とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

画像

予定より遅れましたが、きょう、「ストップ!改憲投票法」の“ばらまきリーフ”を全国発送しました。ちょっと重労働でしたが、なんとか宅配予約にも間に合いました。
自民党の「強硬さ」に公明党も動揺?しているようで、たたかいはこれからだという感じです。ぜひこの“ばらまきリーフ”をいっぱい使ってください!

画像

 改憲手続き・投票法案の情勢です。以下、毎日新聞の報道です。
「自民、公明両党は6日、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、昨年末の臨時国会以来となる衆院憲法調査特別委員会を8日に開き、審議を再開することを決めた。…与党は憲法記念日の5月3日までに成立させるため、特別委で15日に公聴会を開いたうえで22日に採決し、23日の衆院通過を目指す。」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070307-00000009-mai-pol
 安倍政権は強硬姿勢ですが、労働者民衆の反撃ははじまっています。
 この法案は、憲法9条改悪へまっしぐらに突き進む法案です。と同時に、労働組合の反撃を恐れている法案です。学習会、反対集会、ビラまき・街頭宣伝など、全国各地で取り組みを強めましょう。
 街頭で配布するリーフを作成しました。A5サイズ8頁、つまりA4のビラを2枚重ねて二つに折ったようなものです。
 お問い合わせは、メール million@mqc.biglobe.ne.jp TELFAX03-5211-5415まで。

画像

画像

 以下、兵庫から、シール投票実施のニュースです。
 安倍内閣は、憲法改悪を目的とする国民投票(手続き)法案を、「5月3日までに成立させる」と言っています。いま、全国でとりくまれている「賛成?反対?」のシール投票を3月4日、ピースIネット、神戸YWCAのみなさんと共同でおこないました。
 「憲法国民投票法案」というのは、分かりにくいかなと思いましたが、通行のみなさんは意外と「あ、これは憲法改悪のためだな」とフィットする感じ、「反対」への投票が圧倒的でした。
 「憲法9条は大切」「民主主義は多数決が原則。私は、日本人じゃないので憲法を変える、変えないに参加できないけど、9条を知らせ、広めることはできる」と、全国を自転車旅行しながら訴えている、チャールズ・ワードさん(写真右端。イギリス出身だそうですが、本人は地球人と言っていました)も途中から参加。大声で呼びかけてくれ、盛り上がりました。
 神戸の投票結果は、国民投票法案に「反対126」「賛成9」「分からない17」でした。
 チャールズさんのHPアドレス http://www.ex1st.com/

画像



画像

2月24日から3月10日を「全国一斉期間」として、改憲手続き法案の賛否を問うシール投票が行われています(写真は岡山の様子)。岡山では25日に実施され、約2時間で賛成22、反対208、わからない36の計266票が集まりました。
http://mytown.asahi.com/okayama/news.php?k_id=34000000702260005
マイクを持った野田隆三郎さんは、
「憲法を変えるための国民投票法案がいま国会で審議されています。
国民投票法案が通れば一気に憲法改正へと進みます。
 あなたは憲法を変えるための国民投票法案に賛成ですか? 反対ですか?
いま全国一斉に街頭シール投票をしています。
シールを貼るだけです。ぜひ投票してください。
国民投票法案の詳しい内容はちらしを見てください。
 投票結果は国会に届けます。
私たちの考えを国会に伝えるために
ぜひ投票してください」と繰り返して話しているそうです。
 またときには
「憲法改正は本当に大切な問題です。私たちだけでなく
子供や孫の世代にも影響します。
ぜひ憲法について考えましょう」とも言っているそうです。

与党は3月中旬にも衆院通過を狙っています。
しかし改憲反対運動を恐れているのは彼らです。
改憲手続き・国民投票法案の制定に反対する取り組みを強めましょう。
→同サイト
http://kaikent.exblog.jp/

画像

26日、「イラク反戦4年。改憲絶対阻止!ブッシュ・安倍たおせ!3・18全世界一斉デモ」の第二回実行委員会に参加しました。第一回の実行委員会(2月2日)からこの日までに「呼びかけ人」が357個人・団体になったこと、呼びかけ人1000人をめざしてさらに拡大を続けていくことが確認されました。
討論では、職場や学校、駅頭などでのオルグ・宣伝戦の状況が次々と報告され、質疑応答が活発に行われました。「労働運動で革命を起こそうと職場で訴えたらスッキリしたし、大きな反応がかえってきた」、「集会やデモをやっても戦争は止められないと言う人に、労働者が社会を動かしているんだから、団結して闘えばなんでもできるのよ、って話そう」などなど。イギリスやオーストラリアなどの反戦デモ
http://sukuramu.at.webry.info/200702/article_20.html
も紹介され、大きな結集を実現しようと誓いあいました。

3・18デモはまた、改憲国民投票法制定阻止のデモでもあります。あと4週間弱。共同して取り組みを拡大していきましょう。

★3・18実行委員会のHP
http://noabe318.web.fc2.com/

■イラク反戦4周年 憲法改悪阻止! ブッシュと安倍たおせ! 3・18全世界一斉デモ
とき◆3月18日(日)午後1時~3時、集会後デモ行進
ところ◆日比谷公園・野外大音楽堂
主催◆3・18集会実行委員会(03-3845-7461、043-222-7207)

画像



↑このページのトップヘ