とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

画像


「憲法9条を変えるな!」署名用紙の一部を改正してアップロードしました。変更部分は、「第五次集約日 2008年7月31日」と「第6次集約日 2008年12月25日」に書き直したことと、HPのアドレスを「http://million.at.webry.info/」にしたことです。署名用紙のPDFデータは次のところにあります。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/kenpo.htm
ブログのトップページの「9条署名ダウンロードはこちら!…」をクリックしても入れます。
新しい用紙をコピーしてどんどん活用しましょう!



画像

 百万人署名運動全国通信123号(2月号)ができました。今号の特集は、パトリオットミサイル3(PAC3)を含むミサイル防衛システムについてです。9条改憲攻撃が、この様な形で進んでいることがよくわかります。ご希望の方には宣伝紙としてお送りしますので郵送先をご連絡くださ~い。A4版8頁です。 お申し込みはこちらへ→メールmillion@mqc.biglobe.ne.jp


画像









画像

1月30日未明(午前1時半~4時)、パトリオット3ミサイルの自衛隊武山駐屯地(神奈川県横須賀市)配備反対闘争を闘いました。地区労の労働者や市民など60名が緊急結集して抗議行動をくりひろげました。以下、写真速報です。

画像

右翼が来ていると言って機動隊が阻止線をはって妨害。

画像

横断幕を広げて反対をアピール。

画像

地区労や平和運動センターの労働者も結集。

画像

地元の反基地団体もかけつけた。

画像

ゲート前では右翼団体が「日の丸」を振っての歓迎行動。

画像

搬入後、ゲート前に押し寄せて抗議。

画像

ゲート前で共同のシュプレヒコール!



 
画像

 1月26日(土)に東京・水谷橋公園で行われた「辺野古への基地建設、高江のヘリパッド建設を許さない!」集会とデモに参加しました。米軍再編によって、沖縄を始め全国各地で米軍基地の強化、米軍と自衛隊の一体化が進んでいます。その最先端の攻防である辺野古のたたかい、さらにその北部の高江(たかえ)のたたかいに連帯した行動でした。「辺野古への基地建設を許さない実行委員会」の呼びかけで100名ほどで銀座へアピールデモに出ました。
 沖縄本島北部地域の東村高江地区では、民家のすぐ近くにヘリコプターの離発着基地が新たに6箇所作られようとしています。これに反対する住民の座り込みが昨年7月から続いています。「ヘリパッドいらない住民の会」の方から集会参加者へ電話メッセージが届きました。「座り込みは200日をこえた。4000人以上の人がヤンバルを訪れてくれた。また署名も2万を突破した。いつ工事業者が来るか、いつ防衛局が来るか神経をとがらせているが、学習会など重ねながら、このヤンバルが戦争につながらないようにがんばっている」。辺野古からも平和市民連絡会の方から電話メッセージが届きました。昨年4月から強行されているアセス法違反の事前調査、これとの粘り強いたたかいが続いています。
画像

 キャンプ座間(神奈川県)への米軍第一軍団司令部移駐に反対して、毎週水曜日に「キャンプ座間」バス停で座り込みをしている「バスストップから基地ストップの会」からもアピールがありました。「昨年11月、司令部発足の日にも、わたしたちの街を戦争の指令をだす街にしてはいけない!と呼びかけ、デモをした。意志を持った市民の行動に米軍は敏感だ。皆さん、座間にも来てください」。
 さらに、2月10日の市長選に向け、米軍の艦載機移駐にNO!をたたかう岩国市民のたたかいに連帯しよう!と岩国へのカンパが訴えられました。

 戦争につながる基地をなくそう!という沖縄の思い、私たちの願いは日米政府によって日々打ち破られています。基地の強化は、自然を破壊し、住民の生活を破壊し、労働者の権利を破壊しています。しかし、昨年11月、基地で働く労働者(全駐労)が賃金カットに反対して全国統一ストに立ち上がりました。世界的にも労働者がストライキで闘って攻撃を押し返しています。本当に基地をなくし戦争をとめていくために、全国の労働者・労働組合がこういう問題にもっともっと取り組んでほしいと強く思いました。
画像


 2月7日(木)には、高江の住民がヘリパッド建設反対の国会請願署名の提出に来られるそうです。その夜、6時30分から「ヘリパッドはいらない東京集会」(主催:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック、共催:「ヘリパッドいらない」住民の会)が、全水道会館4Fで予定されています。





画像

1月24日午前10時すぎ、神奈川県の横須賀基地からインド洋にむけて海上自衛隊の護衛艦「むらさめ」が出航しました。「給油は戦争だ!」「インド洋に行くな!」「自衛官は派兵を拒否して闘おう!」「労働者も連帯して闘うぞ!」と訴えて、早朝から神奈川県連絡会などの皆さんと一緒に抗議行動に立ちました。

画像

これはJR横須賀駅の看板です。

画像

駅前にある海軍カレー「スカレー」のマスコット。

朝7時半から最寄りのJR横須賀駅前で抗議のビラまきを行いました。通勤の労働者が学生、児童が次々とビラを受け取っていきます。

画像

「むらさめ」などが目の前に見える臨海公園に出ると、右翼団体などが「日の丸」を掲げて「激励行動」をやっていました。

画像

右翼の妨害を許さず、私たちは抗議のシュプレヒコールを続けました。

画像


画像

石破防衛大臣など幹部を乗せた輸送ヘリが次々と目の前にやってきて着陸します。

画像

午前10時すぎ、「むらさめ」(101と書いてある)が動き出しました。手前の護衛艦の甲板の先端には自衛官が整列して「お見送り」をしていました。

画像


画像

緊急の抗議行動で15名ほどの参加でしたが、冷たい強風が吹く中、3時間の抗議行動を貫徹してきました。本当に自衛艦の目の前での行動なので、多くの自衛官やその家族に抗議の声が届いたと思います。報道に寄れば、派兵恒久法案の制定に政府も動き出したとされています。自衛隊をイラク・インド洋から完全撤退させるまで、断固闘い続けたいと思いました。




↑このページのトップヘ