」は非公開で裁判員は参加できません。しかし、ここで大きく裁判の流れ・結論は出されてしまうのです。
全野党も賛成してスタートしてしまった裁判員制度ですが、労働者市民一人ひとりの「拒否!」で大破綻しています。みんなの拒否で制度の廃止までがんばりましょう。(S)



■改憲阻止!国鉄1047名解雇撤回!7.1全国集会
とき◆7月1日(日)午後1時30分開会
ところ◆江戸川区総合文化センター大ホール(江戸川区中央4-14-1)
呼びかけ◆国鉄闘争全国運動(tel.043-222-7207動労千葉)

■星野文昭さん「小さな絵画展」in鳥栖
とき◆7月3日(火)~31日(火)
ところ◆鳥栖キリスト教会(佐賀県鳥栖市元町1255)
★14日午後1時30分~学習会あり
主催◆星野文昭さんを取り戻す会・九州(tel.070-5814-0919)

■安倍内閣は総辞職を!国会前行動(7/5、7/12、7/19)
とき◆7月5日(木)、12日(木)、19日(木)いずれも午後6時30分~
ところ◆国会議員会館前歩道(衆議院第二議員会館前を中心に)
主催◆総がかり行動実行委


■第2回 7.8樫の木まつり(千葉)

とき◆7月8日(日)12時30分~フィールドワーク(強制執行対象畑の現地調査)、午後1時~デモ行進、1時30分~市東孝雄さん宅の中庭でまつり
集合◆市東さんの南台の畑
主催◆三里塚芝山連合空港反対同盟(tel.0476-35-0087市東)

■関空を戦争に使わせない7.8集会

とき◆7月8日(日)午後1時30分開会、終了後デモ
ところ◆GHビル4F会議室(大阪府泉佐野市、南海泉佐野駅2分)
呼びかけ◆関空絶対反対泉州住民の会(tel.072-463-6640)

■パワハラ・退職強要と闘う池田さん自衛隊裁判の学習会
とき◆7月11日(水)午後1時30分~
ところ◆北生涯学習センター・視聴覚室(愛知県名古屋市北区黒川本通2-16-3)
主催◆池田自衛隊裁判をともに闘う会(tel.052-710-1700)

■大MAGRCK VOL.11
とき◆7月14日(土)正午スタート~15日(日)午後5時終了
ところ◆大間原発に反対する地主の会・所有地(青森県下北半島・大間町)
問合せ◆PEACELAND(tel.090-8613-3269)

■第11回大間原発反対現地集会
とき◆7月15日(日)正午~集会、集会後大間町内デモあり
ところ◆大間原発に反対する地主の会・所有地(青森県下北半島・大間町)
7/14(土)夜に「みんなで語ろう2018、原発に頼らない町を!」集会あり(大間町総合開発センター)主催◆大間原発反対現地集会実行委員会(tel.080-6041-5089)

■講演会「フクシマと9条改憲・戦争」(神奈川)

とき◆7月15日(日)午後2時開会
ところ◆ひらつか市民活動センター(JR平塚駅南口2分)
講師◆高山俊吉さん(弁護士)
主催◆福島の親子とともに・平塚(tel.090-6798-7534)

■三里塚・請求異議裁判の傍聴を!(千葉)
とき◆7月17日(火)午後2時開廷(1Fロビー集合)
ところ◆千葉地裁601号法廷(千葉市中央区)
★デモあり(正午、千葉市中央公園集合)
主催◆反対同盟(tel.0476-35-0087)

■阿佐ヶ谷市民講座~「峠三吉・四國五郎」ヒロシマを伝えた表現者たち
とき◆7月19日(木)午後6時30分~
ところ◆劇団展望(杉並区阿佐ヶ谷南3-3-32)
講師◆永田浩三さん(武蔵大学教授・メディア社会学)/800円
主催◆実行委(tel.090-8080-6860


■あつぎ星野文昭絵画展(神奈川)

とき◆7月19日(木)~23日(月)午前10時~午後6時
ところ◆アミューあつぎ5Fあつぎアートギャラリー1(小田急小田原線「本厚木」5分)
★7/21にライブ&トーク(福山竜一&丸尾めぐみ)あり
主催◆絵画展実行委(tel.042-757-4785)

■憲法とわたしたち連続講座~「今こそ日本国憲法を学び習熟しよう」
とき◆7月21日(土)午後2時~
ところ◆国立公民館・和室(国立市中1-15-1)
講師◆西川重則さん(『わたしたちの憲法』著者)/500円
主催◆連続講座実行委(tel.042-574-9210)

横浜事件と言論の不自由展
とき◆7月21日(土)~29日(日)正午~午後7時
ところ◆ギャラリー古藤(練馬区栄町9-16、武蔵大学正門斜め前)
★連日トークなどのイベントあり(荻野富士夫、木村まき、望月衣塑子、永田浩三ほか)
問合せ◆ギャラリー古藤(tel.03-3948-5328)


■「9条に自衛隊明記」は何をもたらすか?7.22講演会(山梨)

とき◆7月22日(日)午後1時30分開会
ところ◆都留文科大学2号館201教室(山梨県都留市田原3-8-1)
講師◆石川裕一郎さん(聖学院大学教授・憲法学)/入場無料
主催◆都留文科大学生活協同組合組織教育部(tel.0554-43-2106


■改憲・戦争を考える学習会

とき◆7月22日(日)午後1時30分~
ところ◆みえ県民交流センター・交流スペース6(津駅東口アスト津3F)
★アニメ『戦争のつくり方』
主催◆百万・三重連絡会(tel.090-2617-0721)


■改憲・核戦争を許さないNAZEN東京集会
とき◆7月22日(日)午後2時~
ところ◆西荻南区民集会所(杉並区西荻南3-5-23)
映画◆『にんげんをかえせ』など上映
主催◆NAZEN東京(tel.090-2442-2811飯塚)

■無実の星野文昭さんの解放を!星野文昭絵画展in熊本
とき◆7月28日(土)~30日(月)午前10時~午後6時(28日正午~、30日3時まで)
ところ◆熊本市民会館1F展示ロビー(中央区桜町1-3)
主催◆絵画展実行委(tel.090-9475-0808)

■学習会「知っていますか?なぜ朝鮮は南北に分断されているのかを」
とき◆7月29日(日)午後2時開会、終了後デモ
ところ◆ヴェルクよこすか(横須賀市日の出町)
講師◆原田章弘さん(朝鮮人強制連行真相調査団日本人側協議会・共同代表)
主催◆「改憲・戦争阻止!大行進」横須賀実行委(tel.080-1813-3719)

■トランプ・安倍の朝鮮核戦争阻止!国際反戦反核集会
とき◆8月5日(日)午後2時開会~
ところ◆広島市東区民文化センターホール(広島市東区東蟹谷町10-31)
主催◆8.5国際反戦反核集会実行員会(tel.082-221-7631)

■被曝73周年 改憲と核戦争をとめよう!8.6ヒロシマ大行動
とき◆8月6日(月)午前7時15分~原爆ドーム前集会&デモ。12時30分~広島県立総合体育館小アリーナで8.6ヒロシマ大集会。午後3時~大行進
主催◆実行委(tel.082-221-7631)




↑このページのトップヘ