とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

新潟からのお便りです。
*******
2月12日に行われた今年の2.11闘争は、吹雪の中での街宣活動、西川重則さんを講師に迎えての「2.11集会」への参加、引き続いて西川さんとの交流会までの終日闘争になりました。

10年以上続いている「2.11リレートーク」街宣(2.11集会実行委と百万との共催)は、吹雪の中にもかかわらず、今年も合わせて15名余の参加を得て賑やかに行いました。
1-IMG_1742
街宣に続いて、日本キリスト教団新潟教会で「2.11思想信教の自由を守る集会」(主催:2.11集会実行委員会)が開催されました。今年の講師は百万人署名運動の事務局長でもある西川重則さんです。
集会は教会の青年たちによるバンド〝アフロでおろおろ〟の演奏で始まりました。アフロヘアで時事ネタをラップ調で演奏する彼らの存在は、集会に花を添えてくれるだけではなく、未来への希望となっています。
2-IMG_1764
西川さんの演題は『戦後73年の〈2.11〉にあって、日本国憲法に習熟しよう』です。西川さんは冒頭に、自身のお兄さんが24歳のときビルマ戦線で斃れたことによって、「なぜ戦争に行かなければならなかったのか?」と自問することが、自身の反戦思想の原点であることからお話しを始められました。

西川さんが口癖のようにおっしゃる「日本国憲法に習熟しよう」とは、ただ単に、現憲法を礼賛しているからではありません。そのことは、第一条の天皇条項が一番の問題であることを強調されておられることで明らかです。その真意は、改憲反対派が現憲法を武器として改憲派との闘いで活用すべきだという意味とともに、アジアへの侵略の歴史、加害責任が憲法成立の背景にあることが忘れられていることへの警鐘として発せられておられるのだということが、改めて分かりました。
3-IMG_1776
そしてまた、講演でも強調されていた「戦争は国会から始まる」という持論は、西川さんの代名詞でもある18年間にわたる国会傍聴の経験から得たものであるだけではありません。傍聴闘争のエネルギーの源泉は、1930年代の帝国議会における、軍部の圧力で反戦思想や言論が締め出されていった歴史を繰り返してはいけないという強い念(おも)いからくるものであることです。

西川さんは3年前にもこの集会の講師として招かれ、その時と特段変わったお話をしているわけではありませんが、「改憲国会」への危機感と怒りを感じさせる講演内容でした。

講演に引き続いて、会場を教会の1階に移して、百万人署名運動主催で西川さんとの交流会を持ちました。事務局から、講演でもお話しされた東京・文京区役所へのミサイル避難訓練反対の申し入れ行動の闘いに倣って新潟でも行いたいと提起しました。新潟は「北朝鮮」から発射したミサイルの軌道予想圏内ということで、この間二度、Jアラートが鳴り響きました。このことについて参加者に意見を伺うと、皆さん口々に「意味がない、役に立たない」「狙いは別にあるのでは?」と言い、小学校でも訓練が行われたというという話が続々と出てきました。
 百万・新潟としてもアラートやミサイル避難訓練反対の要請行動や朝鮮戦争を許さないための学習会に取り組んでいきたいと思います。(新潟県推進委員会 坂井)

2月9日(金)の昼休み時間帯(正午~13時)に、文京区役所前で街頭宣伝を行いました。文京区も主催者となった1月22日(木)の「ミサイル避難訓練」から2週間は過ぎましたが、ミサイル避難訓練に危機感を持った人、参加した人などと出会えればいいなあと思いながら、新しく作ったばかりのリーフを配り、マイクでアピールしながら「戦争するな!9条変えるな!署名」を呼びかけました。
5-10-CIMG0198
風が強く、横断幕を体に縛り付けての訴えです。この横断幕を目にして、リーフを受け取ったり、署名をしてくれる人が多かったように思います。
2-05-CIMG0171
1-03-CIMG0166
若い人(中学生でしたが)が熱心に話を聞いてくれ、リーフを読んでみると言ってくれました。
うれしい限りです!
4-09-CIMG0189
自らも街頭でアピール活動をしているという人は、「ここでもっと頻繁にやってほしい。あっちでもこっちでも戦争反対、改憲反対の街宣をやっているというようになるといいね」と言っていました。
本当にそうだなと思いました。
1-11-CIMG0199

1時間余の街宣のあと、目の前の建物の中にある文京区職員の労働組合を訪ねました。1.22「ミサイル避難訓練」当日の様子を少しお聞きしたかったのと、ぜひ組合として反対の決議を上げてほしいと思ったからです。

対応してくれた執行委員の方は、とても丁寧に私たちの質問に答えてくれました。ただ、「区の方針に協力できませんと言うことは組合としてできないのではないか」という返答でした。

でも、今回のことをきっかけに組合の中で議論はしていきたい、本当に安全を守るためだったら、こういうのではなくて戦争をしないような国にしていこうと下から積み上げていきたいと語っていました。

組合事務室には日本国憲法「前文」を大きな額縁に入れて掲げられてありました。執行委員の方は、「われわれは役所に入るときに、憲法を守りますと宣誓するのです」と言っていました。なるほどー、その原点を常に自覚するために掲げているんだと思ったら、それはそれで感慨深かったです。(S)



Jアラート避難訓練に反対するリーフをつくりました。B4用紙を二つに折って配ります。2色刷り用と単色用があります。ご活用ください。

pdfファイルのダウンロードは、カーソルをニュース面に合わせ、右クリックで「名前を付けて保存」でお願いします(microsoft edgeの場合)。

アドビリーダーなどで開いてプリントしたほうが実寸でプリントできます。その際、用紙のサイズに「合わせる」ではなく「実際のサイズ」を選んでください。






2月の第一月曜日(2/5)夕方、18時30分~約1時間、定例の防衛省前抗議行動が行われた(主催は辺野古への基地建設を許さない実行委員会)。前日の名護市長選での稲嶺進現市長落選の結果を受け、厳しい現実を受け止めながらも「決して、あきらめない!」と辺野古新基地阻止への決意を誓い合った。
3-DSC04481
約120名が駆けつけ、防衛相や安倍首相宛に辺野古工事中止を申し入れた。
2-DSC04483

それにしても、なんという汚いやりかただろうか。
翌日の新聞に「名護市に交付金再開へ」という見出しが。
1-2月6日朝日
                      (2018.02.06付朝日新聞)
政府は在日米軍再編への協力に応じ自治体に「再編交付金」を出していて、辺野古基地の受け入れに反対していた稲嶺市長のときはこの交付を停止していた。その額は8年間で約135億円とのこと。「米軍基地を受け入れれば金をやる」とばかり、国が自治体を買収しているのだ。なんという悪政か、その卑劣さに改めて怒りが沸いてくる。

沖縄の現実は、私たち日本社会の現実そのものだと思う。怒り、悔しさを闘う力にするために、本気になって考え、力を合わせよう!(S)




岐阜からのお便りです。
* * * * * * *
通常国会の予算委員会で改憲などの質疑がなされる中、1月30日(火)午後2時から約1時間ほど、JR岐阜駅北口で署名活動を行いました。
20180130岐阜街宣1
参加者は4人。一人がマイクでアピールし、残り3人でビラを配りながら、署名協力を呼びかけました。何の活動か一目で分かるよう、ノボリ旗を立て、新しく作ったプラカードを署名板の前に取り付け、道行く人々に訴えました。
1-20180130岐阜街宣9
平日に休みが多い労働者の仲間に合わせて署名活動の日程を決めているので、土日に比べると人通りは少なかったのですが、この日はさらに風が強くみんなポケットに手を入れているため、ビラを受けとってもらうのがなかなか大変でした。
1-20180130岐阜街宣3
「寒い中ご苦労さん。頑張ってください」と署名してくださる人がいる一方、「国防をどうするんだ!」という反応をする人もいました。手応えのある署名活動でした。(岐阜連絡会 M)

↑このページのトップヘ