とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

6月20日に、品川にある東京入管包囲デモに参加しました。この日は「世界難民デー」で、日本に難民として逃れてきた人々や外国人労働者を不当に収容し続ける東京入管に「直ちに仮放免しろ」「強制送還するな」と抗議し、収容所の中にいる人々を激励しようと、「外登法・入管法と民族差別を撃つ全国実行委員会」と「合同・一般労組全国協議会」「東京労組交流センター」の共催で呼びかけられ、約150人が参加しました。
1-CIMG2868
午後6時40分ごろ、JR品川駅近くの東八ツ山公園からデモはスタート。東京入管まで約40分くらいでした。品川駅近くの沿道には退勤時の多くの人々が行きかっていましたが、この日が世界的な「難民デー」であることや、東京入管収容所でのひどい人権侵害について知っている人は、たぶんほとんどいないのではないかと思いました。
1-CIMG2874
6月20日の「世界難民の日」は、難民の保護と援助への関心を高めるために2000年12月の国連総会で決められました。「難民」とは、「人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会的集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるかあるいはそのおそれがあるために他国に逃れた人々」と定義され、今日的にはさらに、「武力紛争や人権侵害などを逃れるために国境を越えて他国に庇護を求めた人々」を指すようになっています。
日本は、1981年に「国連難民条約」を批准しましたが、難民申請者をほとんど認定せず(認定率は1%以下)、受け入れを拒否し、強制送還か許可が出るまで期限のない収用を続けているという現状です。

シュプレヒコールでは、「長期収容をやめろ、病人に医療を保障しろ!」「食事の量を増やせ、人間らしい食事を出せ!」と繰り返されていました。
1-CIMG2873
3-CIMG2876
東京入管に着くころにはもうすっかり暗くなっていました。
5-CIMG2901
2-CIMG2897
すぐ目の前中央の刑務所のような建物が東京入管センターです。
4-CIMG2894
収容者の目に見えるようにペンライトを振りながら、「家族を返せ!友だちを返せ!」「仮放免を出せ!」と訴え、収容所の大きな建物の周りを2回まわりました。
厚い壁を通して、一つの方面からは男性たちの唸るような声が聞こえ、他の方面からは女性たちの叫ぶ声が聞こえました。確かな交流を感じながら、どうすることもできず苦しい気持ちになりました。

後ろ髪を引かれるような思いで近くの公園で小集会。
茨城県の「牛久入管収容所問題を考える会」の田中喜美子さんは「牛久入管にはいま318人が収容されているが大半が長期収容者だ。中には5年になる人もいる。不当な人権侵害に抗議し仮放免を認めろとハンストが続いている。」「彼らは難民申請者であり、犯罪者ではない!技能実習生も実習先で被害を受けた被害者だ!」と国のやり方を徹底弾劾しました。
6-CIMG2903
また、動労千葉や全学連、収容者との面会活動をしている外国人学生団体からも連帯のアピールがありました。
こうした地道な支援活動の重要性を感じながら、やはり、日本の労働者市民がもっとこの現実を知り抗議の声を上げていかなければと思いました。(S)

この日配られた「牛久入管収容所問題を考える会」のリーフを紹介します。


リーフ2


リーフ1



6月19日(水)午後6時30分~8時近くまで、国会周辺で「辺野古新基地建設は断念を!憲法審査会に自民党改憲案を「提示」させるな!参院選勝利!6・19国会議員会館前行動 」がおこなわれました。2015年9月19日の戦争法強行に抗議して、総がかり行動が呼びかけて始められた「国会前19行動」は45回目となりました。

この日は、今国会最後の19行動ということで、いつも以上の3500人が参加し、今国会での改憲発議を阻止したことを確認し、何としても安倍政権を終わりにしよう、7月の参議院選挙を全力で闘おうと確認しました。

2-2-CIMG2852
1-1-CIMG2850
最初に、「安倍9条改憲NO!3000万署名」の追加分が119万筆余が国会議員らに手渡されました。

国会議員アピールの一番手は「沖縄の風」の糸数慶子さんでした。糸数さんは「もうすぐ6.23沖縄の慰霊の日がくる。何度も安倍首相が来て空疎なあいさつするが、「帰れ」コールを浴びている。沖縄に新しい米軍基地を造ることは戦争の準備です。再び県民を戦場に巻き込んで犠牲にしようとする安倍政権に心からNO!と言いたい。」と訴えました。
5-6-CIMG2863
そして「今度の参議院選挙で徹底的に勝利すること、そのことが安倍政権を崩壊に追い込む第一歩だ」と強調し、「32の一人区で、野党と市民の共闘で『辺野古に基地を造らせないというのが政策の中に入りました。本当に県民にとってうれしいことであり、何としても勝利したい」と訴えました。

糸数議員自身は、今回「沖縄では平和の一議席を憲法が専門の髙良鉄美さんにバトンタッチをする」が、何としても当選して国会の中で闘ってもらいたい。辺野古を阻止し、改憲をとめよう、私も沖縄でがんばりますと挨拶されました。
6-7-CIMG2864

続いて、社民党の福島議員、日本共産党の井上議員、立憲民主党の小川議員らが発言。市民連合の山口二郎さんが、野党と13項目にわたって政策合意し32の一人区で野党統一候補が決まったことを報告、参議院選を全力で闘おうと訴えました。
さらに、TPP反対や女性差別反対、6.13群馬・前橋地裁での安保違憲訴訟の報告、とめよう辺野古国会包囲行動からの報告などがありました。(S)

発言はありませんでしたが、労組の旗が多くありました。
3-3-CIMG2856
4-4-CIMG2859


昨年の12月14日に辺野古の海に土砂が投入されてから、今月14日で半年が経ちました。
2月24日の県民投票で圧倒的な「埋め立てNO!」の民意が示されたにもかかわらず、安倍政権は問答無用と土砂投入を続け、県民の意志を暴力的に踏みつぶそうとしています。
こんなことは断じて許されません。

地元新聞記事より、現地の様子を紹介します。
(6月14日付、琉球新報より)
1-1906141
2-1906142

辺野古現地では、連日粘り強く抗議行動が闘われています。
4-1906143
(6月15日付、琉球新報より)
1-1906154

他方、普天間基地周辺では米軍機の夜間飛行やオスプレイの夜間訓練が繰り返されています。
「もう憤りを通り越している。何度、抗議しても防衛局は『米軍に伝えます』と言うだけで何も変わらない」(城原区・崎浜区長)

(6月15日付、琉球新報より)
6-1906152
5-1906151

(6月14日付、琉球新報より)
3-1906144

騒音による生活破壊、繰り返される米軍の事故、米兵犯罪、米軍基地によって危険にさらされている沖縄の現実への怒りを新たに、辺野古現地の闘いに連帯していきましょう!(S)

(6月15日付、琉新報より)

1906153


6月9日(日)午後、上野公園内の野外ステージで、国鉄1047名解雇撤回!関西生コン支部弾圧粉砕!闘う労働組合を甦らせよう!という労働者集会が開かれました。主催は「国鉄分割・民営化に反対し、1047名の解雇撤回闘争を支援する全国運動」(国鉄闘争全国運動)です。

2010年4月9日の政党・政府間での国鉄1047名問題の「政治決着」、これを国労本部など4者4団体が即受け入れ和解したことに対して、動労千葉は「国鉄分割・民営化反対闘争がこのような形で幕を下ろしてはならない」という声明を出しました。これを受けて労働運動関係者を軸に立ち上げられた運動体が国鉄闘争全国運動です。

この日はあいにく梅雨時の肌寒い日でしたが、全国から1430名の労働者市民が参加し、元気の出る集会となりました。
5-12-CIMG2790
呼びかけ人の鎌倉孝夫さん(経済学者)は開会のあいさつの中で「新自由主義が展開されて約40年になるが、非常に深刻な社会的な矛盾が噴出している。労働者の生活が破壊され人間労働が破壊されている。さらに「働き方改革」で、徹底的な人間の物化(ものか)が狙われている。資本主義的賃金奴隷制と言えるが、これは昔の奴隷制よりひどい。すべて「自己責任」だ。労働者の組織的団結と闘いによって国家と資本の支配を転換させていくことによってしか我々は人間として生きられないという局面に達している。この運動を確信を持って進めていこう」と訴えました。
1-01-CIMG2728
続いて、「内房線と地域を守る会」と「外房線と地域を守る会」、三里塚芝山連合空港反対同盟から連帯のあいさつがありました。
1-CIMG2732
闘う労働組合からの発言では、動労千葉から田中委員長、関西生コン支部から武谷書記次長、港合同から木下執行委員長がアピールしました。

田中さんは、関西生コンへの大弾圧を打ち破るために全力で闘おう、韓国の労働運動に学び共闘しよう、星野文昭さんへの国家権力の政治的殺人を弾劾しこの時代に通用する力を取り戻そうと訴えました。
国鉄闘争については、動労千葉では強制出向無効闘争に取り組むことと、JRに対し「最高裁決定に基づき団交開催・解雇撤回せよ」と闘い抜くと報告。30年余の闘いで、1047名解雇の基準策定にJR設立委員が関与していたという事実が暴かれました。「JRに法的責任なし」という最高裁決定の誤りが明らかになった情勢の中で、解雇撤回を求めて新たに申し立てた千葉県労働委員会闘争で、なんと千葉県労委は審理を拒否。「これは労働委員会の自殺行為だ」と裁判に訴えている最中に、申し立てを却下したのです。田中さんは、真実を闇に葬る攻撃を許さず、この闘いを推し進めると宣言しました。
1-CIMG2736
さらに、「いまJRは来年の4月1日をもって、運転手という職名も、車掌という職名も、それに伴う労働者の待遇もすべて廃止をすると言っている。これは、国鉄分割民営化のとき以上の歴史的な攻撃だ」と訴えました。「あのときだって、運転手は運転手だったし、駅員は駅員だったし、車両の検修係は検修係だった」と。「職場から労働組合を完全に抹殺することなんてなかった」と。
そして、今が歴史の正念場、改憲と戦争の道だけは絶対に許さない、非正規職だけの社会なんて絶対につくらせない、という全国的な運動をつくっていこうと呼びかけました。

特別報告にたった関生支部の武谷さんは、経営者に約束したことを守らせるためにしたストライキを「威力業務妨害」、建設現場における安全性を確保するためのコンプライアンス活動を「恐喝未遂」とされる。「もう、むちゃくちゃですわ」と言いながら、みんな元気に闘い抜いていることを報告されました。
また、不当逮捕のなか35人保釈をかちとっているが、あと6名の奪還を闘っている。保釈金カンパにぜひ協力をと訴えられました。
1-CIMG2749

港合同の木下さんからも、関西では関生弾圧を全力ではね返そうと取り組んでいることが報告されました。また、裁判傍聴の報告の中で、武健一委員長の法廷の証言で辺野古新基地反対と国鉄闘争を闘ってきたという関生の闘いに触れ、動労千葉・関生支部・港合同の3労組が国鉄闘争を軸に闘ってきた労働運動の意義を訴えました。
1-CIMG2752

韓国からも、鉄道労組の3人が来日して参加。鉄道労組ソウル地方本部本部長(下写真の中央)から熱烈な連帯アピールがありました。
1-IMG_20190609_143121

そのあと、JR労働現場からの発言などたくさんありました。(力尽きて詳しく報告できずすみません)
また、特別報告として星野文昭さんを取り戻そう全国連絡会議共同代表の戸村裕実さんから、星野文昭さんの無念の死を悼み、「星野文昭さんを死に至らしめた国家の罪責を絶対に追及する。星野さんの再審無罪を必ずかちとる」との訴えがありました。

この日の午前中に結成を勝ち取って集会に参加した「コンビニ関連ユニオン」も登壇。河野委員長は「オーナーも、配送ドライバーも、工場でお弁当を作っている人も、コンビニ関連で働くすべての労働者の団結をつくるのはコンビニ関連ユニオンです!私は、国鉄闘争に学んでコンビニ職場で闘いを始めた。星野文昭さんは言っていました、人間が人間らしく生きられる社会をつくろうと。そのために7.11時短ストへ向けて、全力を尽くします!」と力強くアピールしました。
6-20-CIMG2823
杉並区議に初当選した洞口朋子さんも地域の仲間と共に登壇しアピール。
1-CIMG2827
全学連からも、京都大学や広島大学での不当な逮捕攻撃をはね返して、学生運動を闘い抜くという決意が表明されました。

こうした闘い、運動がもっともっと多くの人々に知られていくように、そして、さまざまな闘い・運動とつながって新たな力となれるように、百万人署名運動ももっと力をつけていきたいと思いました。(S)

6月5日、JR田町駅近くの港勤労福祉会館で関西生コン弾圧についての学習会(主催:現代の治安維持法と闘う会)がありました。関西生コンにかけられた延べ56人に不当逮捕攻撃はとんでもない労組つぶし攻撃です。講師は関生弁護団の若手弁護士・中井雅人さんで、関生裁判の合間をぬって大阪から駆けつけてくれました。わかりやすい資料を用意してくれ、とても熱意のあるお話でした。
1-CIMG2711
関生支部の正式名称は、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部で、生コン産業やその関連産業で働く組合員で組織されています。産業別労働組合で、多数企業と複数組合で企業の枠を越えた産別労働協約の締結をめざして集団交渉をしています。

また、「協同組合運動」と言って、中小企業の経営者も組織し、地域ごとに湖東協(=湖東生コンクリート協同組合)とか大津協、大阪広域協などをつくって、セメントメーカーの大手ゼネコンとの交渉力をつけ雇用の確保や労働条件の向上をめざしています。

今回の弾圧は、こうした関生支部の組合活動に対して、「軽微な不備に因縁をつけ」たり、ビラまき行動やコンプライアンス活動、ストライキへの協力要請を「恐喝未遂」「威力業務妨害」としたり、現場にいなかった労組幹部も「共謀した」として逮捕・起訴したり…、組合活動を犯罪とするとんでもない大弾圧です。

実際には、関生支部をつぶそうとする生コン業界の反動勢力が仕組んでいるのですが、そこに排外主義グループも介入し、警察も検察も「組合つぶしを目的にしていることを隠さない」、「裁判所も労働組合を敵視している」とのこと。こんなことが許されていいはずがありません。

憲法28条
勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。


このかん、JR東日本は首相官邸と一体となってJR職場での労組つぶしの攻撃をかけてきています。これは鉄道業務を無数の子会社・孫会社にバラバラに外注化する攻撃と一体です(3月1日にはJR秋葉原駅が丸ごと外注化されました)。
中西経団連会長は「経済界は終身雇用なんてもう守れない」と公言しています。

財界と安倍政権は、労働者の怒りと闘いを圧殺して生き延びようとしています。そのために「労働組合の存在しない企業」「労働組合の存在しない社会」をつくろうとしているのです。

関生支部は、改憲・戦争に反対し、辺野古新基地建設に反対し、国鉄1047名解雇撤回を動労千葉と共に取り組み「闘う労働組合を甦らせよう」と全国の労働者に呼びかけています。
闘う労働組合を応援し、共に闘いましょう。(S)

国鉄闘争全国運動6・9全国集会
とき◆6月9日(日)午後1時開始 正午開場
ところ◆東京・上野公園野外ステージ(JR上野駅不忍口より徒歩5分、上野公園内)
呼びかけ◆国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動(国鉄闘争全国運動)

国鉄1047名解雇撤回! 運転士・車掌廃止- 分社化攻撃粉砕!
改憲と戦争の道を止めよう! 非正規職だけの社会にさせない!
関西生コン支部弾圧粉砕! 闘う労働組合を甦らせよう!

集会プログラム(予定)
●国鉄闘争全国運動呼びかけ人
  鎌倉孝夫(経済学者/埼玉大学名誉教授)
●闘う労働組合から
  国鉄千葉動力車労働組合
  全日建運輸連帯労組関西生コン支部
  全国金属機械労働組合港合同
●韓国・鉄道労組から
  ファンサンギル(鉄道労組ソウル地方本部本部長)
  イジョンギュ(総務局長)
●国鉄1047名解雇撤回闘争
  葉山岳夫(動労千葉顧問弁護団長)
  動労千葉争議団、動労総連合1047協議会
●運転士・車掌廃止- 分社化攻撃粉砕!
  動労千葉、出向無効確認訴訟弁護団
  動労水戸、動労総連合
●改憲阻止大行進の発展を
  改憲・戦争阻止! 広島教職員100人声明ほか

↑このページのトップヘ