とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

 2月23日(金)夜、中野ゼロ・ホールでドキュメンタリー映画「君が代不起立」の大上映会が行われ、350人が参加しました。約1時間30分の上映時間がアッという間に感じられるほど、次々と心に迫る映像とメッセージでした。上映後の制作者と出演者のトークの最後に被処分者の根津公子さんが「今年も座りましょう」と呼びかけました。
 上映会のタイトルは「ひとりから始まる」でした。「おかしいこと」に「おかしい」と言いづらくなった情況の中で、その一言を言い出す勇気、言い続ける勇気の中に貫かれている人間の尊厳。それは一人から始められること。そして必ず他の人に共感を生み出し、そこに希望があることなど、多くを学びました。まだの方はぜひ観てくださいね。
画像

 以下、兵庫から、一日キャラバンの報告が届きました{%warai_a%}
 昨年の「9月全県キャラバン」で行けなかった地域を2月23日、一日ミニキャラバンとしてまわりました。5人が参加、三木市で1人合流しました。
 朝からの雨も10時くらいに上がり、ひと安心。途中、スポット街頭署名も考えていましたが、駅前、大きいスーパーの前なども人通りがなく、宣伝カーで三田ニュータウンなどを流して宣伝しました。
 篠山市では市議会議員の岸本さんにお会いしました。「憲法改悪はとめなければ。署名も大事。ホームページなどの相互リンクなどもおこない、広めよう」など話が弾みました。
 三木市でも市職、解放同盟、教組などを訪問しました。
 帰りに、ようやく神戸電鉄「緑が丘」駅が人通りがあり、街頭署名をおこないました。ちょうど下校時刻で、高校生たちが多く署名に応じてくれました。「9条変えるな!」缶バッジを渡すと、「おっー、これはいいな!他では売ってへんど」「学校で、みんなに見せる」などと、さっそく胸やカバンにつけたり、けっこう盛り上がりました。

画像

画像
きょうは「百万人署名運動全国通信112号」(07年3月号)の全国発送作業をしました。明日か明後日には全国に届くと思います。毎度のことですが、この発送作業はかなりの肉体労働。今月は北部連絡会(準)の方が手伝ってくれました。毎月ありますので、近郊の方、手伝い募集します!!(写真は全国通信や資料を連絡会ごとに仕分けをしているところ) 

さて、安倍政権は、改憲国民投票法案の制定に“強気”の姿勢を示しています。3月上旬にも「強行採決」の構えです。しかしこれは安倍政権の危機の裏返しでもあります。労働者民衆の闘いによって阻むことも可能だと思います。改憲投票法案を許してしまったら、戦争のための9条改憲に向かってまっしぐらだ~、という内容を訴えていきましょう。学習会、街頭宣伝、反対集会をどんどんやりましょう!

阻止しよう!改憲投票法案 討論集会
 3月10日(土)午後6時~9時/渋谷区勤労福祉会館 第一洋室
 講演:井口秀作さん(大東文化大学助教授)
 主催:戦後50年を問う8・15実行委(03-3797-3690葉山法律事務所)

以下、転載です。
ZAKIです。へんな共謀罪の歌に続く第2弾、”へんな改憲手続法”の歌無料配信!
情勢をリサーチしながら歌詞を吟味して来ました。
第1弾より迫力出てるかも。
メロは同じだけどまだ聞いていない人達が大勢いるので、キャッチのあるこの曲で行きます。
”へんな改憲手続法”下のURLをクリックで視聴、または右クリックして対象をファイルに保存でダウンロード出来ます!
           ↓
http://zaki8.net/dl/kaiken-tetudukihou.mp3
または、
http://zaki8.us/dl/kaiken-tetudukihou.mp3

この曲で護憲の人々を応援しながら西日本方面ツアーに行って来ます。
2月25日、長野
26日、名古屋
27、28日、京都
3月1日、2日、大阪
3日、神戸
4~5日、岡山、広島方面

CDに焼く、または直接携帯やMP3プレーヤーに入れて、
選挙の街宣車で街中を鳴らして回ったり、人の多い駅前などでのプチ街宣で鳴らす、
色んなブログにトラックバックで広げるなど、
まだ政府の悪行を知らない多くの国民に伝えるのに上手くお使い下さい。
アピール効果がグンと上がります。^^

事務局です。
「集会デモの案内」のページを更新しました{%exmark2%}
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/inf.html
3~4月の集会デモ、映画会などを増やしました。
改憲国民投票法案に反対する集会デモが目立ってきています。イラク反戦4周年の各地の行動も予定されています。
掲載してほしいものがあれば、事務局までメールください。
→million@mqc.biglobe.ne.jp

↑このページのトップヘ