とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

遅くなってしまいましたが、8.6ヒロシマ大行動、6日早朝の集会&デモに続いて、昼からの集会&デモにも参加したので報告します。コロナ感染拡大の中で参加できない人も多くいたようですが、12時30分から広島県立総合体育館小アリーナで開かれた「被爆77周年、8・6ヒロシマ大集会」には400人を超える労働者、市民、学生が参加しました。
広島0

集会は、早朝の岸田首相の式典参加弾劾行動を闘いぬいた勝利感をもって始まりました。「岸田は帰れ!」「安倍の国葬反対!」のデモコールが、平和式典の会場に鮮明に聞こえたとの報告がありました。
開会あいさつで、大行動共同代表の室本さんは岸田のことを「広島を語って、広島を殺す、最悪の政治家」とするどく弾劾され、地元広島の怒りの大きさを感じました。被爆2世の中島さんも「岸田は国葬をやって安倍のやったことは偉大なことなんだとして、来年のG7「平和の祭典」に広島の被爆者を動員しようとしている。広島を戦争翼賛、核戦争翼賛にもっていこうとしているのだ」と強く弾劾しました。そして、「国葬反対、G7反対を大きく闘っていこう!」と訴えました。
広島5

主催者を代表して、大行動・事務局長の宮原さんから基調提起がありました。宮原さんは今年の8.6ヒロシマ大行動について「これまでとは全く違う情勢の中で迎えた」と言われ、それについて、①ウクライナ戦争はロシアと米欧の戦争として激化すると同時に、対中戦争を見据えた戦争として発展し世界戦争の始まりとなっている。アメリカの対中戦争計画は、始めから核戦争として計画されている。②こうした情勢の中で、岸田政権が改憲と大軍拡、核ミサイル配備という戦争国家化に向けた準備にと突入している。こうした中での8.6だと訴えました。そして、今日の闘いを出発点に、改憲・大軍拡・核ミサイル配備の岸田政権打倒!中国侵略戦争阻止・核戦争阻止の全国闘争として来年5月のG7広島サミット粉砕の闘いを実現しよう!自国政府の戦争と真っ向から闘っていこうと呼びかけました。

集会では、福島、沖縄からもアピールがありました。また、長崎の被爆者、宮古島(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)からのメッセージも紹介されました。トルコ、アメリカ、韓国、ブラジルなど海外からもメッセ―ジが寄せられました。

また、闘う労働組合から、関西生コン支部、動労千葉、広島教職員100人声明、日教組奈良市、広島市自治体労働者、愛媛県職労など発言も続きました。地元の広島大学学生自治会からもアピールがありました。
8.6ヒロシマ大行動が全国の人々によって担われていること、世界に通用する闘いであることを感じました。
広島6

集会後、元気よく広島市内デモに出発。

広島8
広島9
広島7

平和資料館前で、全体が合流してシュプレヒコール。広島をはじめ、全国での闘いを誓い合いました。(S)

広島10


8.6ヒロシマ大行動に参加しました。当日朝の原爆ドーム前集会~デモの様子を報告します。

8月6日(土)、朝7時前、広電「原爆ドーム前」に降り立つと、すでに平和公園のドーム前入口には多くの人々が行き交っていました。公園の中に入ると、7時からの原爆ドーム前集会に参加しようとする人々もすでに多くが集まっていました。右翼の妨害と対決して集会場所を確保するため早朝から集まっていたのです。蝉の音と8.6アピールのマイク音と右翼の妨害マイク音が鳴り響く中、集会に参加しました。
1-広島14
原爆ドーム前に「ヒロシマの怒りで改憲阻止」「国際連帯で核と戦争なくそう」という大きな横断幕を掲げて、7時からドーム前集会がスタート。
広島15

主催団体の8.6ヒロシマ大行動実行委事務局長で被爆3世の宮原亮さんは「改憲・戦争を進めてきた安倍の国葬を強行し、アメリカと一緒になって中国への侵略戦争・核戦争をやろうとしている岸田が記念式典に出席することなど許さない。被爆者の思いを体現して岸田弾劾のデモをやろう!」と呼びかけました。

被爆2世の中島健さんは「岸田政権は、戦争反対・核戦争反対の被爆者に核容認を迫ろうとしている」と弾劾し、アメリカの核を批判しない岸田の「核廃絶」を批判しました。

全学連委員長で沖縄大学の赤嶺知晃さんは「米下院議長ペロシの台湾訪問で軍事的緊張が一気に高まり、沖縄にいつミサイルが落ちてきてもおかしくない状況になった。岸田は来年のG7広島サミットで広島から核戦争の準備を始めようとしている」とアピール。
長崎の被爆者・城臺美彌子さんからのメッセージも紹介されました。
広島11

さらに、全国から参加した労働組合や市民団体からもアピールが続き、最後に「8・6ヒロシマアピール2022」が」読み上げられ全体で確認しました。
8.6アピール
8時15分に黙とう。再び戦争を繰り返させない!
平和公園を軸に被爆死させられた多くの人々に思いを馳せました。
黙とう後、デモに出発。

広島1
広島2
平和公園を出て、岸田首相が発言する時刻に合わせて、ひと際大きな声でシュプレヒコール。
「岸田の式典出席弾劾!」「核戦争準備をやめろ!」「安倍の国葬反対!」
広島3
このデモコールに対し、「静かに」「慰霊の日」「静かに祈ろう」というブルーの統一プラカードやノボリ旗を掲げてデモの横をついてくる一団がありました。昨年ほどではありませんでしたが、日本会議系と思われる人々が今年も跋扈していました。

「式典中は静かに」と思う人もいるでしょうが、二度とヒロシマを繰り返さない、戦争を繰り返さないためには、核兵器禁止条約に反対し、南西諸島へのミサイル配備を強行し、自衛隊明記の改憲や防衛費倍増を明言している岸田首相の平和式典への参加に強く抗議せざるを得ません。戦争に突き進む政府に対し被爆地ヒロシマだからこそ「二度と核戦争をするな」と大きな声で抗議するのは当然です。私たちは声を上げ続けました。(S)
広島4

安倍元首相が旧統一教会に恨みを懐いた青年の銃弾に倒れ、そのことによって、自民党安倍派と旧統一教会のどす黒い関係が暴かれています。その腐敗した実態に驚き、またこうした勢力によって戦争政治が押し進められてきたことに改めて怒りが湧きます。
戦後77年の8月(8.6ヒロシマ~8.9ナガサキ~8.15敗戦)を迎え、戦争への道を今度は絶対に許さないという思いを新たにしていきましょう。

『百万人署名運動全国通信』8月号ができましたので、紹介します。
1面は、納得がいかない「アベの国葬」に反対の世論を大きくつくりだし、岸田政権の改憲・戦争への道を阻止しようという呼びかけです。
2975
2面は、「国益」と「排外」に憲法は屈するのかをテーマに、1995年以来27年続いている「8.15労働者市民のつどい」への参加呼びかけです。今年は14日の日曜日に東京・世田谷区の烏山区民会館ホールで午後1時から開かれます。8.15集会実行委の代表呼びかけ人の葉山岳夫弁護士に寄稿していただきました。
3面は、1945年の敗戦時に小学3年生だった野田隆三郎さん(岡山大学名誉教授)に、戦後77年を迎えて今訴えたいことというテーマで寄稿していただきました。野田さんは、大学の軍事研究に反対して粘り強く活動されています。
2974

4-5-6面は「マイナンバーカード」問題です。
いま、政府上げて推進している「全住民にマイナンバーカードを持たせ、利活用させる」というとんでもない目論見について、共通番号いらないネットの原田富弘さんに強烈に批判していただきました。
2973
2972
2971
7面は各地からのお便り、8面は8月のインフォメーションです。

小さな通信ですが、今号も中身がぎっしり詰まっています。ぜひご一読を!!!


★「全国通信」購読のお願い

『百万人署名運動全国通信』は、毎月1回発行されていています。
改憲・戦争反対の運動に役立つようにと毎回4-5面で特別企画(インタビュー記事)に取り組んでいます。A4で8頁、100円の小さな通信ですが、ぜひ定期購読をお願いします。

購読料は、カンパも含めて年間3000円/1口の賛同金としてお願いしています。
「とめよう戦争への道!百万人署名運動」はこの賛同金で運動を継続しています。ご理解いただきご協力をよろしくお願いいたします。

賛同金の振込先(郵便振替)
   口座番号  00150-1-410561
   加入者名  百万人署名運動
 *備考欄に「賛同金として」とお書きください。

★なお、ご希望の方には、宣伝紙をお送りします。
このホームページの右枠内の「メッセージ」欄より、送り先をご連絡ください。


7月30(土)~31日(日)に青森県下北半島の大間原発建設地で3年ぶりで行なわれたオオマグロック・第14回大間原発反対集会&デモに参加してきました。
2020年、2021年とコロナで中止され、今年は7月30~31日の開催にこぎつけましたが、しかし、日本全国コロナ蔓延状態でした。開催できて主催者は本当に良かったと言っていましたが、参加者も同じ気持ちでした。
6-メール織田翔子さん7.31大間[22354]

7月30日は、実は大間のイベント参加組と「核」半島ツアー組と分かれて行動しました。私はツアーの方に参加したので、主にその報告をします。

第一日目~下北「核」半島ツアー
1-写真①

30日朝10時30分に八戸駅集合。参加者はNAZEN東京や百万人署名運動(東京・宮城・福島)、経産省前テントひろばの仲間、反核反原発を闘う仲間、福島の黒田節子さんも参加され、合計14名。この他、ガイドは六ケ所村村長選挙に立候補した山田さん。マイクロバスの運転手さんは南部バス労組委員長の間山さん、世話役はたんぽぽ舎(青森)の小熊さん。(コロナ感染で3名が不参加できず)

出発。ギンギンの天気。三沢基地→六ケ所村→と進む。

山田さんは走り始めるやすぐ、7月2日に起こった六ケ所村の「高レベル放射能廃液の冷却不能8時間問題について」、プリントで説明してくれました。
要するに、冷却しなければならない放射性廃液が8時間冷却できず、高温になり、重大事故にもなる可能性があったということです。

<三沢基地>
その後、三沢基地に向かいました。ここには米空軍のF16戦闘機40機やP8A対潜哨戒機等、自衛隊はF35戦闘機27機等々が配備されていて、戦闘機の爆音で、周りの村落が移転を余儀なくされたそうです。台湾有事で三沢基地の米軍・自衛隊の「重要性」が増していること、津軽海峡は国際海峡で、ロシアや中国の艦船、米の艦船の航行が激しくなっているとのことでした。
時間の制約で、地図上の施設を車を降りて「見学」するということにはならず、用意してくれた資料で三沢基地の概要を知ることができました。

六ケ所村に向かう過程で、この辺りが昔の斗南藩の領地であったことを知り、ツアー参加者には黒田さんほか会津出身者がいて、バスの中で、ひとしきり会津藩と斗南藩の関係についての話になりました。会津を追われて斗南藩に移らされた会津の武士たちがいま原発にさらされているのはつらいという話にもなりました。
斗南藩と原発.png

<六ケ所再処理工場>
ここでは、工場正門前で車を降りましたが、工場の門のところまで行くと警備員が出てきて、門前も工場内敷地ということで人を近づけさせませんでした。それで、「六ケ所原燃PRセンター」に行き、そこで「原子力サイクル施設」についての説明を山田さんから受けました。六ケ所の場合も東通りの場合も、PRセンターの1階は子ども用の遊び場になっています。

●六ケ所施設配置
3-六ケ所施設配置

●再処理工場とはなにか。

原発で発電に使った「使用済み燃料」=使用済み燃料棒には燃え残りのウラン、プルトニウム、「死の灰(核分裂生成物)」が含まれているので、その中のプルトニウムを再び原子力発電で再利用しようと「核燃料サイクル」計画をたてて、「核燃料再処理工場」を六ヶ所村に建設したわけです。プルトニウムは使用済み燃料に約1%含まれていて、六ヶ所再処理工場は1年間で約800トンの使用済み燃料を処理し、約8トンものプルトニウムを分離をしようとしています。

六ケ所村には、ウラン濃縮工場、再処理工場、低レベル放射性廃棄物埋設センター、高レベル放射性廃棄物センター、MOX燃料工場があります。1993年に着工し、1997年に完成する計画でしたがトラブル続きで、いま現在、完成していませんし、前日7/29の新聞報道では、いつになるかわからない状態です。
2-山田さんの説明きく
1-7.29新聞記事

そのあと、東通原発(東電と東北電力の二つの原発建設)のある東通村の役場の傍を通りましたが、原発資金で建てた村役場には驚かされましたし、小・中統合校も大きくて立派な校舎でした。実際には雨漏りの類の破損個所がたくさんあって、その修理が滞っている現状なのだそうです。村の困難につけ込んだ原発推進の「思想の貧困」を感じさせられました。
(東通村役場)
東通村役場

むつ使用済み核燃料中間貯蔵施設を通り、「原子力船むつ」(出航してすぐ失敗→漂流→関根浜に繋留、その後、廃船)が昔あった関根浜をその上の土地から眺めながら、原子力船むつ反対闘争の経験を聞きました。間山さんはその闘争の経験者でした。核関係の施設の周りはほとんど電力会社の土地なのですが、その土地は住民の地主共有地でした。

17時頃、町役場前の「開発センター」に到着。ここで、「大間でTalk Night/2022」に参加して第1日目が終わりました。

第二日目~大間現地集会&デモ

朝9時に宿を出発。大間原発の全体が見える高台から立地・概要をつかみました。大間原発は建屋だけができたけど、中にいれる原子炉など一切が設置されてないので、函館市は行政として「大間原発建設差止訴訟」をやっています。1976年に計画が発表され、2008年に着工しましたが、2022年3月の原電発表では「いつ完成するか未定」ということです。大間の住民とあさ子ハウスが阻止していることは明白です。
あさ子ハウスasako.gif

原発建屋の前に陣取る「あさ子ハウス」を尋ねて、アジサイの咲く庭で、朝のコーヒーなどを飲みながら小笠原厚子さん(熊谷あさこさんの娘さん)と小笠原ななさん(あさ子さんのお孫さん)と交流し、集会会場に向かいました。

<第14回 大間原発反対現地集会>
集会は大間原発敷地に隣接する反対派住民・地主共有地で行なわれました。コロナの影響もあって、参加人数200人くらいでしたが、発言者はみなさん今日の情勢下の中で、あきらめずに建設阻止で闘おうという気概にあふれていました。
4-メール7.31大間集会①[22347]

中道雅史さん(大間原発反対現地集会実行委員会・事務局長)のシュプレヒコールで始まりました。発言者は以下の通りです。
・佐藤亮一さん(大間原発に反対する会)
・竹田とし子さん(大間原発訴訟の会)
・今村修さん(大間原発に反対する地主の会)
・中野宏典さん(大MAGROCK/弁護士■大間原発訴訟弁護団)
・黒田節子さん(反核女塾)
5-メール黒田節子さん7.31大間[22350]
・土屋聡さん(女川から未来を考える会)
・前川祐子さん(経産省前テントひろば)
・織田翔子さん(すべての原発いますぐなくそう!全国会議=NAZEN)
・藤井俊宏さん(後志▼原発とエネルギーを考える会)
・栗橋伸夫さん(なくそう原発▲核燃・あおもりネット/さいクリニック)
・大竹進さん(核の中間貯蔵はいらない下北の会)メッセージ コロナ感染
・粕谷克幸さん(函館市議・日本共産党)
・道畑克雄さん(函館市議・立憲民主党)
・奥村柴さん(青森県労働組合総連合)

・集会アピール 高橋泰助さん(バイバイ大間原発はこだてウオーク)
・終わりに 古村一雄さん(核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会)

・デモへ! 
 シュプレヒコール 「大間原発反対!大間の豊かな海を守ろう!大間原発反対!建設をあきらめろ!」

(報告:百万人署名運動 T)

7月30日(土)11時から12時半まで、ルミネ池袋前で、東京北部連絡会の街宣を行いました。この日の東京はたいへんな暑さで、練馬(アメダス)の最高気温は35.3℃でした。

池袋3
参加人数は9名でいつもより多めでしたが、獲得できた署名数は「改憲反対」3筆、「INF配備反対」6筆の計9筆でした。猛暑のためかコロナ感染第7波のためか、人通りはふだんの半分程度かそれ以下だったように感じました。
参加者はマイク、署名板、ボードを持ち、それぞれのやり方で署名を呼びかけ、署名への協力と安倍元首相の国葬反対を訴えました。
池袋5
マイク・アピールでは、国葬が法的根拠を欠き国会での議論もないまま閣議決定されたことを批判するとともに、安倍元首相の許しがたい所業の数々を指摘し、国葬など絶対に認められないことを強調しました。閣議決定による憲法解釈の変更と安保法制の成立強行、「モリ・カケ・サクラ」の追及を逃れるための公文書の破棄・改ざん・隠蔽と国会での虚偽答弁、そして何よりも赤木俊夫さんの自死、憲法53条に基づく国会開催要求の無視、大ウソをついての五輪誘致とコロナ禍の中での開催強行(開催時は菅内閣でしたが)など、安倍の犯してきた悪事には限りがありません。経済政策=アベノミクスも外交もコロナ対応も失政の連続でした。それにもかかわらず、首相退任後も自民党最大派閥の領袖として改憲や軍拡を叫び続け、日銀は政府の子会社だなどとトンデモ発言を連発していました。

池袋2
私たちのアピールを聞きボードを見て、署名板を持つ参加者に歩み寄り「『国葬反対』の署名はないんですか?」と声をかけてくる方が何人かいらっしゃいました。世論調査を見ても、税金を使った安倍の国葬に反対という声は日に日に高まっているように思います。銃撃死によって旧統一教会と安倍をはじめ極右政治家との根深い癒着がいまあらためてクローズアップされていることが大きく影響しているのでしょう。

街宣のあと、連絡会の年1回の総会を開きました。今年はコロナ禍で講演会を企画しなかったこともあり参加者は少なめでしたが、これからも月2回の街宣を継続していくこと、連絡会として区長や区教委、区の労働組合に国葬反対を伝え、弔意の強制など絶対に行わないよう申し入れることなどを確認しました。(東京北部連絡会 G)

街宣で撒いたビラです。
(大行進・東京北部実行委ビラ)
アベ「国葬」反対大行進北部ビラ-1

(8,15労働者市民のつどい実行委のラ)

1-814

↑このページのトップヘ