とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

1月20日(金)から通常国会が始まりました。
この日、国会では安倍首相の施政方針演説が行われました。その中で安倍は、「世界の真ん中で輝く国創りに挑戦」と言って、「名護市辺野古沖への移設工事を進める」と言い放ちました。そして、「(改憲)案を国民に提示するため、憲法審査会で具体的な議論を」と主張し、改憲案づくりを推し進めることを宣言。また、「最大のチャレンジは…労働制度の大胆な改革」と言って、労働基準法を解体しようとしています。
悪法製造工場としか思えない国会。しかし、この日も小学生たちの「国会見学」が行われていました。複雑な気持ちです。
1-1-DSC02300
国会で193回国会の召集が宣言されている昼12時から、国会前で「安倍政権の暴走止めよう1.20国会開会日行動」(主催:総がかり行動)が始まりました。
2-2-DSC02322
今国会で、安倍政権は「東京オリンピックを成功させるためにはテロ対策が必要」と共謀罪新設法案を提出しようとしています。話し合うことが犯罪とされる恐ろしい悪法です。三度も廃案になった共謀罪をオリンピックを口実に強行しようなど絶対に許せません。
1-1-DSC02310
野党各政党代表の国会議員も発言。
沖縄の伊波洋一さんも辺野古新基地反対で力を合わせようとアピールしました。
2-2-DSC02313

ところで、後日、この日の国会中継で「開会式」というのを見てびっくり。
開会の宣言もなく、天皇が議場に入ってきたら全員起立し静かに頭を下げる。天皇は中央上段の特別の椅子に腰かけて見下ろす。衆参国会議員を代表して大島理森衆議院議長が短い式辞を述べる(読む)。「…日本国憲法の基本理念を改めて心に刻み、おのおのの最善をつくしてその任務を遂行し、もって国民の信託に応えようとするものであります」で終わる(!)。そのあと「おことば」を書いたものが天皇に届けられ天皇が読む。それは「…国民の信託に応えることを切に希望します」ということば述べて終わる。そのあと無言の間がある。そして、天皇は議場をゆっくり出ていく。このとき国会議員はみんな立っていたから、もしかしたら天皇の「おことば」からずっと起立していたのかもしれない。閉会のことばは特になく、それで終わるというものなのですが、なんとも奇妙で、変な感じがしました。これが「議会制民主主義」の開会式とは!でも、これが「象徴天皇制」の真の姿であり、戦後一貫した日本国の統治機構の姿、なのですね。(S)

●この開会式の中継(15分)は→参議院インターネット審議中継 (http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php)から入って、左の中継カレンダーの1/20を選んで、さらに「開会式」を選ぶ。

愛媛からのお便りです。
* * * * * * *
伊方原発3号機の即時停止と廃炉を訴える座り込み行動が、毎月フクシマの月命日の11日に伊方原発ゲート前で続いています。呼びかけは地元八幡浜の「原発から子どもを守る女の会」で、毎月11日に原発前で抗議行動をできる状況を守り抜いてくれています。
昨年の8月12日に四国電力は伊方原発3号機の再稼働を強行しましたが、これに対し絶対許せない思いで毎月11日行動に参加しています。

新年1月11日は平日でしたが、愛媛県内、さらに高知・徳島からも参加があり約40人が集まりました。
1-愛媛
今回うれしかったことが二つありました。
ひとつは台湾から来た青年が参加して発言してくれたこと。ちょうど台湾で原発廃止の法律ができたことも報告されました。もうひとつは、ゲート前行動にずっと参加している仲間の友達がお好み焼きの屋台をやっていて、「ぜひみんなに食べさせたい」と軽トラックの屋台でゲート前に来てくれたことです。みんなにお好み焼きをふるまってくれたことに本当に感謝です。

こうした出会いを広げながら、毎週金曜日の愛媛県庁前行動と伊方原発ゲート前行動を全力で取り組み、なんとしても伊方原発の停止-廃炉へ!と行動していきたいと思います。(愛媛県連絡会 H)


『百万人署名運全国通信』2017年1月号を紹介します。
とめよう戦争への道!百万人署名運動は今年、発足20年目に入り、全国通信も230号となりました。
毎号、全力で作成し、一人でも多くの皆さんに読んでいただきたいと願っています。
まだ購読されていない方には、この機会にぜひ定期購読の申し込みをお願いいたします。

1面 西川重則事務局長の年頭アピール
1-UXMF70_170117170537
2面 沖縄からのアピール
3面 インタビュー「韓国の闘いから何を学び、どう応えるのか」
2-UXMF70_170117170808
4-5面企画 6年目の"浜通り"を訪れたレポート
3-UXMF70_170117171028
6面 福島、山陰からの報告
7面 お便りー山梨、島根、岡山
8面 インフォメーション、会計報告

【定期購読のお願い】

『百万人署名運動全国通信』は、毎月1日に発行しています。
A4で8ページです。
毎号4-5面で、学習に役立つ特別企画を掲載しています。
安倍政権の戦争・改憲政治を打ち破っていくためにぜひご活用ください。

購読料は、カンパも含めて年間3000円(一口)の賛同金としてお願いしています。
とめよう戦争への道!百万人署名運動はこの賛同金で運営されています。
ご協力をよろしくお願いいたします。

●賛同金振込先(郵便)
  口座番号 00150-1-410561
  加入者名 百万人署名運動
  備考欄に、「購読申し込み」とお書きください。










20170107-2
1月7日(土)、第11次のキャンドル集会がソウル・光化門で行われ、60万人の労働者・市民が参加した。この日のスローガンは「セウォル号1000日・朴槿恵政権退陣」だった。参加した人々は、セウォル号の引揚げと真相究明、責任者処罰、そして朴槿恵(パククネ)と黄教安(ファン・ギョアン)の退陣を要求して声をあわせた。
20170107-1
この日の集会では、セウォル号の生存学生9人が登壇した。「セウォル号で私たちだけが助かったことが申し訳なかった。遺族の安否を聞きたくて、訪ねて行きたかったが勇気が出なかった」と語り、大統領の無責任さを弾劾した。セウォル号遺族は、生存学生たちの発言が終わった後、 舞台に上がって学生たちを抱いて涙を流した。
その時の発言映像が日本語字幕付きでアップされているので、紹介します。

また、セウォル号惨事の追悼動画(日本語字幕つき)も紹介します。

生存学生の発言を聞いて涙をこぼす被害者家族 20170107-3
セウォル号家族協議会のチョン・ミョンソン運営委員長は「昨年、キャンドル国民の力で弾劾政局を作ったように、今年も安全な社会、人間の尊厳が尊重される社会を作ってほしい」とし「私たちも最後まで真相究明のために行動して実践する」と声を高めた。 20170107-4
集会後、青瓦台と憲法裁判所に向かってデモ行進 20170107-5
民衆総決起闘争本部は1月10日に記者会見を開き、2月25日(土)に大規模な大会を開くと発表した。

韓国の闘いに続こう。2017年こそ安倍を倒し、改憲・戦争を阻止しよう。(K)

埼玉県東松山市にある「丸木美術館」で、2016年の《今日の反核反戦展 》が開かれている(~1月14日まで)。
これに、昨年撤去された経産省前テントひろばの第二テント「反原発美術館」が出展されている。
   丸木美術館
1611302
          第二テント反原発美術館
1-161217
丸木美術館は、丸木位里・俊さんが作成された「原爆の図」の常設館で、原爆の図の他、沖縄の図、アウシュビッツの図、水俣の図、三里塚の図なども飾られている。
毎年、企画展が開催され、いろいろのジャンルの美術家たちが作品を出品されていて、今年は星野文昭さんも2枚の絵を出品している。

今年の《今日の反核反戦展 》には、経産省前テントひろばも、あの第二テントを、テントごと出品した。第二テントは女たちのテントとしてあったが、2015年12月に画家たちがそのテントそのものに反原発の絵画や版画等々を描き反原発美術館としても立ち続けていたもの。
テント撤去後も、経産省から取り戻してきて、静岡の浜岡原発廃炉のひまわり集会(2016.11.20)に貸し出したりしていた。その活動の一環で、今回、テント全体を作品に見立て、テント丸ごとを設置したのだ。

テントは二階ベランダ(三角形)に設置、テント支柱1本は外に立てる。
1611301
    テント内部でトーク
161225
丸木美術館も企画展の開催中に、講演会やトーク・イベントを行っているが、テントも独自のライブペインティングや講演・パネル展を行って来た。
12月10日、岡志憧(おかしどう)さん(現代アーティスト)のライブ・ペインティング(写真下)。スプレーによるグラフィティ作品です。
岡さんのライブペインテイング
12月18日には、井上めぐみさんの講演会 「福島の涙はわたしたちの涙 ~あれから5年~」と写真パネル展示があった。
161226
今回のテント展示は、映画監督の早川由美子さんが丸木美術館と企画展実行委員会に交渉して、開催にこぎつけることができたのだが、丸木美術館のような美術館でこうしたものが開催できた意義はすごく大きいと思う。反核、反戦、反原発がつながっていく。
今週で企画展は終わる。ご都合のつく方はぜひ行かれることをお勧めします。(T)

【丸木美術館への行き方など】
原爆の図丸木美術館(埼玉県東松山市下唐子1401、tel.0493-22-3266)
入館料:大人900円(シニア800円)
①東武東上線「つきのわ駅」南口から徒歩30分(駅で地図をもらえる)、
②東武東上線「森林公園駅」南口よりタクシーで約10分(1300円くらい)、
③東武東上線「高坂駅」と「東松山駅」間の市内循環バス「唐子コース」が近くを通る(時刻は美術館に問合せ、日祝運休)



↑このページのトップヘ