とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

辺野古への基地建設を許さない実行委主催の今年最後の防衛省前抗議行動が、12月6日(月)に行われました。厳しい冷え込みの中80名ほどの人々が駆けつけ、沖縄県・玉城デニー知事が辺野古「不承認」を表明したことを受けて、防衛省に直接「辺野古新基地建設を直ちに断念せよ」と迫りました。
12062
沖縄からの電話アピールは、辺野古ゲート前・現場責任者の山城博治さんから。山城さんは「玉城知事がついに不承認の決断を下した。いよいよ責任は私たちにある。辺野古断念に追い込もう。90メートルの深海に軟弱地盤があることを明らかにしてくれた北上田毅さんの働き、戦没者の遺骨が混じった土砂を辺野古埋め立てに使うなという具志堅さんの訴えは150を超える自治体決議を生み出している。この二人の闘いに大きく敬意を表しながら、われわれは座り込みを継続します。この辺野古新基地建設はどのように考えても無理であり、できない。来年1月には名護市長選挙、秋には県知事選がある。政府のさまざまなたくらみを打ち破って勝利しよう。12月4日、辺野古ゲート前で800人の大集会をやった。いよいよ決戦の時、全国から辺野古ゲート前に結集して欲しいと訴えた。この闘いこそ、日本が戦争国家に向かうことをとめる最大の攻防戦です。みなさん、辺野古に来てください」と熱く訴えました。
12064
12063
この日も、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックなどいくつかの団体から「辺野古新基地建設を断念せよ」と強力に申し入れられました。
12061

来年1月の防衛省抗議行動は、定例の第一月曜日ではなく、4日(火曜日)です。
また、辺野古・県民大行動に呼応する新宿スタンディング(呼びかけ:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)は1月8日(土)です。午前11時~12時、JR新宿駅南口前

防衛省沖縄防衛局は12月7日、沖縄県の辺野古・設計変更「不承認」決定に対し、斉藤鉄夫国土交通相に不服審査請求を申し立てました。許せません。国民が国・行政に対して不服を申し立てる制度を、こんなふうに悪用して平然としている岸田政権に断固抗議しましょう!「不承認」支持の声を広げましょう。(S)
(12月8日付け朝日新聞より)
1-013




とめよう戦争への道!百万人署名運動の月刊紙12月号(A4版8頁)ができました。ご覧いただき、ぜひ定期購読をお願いします」。

(1面)

1-全国通信1
このページの下に、森の映画社・沖縄ドローンプロジェクト制作の『ドローンの眼2 琉球弧 戦争と平和の最前線』(A4版52頁、カラー、2021年9月発行。1000円)の紹介があります。辺野古・高江・浦添、馬毛島、奄美大島、宮古島、石垣島で進む軍事基地化の今がドローンの眼によって暴かれています。戦争への準備が始まっている現実とこれに必死に抗っている人々の闘いを知ることができる貴重な資料です。ぜひご一読ください。(百万人署名運動でも注文を受け付けています)

(2-3面)
11月7日(日)、日比谷野音で開かれた全国労働者集会と前日千葉で開かれた国際連帯集会の報告です。
2-全国通信2

(4-5面)
今号の4-5面企画は、「台湾有事」が叫ばれる今の時代をどう考えるかというテーマで軍事研究家でもある纐纈厚さんにお話を伺いました。

4-全国通信3

(6面)
6面は、沖縄関係です。ペテン的な沖縄返還協定粉砕を掲げて1971年11月10日に闘われたゼネスト、その50周年を記念して那覇市で行われた集会の報告と、遺骨が混じった土砂を辺野古埋め立てに使うなと訴える具志堅隆松さんの講演会(埼玉県)の報告です。

3-全国通信4
あと、7面は各地からのお便り、8面は集会等のインフォメーションです。
今号も中身がぎっしり詰まっています。ぜひご一読を!!!


★「全国通信」購読のお願い

『百万人署名運動全国通信』は、毎月1回発行されていています。
改憲・戦争反対の運動に役立つようにと毎回4-5面で特別企画(インタビュー記事)に取り組んでいます。A4で8頁、100円の小さな通信ですが、ぜひ定期購読をお願いします。

購読料は、カンパも含めて年間3000円/1口の賛同金としてお願いしています。
「とめよう戦争への道!百万人署名運動」はこの賛同金で運動を継続しています。ご理解いただきご協力をよろしくお願いいたします。

●賛同金の振込先(郵便振替)
   口座番号  00150-1-410561
   加入者名  百万人署名運動
 *備考欄に「賛同金として」とお書きください。

★なお、ご希望の方には、宣伝紙をお送りします。
このホームページの右枠内の「メッセージ」欄より、送り先をご連絡ください。


■星野文昭絵画展2021~誰もが人間らしく生きられる社会を~
とき◆12月2日(木)~5日(日)午前10時~午後7時(2日は午後4時~、5日は3時まで)
ところ◆仙台市生涯学習支援センター1F展示フロア(仙台市宮城野区榴岡4-1-8パルシティ内)
主催◆無罪を勝ち取る会みやぎ(tel.080-6044-5825)

■オスプレイいらない!土地利用規制法いらない!市民集会
とき◆12月4日(土)午後1時30分~集会、3時~パレード
ところ◆船橋市薬円台公園(千葉県船橋市薬円台4-25-19、新京成線「習志野駅」11分)
主催◆オスプレイいらない!習志野・八千代・船橋ネットワーク(tel.090-2248-8142金光)

■半田滋 講演会「台湾有事!どうなる日本」
とき◆12月4日(土)午後2時~
ところ◆クロスパルにいがた4F映像ホール(新潟市中央区礎町通3-2086)
講師◆半田滋さん(元東京新聞記者・防衛省担当)
主催◆講演会実行委〈呼びかけ:百万人署名運動、大行進〉(tel.090-4745-6761)

■政教分離の会オンライン学習会「天皇制と政教分離」
とき◆12月4日(土)午後2時開始
Zoom参加◆https://us02web.zoom.us/j/86170755912  ミーティングID:86170755912、パスワード不要(参加無料・カンパ歓迎)
講師◆木村草太さん(都立大教授)
主催◆政教分離の会(tel.090-9820-5527星出)

■老朽原発このまま廃炉!大集会inおおさか
とき◆12月5日(日)午後1時開会、2時30分~デモ
ところ◆うつぼ公園(大阪市西区靱本町、地下鉄・本町駅)
主催◆老朽原発うごかすな!実行委員会(tel.090-1965-7102木原)

■辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省抗議・申入れ行動
とき◆12月6日(月)午後6時30分~
ところ◆防衛省前(JR市ヶ谷駅7分)
申入れとリレーアピール
主催◆辺野古に基地はいらない実行委(tel.090-3910-4140)

■放射能汚染水「海洋放出」は許されない!院内ヒヤリング集会
とき◆12月7日(火)午後1時~事前学習会、2時15分~省庁ヒヤリング、4時15分~意見交換会
ところ◆参議院議員会館B109
主催◆経産省前テントひろば(tel.070-6473-1947)

■「戦争への道」を許さない!12.8北海道集会(オンラインあり)
とき◆12月7日(火)午後6時開会
ところ◆北海道自治労会館4F中ホール(札幌市北区北6条日7丁目)
講演◆半田滋さん「敵基地攻撃と日米一体化~踏み越える専守防衛」
主催◆集会実行委(tel.011-231-4157北海道平和運動フォーラム)

■辺野古新基地阻止!ミサイル配備粉砕!12.7防衛省抗議行動
とき◆12月7日(火)午後6時30分~
ところ◆防衛省前(JR市ヶ谷駅7分)
抗議行動前にデモあり。5時に法政大市ヶ谷キャンパス正門前に集合
主催◆改憲・戦争阻止!大行進実行委(tel.080-6053-1751)

■沖縄「チーム緑ヶ丘1207」とのリモート交流会
とき◆12月11日(土)午後2時~
ところ◆亀戸文化センター6F第3研修室(江東区亀戸、JR亀戸駅2分)
お話◆神谷武宏園長(緑ヶ丘保育園)
主催◆改憲・戦争阻止!大行進「チーム緑ヶ丘1207」支援プロジェクト(tel.03-5211-5415)

■関西生コン支部への弾圧はねのけろ12.12全国同時アクション
とき◆12月12日(日)
●福岡(14時:小倉駅前、アピール&デモ行進)
●大阪(14時:堀江公園、集会&デモ行進)
●名古屋(14時:栄三越西門、15時:栄クラシック西側)
●横浜(11時:横浜駅西口相鉄改札口前1F、リレーアピール)
●東京(13時:新宿アルタ前、リレーアピール&デモ行進)
●札幌(12時:紀伊国屋前、アピール行動)

■忘れない!忘れさせない!3.11フクシマ~学ぼう!福島の今
とき◆12月12日(日)午後2時~
ところ◆岩槻駅東口コミュニセンター多目的ルームC(さいたま市、ワッツ西館5F)
お話◆椎名千恵子さん(3.11反原発福島行動呼びかけ人)/ビデオ上映あり
主催◆埼玉反原発アクション(tel.090-4000-2756)

■オンラインセミナー「クーデターから10ケ月 ミャンマーの今~なぜ止まらない日本からの資金」
とき◆12月13日(月)午後7時~
申込み◆案内→https://foejapan.org/aid/doc/211213_myanmar.html/参加無料
共催◆FoE Japan、メコン・ウォッチ他(tel.03-3832-5034)

■講座「デジタル監視NO!国家と企業から個人情報を守るために」
とき◆12月14日(火)午後6時30分~
ところ◆スペースたんぽぽ(千代田区神田三崎町3-1-1高橋セーフビル1Fたんぽぽ舎内)
800円、予約制(先着順)
ゲスト◆小倉利丸さん(JCA-NET理事)
主催◆たんぽぽ舎(tel.03-3238-9035)

■官邸前・原発いらない金曜行動
とき◆12月17日(金)午後6時30分~
ところ◆首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」すぐ)
主催◆「原発いらない金曜行動」実行委(tel.03-3238-9035)

■キムハクスンさん(日本軍軍隊慰安婦被害者)の告発から30年、<日本政府は戦争犯罪を認め、謝罪・補償・責任者処罰を>12・19川崎集会
とき◆12月19日(日)午後1時30分開会
ところ◆教育文化会館3F 6-7会議室(JR川崎駅北口東へ15分)
集会終了後、川崎駅までデモあり。資料代500円
ニュース映像◆金学順(キムハクスン)さんの証言
共催◆合同労組かながわ、改憲・戦争阻止!大行進神奈川、婦人民主クラブ全国協議会(tel.042-757-4785)

■2021レイバーフェスタ
とき◆12月25日(土)午前11時~午後5時
ところ◆全水道会館4Fホール(JR水道橋東口2分)
参加費:当日1700円(前売・予約1500円)、失業者・障がい者1000円、学生・20歳以下無料
予約:tel.03-3530-8588 fax.03-3530-8578 メールhttp://labornetjp.jimdo.com
主催◆レイバーフェスタ2021実行委


11月25日、沖縄県は沖縄防衛局に辺野古設計変更申請への「不承認」を通知しました。玉城デニー県知事が記者会見で「不承認「を表明しました。昨年4月に政府・防衛省は大浦湾の軟弱地盤改良工事などの設計変更を沖縄県に申請、県と沖縄防衛局との間で質問・回答が繰り返されていましたが、ついに「不承認」が決定されたのです。
不承認5
翌日の26日18時30分~、国会前(衆議院第二議員会館前)に約200名が駆けつけ、「不承認」断固支持の大きなアピールを発しました。
不承認1
沖縄現地からも、辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議の福元事務局長や、伊波洋一参議院議員から電話メッセージが寄せられました。伊波さんは「今日の昼の集会で、これを機会に県民の思いを全力で出していこうと確認した。軟弱地盤は解決していないのに、この設計変更は、できないものをできるかのようにして申請している。裁判になっても負けない裁判として闘いたい。安倍政権でできないものをできるとした政治が行われ、その象徴が辺野古だ。このままでは日本が成り立たなくなる。辺野古基地反対を日本全体の問題として取り組んで、日本の進路を正そう」と訴えました。
不承認2
さらに、札幌や福岡で「不承認」支持行動に立っている人々からも電話で連帯アピールがありました。
また、参加者からのアピール、シュプレヒコールが続きました。
不承認4
不承認6
乱さんも、「不承認」断固支持!
不承認3

主催者から、12月3日(金)18時30分~首相官邸前で、さらに大きく「不承認」支持!政府は辺野古新基地建設を断念せよ!のアクションを起こそうと呼びかけられました。
不承認7
また、全国で「不承認」支持するブルーアクションを!と呼びかけられました。
県知事を先頭に沖縄の民衆が辺野古断固拒否!と改めて国に叩きつけたことに、沖縄以外の新聞・テレビの取り上げ方は小さいです。これは沖縄ではなく日本全体の問題だと声をあげ続けましょう!(S)
不承認8



IMG20211125154023
日本財団の笹川陽平会長が11月13日にネピドーの国軍迎賓館でミンアウンフライン最高司令官と会談し、「両国間の友好親善および協力関係の増進」などを話し合ったことに対する抗議行動が11月25日、在日ミャンマー人の呼びかけで行われました。日本財団前(港区赤坂1-2-2)に集まって抗議デモと申し入れが行われました。私たちも、「日本の支援金によって国軍が支えられている。これは日本政府と日本の企業・資本による虐殺そのものだ!その先兵である日本財団と日本ミャンマー協会を絶対に許さない!」と確認し、ともに声をあげました。
IMG20211125154254
IMG20211125154317
在日ミャンマーの若者たちは、日本財団は援助を続けているが、国軍・企業に対する直接の援助になり、ミャンマー人民への虐殺になっている。税金で人殺しをしている。テロリスト・国軍の共犯者になっている。直ちに正して、ミャンマー国民の側に立って下さい!と訴えました。
IMG20211125154328
IMG20211125162250
全体で下記のスローガンを繰り返しました。
*テロリスト・ミャンマー軍部への支援を直ちにやめろ。
*ミャンマー国民の声を尊重しない日本財団の行為を非難する。
*ミャンマーの2020年総選挙の結果を尊重しろ。
*笹川会長は選挙の結果が公正であったと発表したことに責任をとれ。
*日本財団は税金を無駄使いして、テロリスト・ミャンマー軍部へ支援することをやめろ。
*ミャンマーの民主化活動は絶対勝つぞ。
IMG20211125162313
11・7労働者総決起集会(日比谷野音)であげた『ミャンマー連帯決議』

2月1日のミャンマー国軍のクーデター以来、労働者民衆の決死の闘いがミャンマーで続いています。市民不服従運動(CDM)が労働組合のストライキと結びついて発展し、新自由主義下で育った「民主化世代」の青年たちが死をも恐れず立ち上がっています。9月7日には国民統一政府が、自衛のための戦闘開始を宣言し、全土の市民や少数民族の武装勢力に、国軍に対して蜂起するよう呼びかけました。

追い詰められた国軍は、さらに悪虐非道な弾圧を行い、子どもを含む1186人の命を奪い、9151人を不当逮捕しました(10月22日時点)。特に少数民族地域における空爆や砲撃などで21万5千人を超える国内避難民を生み出しています(10月4日時点)。コロナ禍のもとで医療が崩壊、水や食料さえないという切迫した状況が広がっています。9月時点で300万人以上が切実な援助を必要としていることを国連も認めています。

しかし日本政府は、国軍のクーデター政権を容認し、政府開発援助(ODA)を水路に国軍と一体となって進めてきた事業を継続しています。2011年に国軍主導のテインセイン政権による「民政移管」が始まると、日本政府は「中国に負けるな」とばかりに国を挙げて経済侵略競争へ突入しました。ミャンマーへの日本のODAは、総額1兆円を超える巨額なものです。安倍政権で2012年に外相に就任した岸田のもとで始まったティラワ経済特区開発事業は現在もミャンマー国軍を潤しています。

2012年設立の「日本ミャンマー協会」には三井、三菱、トヨタ、大成建設、日立など日本財界を代表する127社が名を連ね、国軍との「太いパイプ」を自認する渡邉秀央会長は、2・1クーデター前後にミャンマーに滞在、国軍総司令官ミンアウンフラインと会談を重ねていたほどです。戦前から現在に至るまで日本帝国主義は、ビルマ(ミャンマー)に対して宗主国然として振る舞い、今やクーデター政権を支えています。

私たちは、11・7全国労働者総決起集会の名において、2・1ミャンマー国軍クーデターとその後、今日まで続いている国軍による人民虐殺・人権抑圧を徹底弾劾します。同時にクーデター政権を容認し、さらなる経済侵略をもくろむ日本政府、岸田政権を弾劾し、打倒するまで闘いぬくことを宣言します。

すでに2・1クーデター以降、在日ミャンマー人を先頭に広範な人々が「#ミャンマー国軍の資金源を断て」と、首相官邸、外務省、財務省、国土交通省、経済産業省、日本ミャンマー協会や日本企業への行動を続けています。在日ミャンマー人とともに団結した労働者の力で日本政府のミャンマー国軍への資金を断ち切りましょう!

陸上自衛隊10万人の移送訓練をはじめ、中国侵略戦争への動きが強まっています。韓国では10・20ゼネストが闘われ、アメリカではストライキが激発しています。世界各地で闘う労働者との国際連帯は、この地で岸田政権と対決し、新たな侵略戦争をとめることです。怒りを行動へ! 世界の労働者と団結し、生きられる未来を闘いとりましょう!

2021 年11月7日 11・7全国労働者総決起集会参加者一同

20211201my
軍事クーデターから10カ月目の12月1日、日本ミャンマー協会と首相官邸への抗議行動が行われます(動労千葉などのよびかけ)。平日午後の行動になりますが、ぜひご参加ください。
午後3時、東京メトロ「永田町」駅4番出口集合

↑このページのトップヘ