とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

 破防法研究会の滝川です。{%normal%}以下報告します。
 先週前半に、「5月2日までに改憲手続法案を強行する。3月8日衆院委員会再開、15日公聴会、22日委員会採決、23日本会議採決」と自民党・安部の強攻策が伝えられる中で、社民党主催「ストップ・ザ“9条改憲手続法”緊急院内集会」が参院議員会館内大会議室で約180名が参加して行われた。「国民投票法案・共謀罪法案成立を阻止しよう!」のスローガン。国会議員の参加者は、司会が阿部知子、主催者挨拶が福島みずほ、憲法調査特別委員会報告が辻元清美(衆院)、近藤正道(参院)、まとめが照屋寛徳、ほかに日森文尋の各議員。司会予定の保坂展人氏は委員会の視察が入って欠席だった。

 国会報告の辻元さんの意見を少しまとめて見てみる。衆院では50(全体)分の2(反対)の構成で行われている委員会で8日の委員会の開催を民主党も含めた3党結束で中止させた。世論の声の成果。安倍さんは支持率が下がったから通してしまえと焦っている。大体、議員立法に内閣が口をはさんで「5月3日までに成立させよ」というのは憲法違反。この法案は単なる手続法ではない、改憲準備法案が成立すれば今秋から憲法審査会が自動的に動き、改憲が政治日程に上るように出来ている。新聞では自民党案と民主党案の違いを表にしているが共通している部分が大問題。一度廃案にすべし。辻元さんは、質疑の最後に都知事選が終わる週の木曜日4月12日あたりが衆院では危ないと言っていた。

 衆参の報告の後は、参院選には出ないでジャーナリストのヴィタミンCで行くことを決めた斉藤貴男さん(ジャーナリスト)の発言(1週間で2度聞いたが相変わらず切れがよい)、以下発言順に、福山真劫(平和フォーラム事務局長)、久保田真苗(憲法を愛する女性ネット世話人代表)山本俊正(日本キリスト教協議会総幹事)清水澄子(女性会議常任顧問)、松島暁(自由法曹団)堀井準(社会文化法律センター事務局長)蔵田計成(9条改憲阻止の会事務局長)高田健(許すな!憲法改悪・市民連絡会)ら各氏が発言。そのあと会場からの4~5人が質問意見。これを紹介すると「改憲反対運動を統一して出来ないか」の1点につきる。「都知事選を統一候補で戦えないか、反対している党首を説得できないか」、という訴えと絡めて出されていた。

画像 与野党の国会議員とその秘書の皆さんにこそ、今回の改憲手続法案について、しっかり勉強してほしい!という思いから、13日は「国会議事堂前」駅で、14日は「永田町」駅前で、朝の通勤時間帯に改憲リーフ配布を行いました。2日間で約500部手渡すことができました。

 「9条を変えるな!」ゼッケンを着けて、「改憲手続法案に反対しましょう!」と声をかけながら配ったのですが、受け取りが悪い。ハタと考えて「そうか、やっぱり国会は改憲賛成派が多いんだなあ」と思い、今度は「改憲手続法案リーフです。ぜひご覧ください」に変えてみました。心なしか受け取りが増えたように感じましたが…。今朝の新聞では「与党は衆院通過を4月中旬以降に先送り方針を固めた」と報じられています。各地でこの「改憲まっしぐら法案」の中身を知らせ、廃案への声をつくりましょう!

画像 みんなで討論しながらやっとできあがった改憲リーフ。12日の月曜日、さっそくまずは国家公務員が一番多く通るであろう「霞ヶ関」へリーフをかかえて出かけました。ちょうど昼休み時間帯で、日比谷公園や食事に出かける公務員がたくさん通り多くの人が受け取ってくれました。約1時間半2人で400部撒ききりました。

 近くに弁護士会館があり、弁護士をはじめ感心の高さを感じましたが、それ以外の30歳前後のスーツ姿の男女たちのまるで無関心な様子がチョット気になりました。でも「9条改悪のための改憲手続法案に反対しましょう!」と元気に呼びかけると多くの人が反応してくれました。この改憲リーフを一人でも多くの人に読んでもらいたい、改憲手続法案の中身をよく知ってもらいたい、そして反対の声を上げてもらいたいという思いでいっぱいです!ご希望の方には超格安でお分けしますのでお問い合わせ下さいね。

画像 3月10日、渋谷勤労福祉会館で「阻止しよう!改憲投票法案 討論集会」(主催:戦後50年を問う8.15実行委)がありました。国会情勢を西川重則さんから、講演を井口秀作さん(大東文化大学助教授)から、さらに弁護士の鈴木達夫さんから鋭い問題提起がありました。なかなかわかりにくい改憲投票法案、しかしこれが憲法改悪攻撃そのものであることが明らかになりました。

 連日国会傍聴を続ける西川さんは「憲法99条の憲法尊重擁護義務を全く無視している国会議員・国会審議の実態をもっと知るべき」と次々と悪法がつくられる現実の国会のありようを怒りを持って暴露しました。井口さんは「国民投票で民意を問う」という言い方のペテン性について、今の国会情況の中で出されてくる憲法改悪案に賛成か反対かの選択でしかなく民意ではないと指摘。国民投票は1回850億円も経費がかかる、護憲の立場の人は不毛な国民投票法をつくらせない運動こそ必要ではないか、と提起されました。鈴木さんは「組織的多数人買収及び利害誘導罪」で市民団体や労働組合が憲法改悪反対の活動をすることが禁じられていく危険性を訴え、労働者こそ改憲手続き法案反対の闘いに立ち上がるべきと呼びかけました。
 

画像

予定より遅れましたが、きょう、「ストップ!改憲投票法」の“ばらまきリーフ”を全国発送しました。ちょっと重労働でしたが、なんとか宅配予約にも間に合いました。
自民党の「強硬さ」に公明党も動揺?しているようで、たたかいはこれからだという感じです。ぜひこの“ばらまきリーフ”をいっぱい使ってください!

画像

↑このページのトップヘ