とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

集会&デモ―イベント案内を大幅に更新しました。
こちらからも入れます。
  ↓
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/inf.html

 辺野古が緊迫しています。
 先週末に横須賀から海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」が出航して辺野古での工事を「支援」するための航海ではないかと疑われていましたが、→
http://www.otv.co.jp/newstxt/index.cgi?20070511120262
 今日か明日にも海上自衛隊が実力行使に出る事が危惧されています。琉球新報→
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-23811-storytopic-3.html 
 これまで、現地の人々が全力で防衛施設庁が実際に米軍基地を作るための「事前調査」行動に移ることを止めてきましたが、ここにきて、いきなり海上自衛隊の、それも、自衛隊員のダイバーを運ぶ船を動員しての米軍基地建設のための「作業支援」の準備が実際に始まっています。こんな暴挙を許してはなりません。「事前調査」即時中止!自衛隊導入をやめろ!の抗議をしていきましょう。 

<いくつかの申し入れ先>
 ・防衛省(市ヶ谷):
  〒162-8801東京都新宿区市谷本村町5-1電話:03-5366-3111(代表)
 ・海上自衛隊(問い合わせ,意見) mso-cadv@ic.jmsdf.go.jp
・海上幕僚監部(海上自衛隊の最高機関)
   〒162-8803 東京都新宿区市谷本村町5-1 電話:03-5366-3111
 ・横須賀地方総監部 (横須賀の海上自衛隊を統率する部署)
  〒238-0046 神奈川県横須賀市西逸見町1丁目無番地 電話:0468-22-3500
 ・護衛艦隊司令部 掃海隊群司令部 (掃海母艦「ぶんご」の指令所)
  〒237-8515 神奈川県横須賀市長浦町1-43横基業気付 電話:0468-61-8281
 ・海上自衛隊 岩国航空基地 (琉球新報によると、岩国の第111飛行隊所属の掃海ヘリ    が沖縄に到着した模様です) 
  〒740−0025 山口県岩国市三角町2丁目官有地
    海上自衛隊 第31航空群司令部 広報室  電話:0827−22−3181 内線6231
 ・那覇防衛施設局
   〒900-8574 沖縄県那覇市前島3丁目25番1号  電話:098-868-0174〜9
・金武(きん)防衛施設事務所(もっとも近い事務所)
  〒904-1201 金武町字金武35 番地   電話:098-968-8101 (代表)
 ・首相官邸
    http://www.kantei.go.jp/
    内閣官房内閣総務官室 〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
               TEL.03-5253-2111(代表)





画像
14日、改憲投票法の参院本会議採決を弾劾する国会前行動がたたかわれました。月曜日の午前中にもかかわらず数百人が国会前に集まっていました。
正午前、改憲投票法案が参院本会議で採決されました。国会内ではなんの混乱もなく、粛々とボタンが押されました。しかし国会の外では採決弾劾の国会前集会があちこちで開かれました。
安倍政権はこの日、イラク特措法の年延長案の委員会採決を強行しました。また、今週中にも教育改悪関連4法案の衆院採決がねらわれています。
改憲と戦争に向かって暴走する安倍政権と徹底的に闘わねばなりません。たたかいはこれからです。安倍政権は労働者民衆の反撃を恐れているのです。さらにさらに闘いを広げていきましょう!
画像

画像

画像

画像

画像

画像



画像 少し遅くなりましたが、札幌からの公聴会報告が届いていましたので掲載します。
札幌から報告します。5月7日の札幌公聴会に抗議の申し入れをしました。会場の札幌プリンスホテル前には、高教組などの労働組合、市民団体など40~50人が集まり、シュプレヒコールなどを行いました。テレビのニュースで放映されました。 

 私たちは札幌総行動実行委員会(国労闘争団北海道連絡会議、札幌圏連帯労組、北海道ウィメンズユニオン、自交総連北海道地連、交運グループ共闘会議、北海道星野文昭さんを救う会などで構成)として、会場前で「ストップ、9条改悪まっしぐら法案」パンフを配り、申し入れを行いました。

画像


 5月11日(金)17時50分頃、与党は参院憲法調査特別委で改憲投票法案の採決を強行しました。民主党は採決に応じ、「付帯決議」でごまかしました。絶対に許せません! 参院本会議(14日午前11時~)での採決に反対する国会前行動に集まりましょう。
画像
 11日は朝から多くの労働者市民が国会前に結集して闘いました。前日からハンスト座り込みを再開した「9条改憲阻止の会」、全労連関係の労組、宗教者の団体、反戦共同行動委員会などが隊列をつくって抗議集会を繰り返しました。百万人署名運動も「採決やめろ」のプラカードをつくって座り込みました。栃木などからも仲間が参加しました。
 正午過ぎ、ヨッシーとジュゴンの家がギターをもって歌を始めると、機動隊が不当な弾圧を始め、マイクを引きちぎるという暴挙! 居合わせた人々で激しく抗議しました(写真上)。
 採決情勢が近づいてくると、参院特別委員会室に轟くシュプレヒコールが何度も繰り返されました。採決直後、民主党が自公民3党を代表して18項目の付帯決議案を読み上げ、それもすぐに起立採決されるという、なんの討論もない有様でした。
 付帯決議などなんの意味もありません。しかし安倍政権は、イラク派兵2年延長法案や教育4法案の採決も来週行おうとしています。怒りを倍増させて、抗議行動や街頭アピールに立ちましょう!
 14日(月)午前10時~、国会前(衆議院第二議員会館前)に集まりましょう。
画像

↑このページのトップヘ