とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

神奈川県湘北からの報告です。
* * * * * * *
5月15日(火)の午後、16日に予定されていた全国一斉Jアラート訓練の中止を求めて、地域で共に闘う湘北合同労組や婦民・相模原支部の仲間と共に5人で相模原市役所に行きました。
Jアラート事案担当の「緊急対策課」課長他2名の市当局職員と面談し、相模原市長と教育長宛の要請書を手渡しました。市職員とは約1時間近く対話することができました。

市側は、①今回のJアラート放送はあくまでも緊急情報の導通を確認するための放送機器の点検であって、ミサイル発射とか武力攻撃事態を想定したサイレン放送や避難訓練を呼びかけるものではない、②「ひばり放送」では、「これはJアラートのテストです。こちらは防災さがみはらです」の文言しか放送しない、③よって、学校現場には何の通知も要請も行っていないなどと、繰り返し述べていました。

私たちは、①このJアラートシステムが内閣府・総務省と直結した全国一斉放送として機能し、②しかもこの間、北朝鮮のミサイル発射を想定した避難訓練を呼びかける戦争挑発・戦争動員の一環として実施された事実があること、③しかも、今後は3か月ごとに実施するという政府の計画に、極めて危機感を持っていることを強く突きつけ、④単なる「機器点検」でお茶を濁すわけにはいかない、と市当局の取り組み姿勢を問いました。
Jアラート
これに対して市側から、次のことが表明されました。①この間、政府から「Jアラート放送による国民保護のための避難訓練実施をお願いしたい」といった趣旨の要請が何度か来ている、②今回と同様の「機器点検」放送が、8月29日(水)、11月21日(水)、来年の2月20日(水)のいずれも午前11時に実施されることになっている、③地方自治の原則と市民の安全を守る立場から、もし政府から武力攻撃事態を想定した放送と避難訓練実施が求められてきた場合には、慎重に検討し対応したいと考えている、とのことでした。

上記の③のようなことは、前回1月29日の「申し入れ」の際には表明されなかったことでした。私たちのこうした要請行動はささやかなものかもしれませんが、毅然として続けることが大事だと思いました。市の担当職員は公務員労働者です。公務員労働者の誇りである「戦争協力はノー!」の思いとの連帯、団結は可能だし、私たちの課題でもあります。

5月16日(水)午前11時の「ひばり放送」では、予定された文言通りの放送が流されました。しかし、事態は安穏とは言えません。後で知ったことですが、本年度の「国民保護訓練」も計画通り実施するそうで、「訓練はテロを含めた武力攻撃に対する図上や実動と、弾道ミサイルに備える住民避難の二種類があり、本年度は前者を28都府県、後者を11県が予定している。」(5月15日付東京新聞)とのこと。この間に急激に高まってきた南北朝鮮の労働者民衆の「戦争絶対反対!南北分断を打破しよう!」という画歴史的な動きを前に、Jアラート一斉訓練や住民避難訓練(戦争挑発)を実施するという安倍政権の「改憲と戦争」攻撃は、断じて許すわけにはいきません!

「戦争・改憲阻止!」は、日本のみならず世界の労働者民衆の願いです。戦争動員につながる「Jアラート訓練」や「ミサイル避難訓練」の即時中止を強く求めていきましょう。(百万人署名運動・湘北連絡会 S)


辺野古ゲート前座り込みに参加した仲間からのお便りです。
* * * * * * * 
辺野古新基地建設のための護岸工事が始まって1年になります。現在は大量の石材やブロックがダンプで運ばれ、また船でも運ばれています。キャンプ・シュワブゲート入口での座り込みは毎日続けられており、また海上ではカヌー隊が闘っています。

そうした中、搬入を阻止し工事をとめるための「辺野古ゲート前連続6日間500人集中行動」(4/23~4/28)が全国に呼びかけられました。私はこの呼びかけに応えて、4月23日に茨城を出発し、辺野古に行き、24日(火)~28日(土)の間、ゲート前に座りこみました。

23日の夕方、辺野古の民宿に着きました。その日は行動第一日目の当日の闘いの様子を聞きました。ダンプ等の資材搬入を朝9時から5時間阻止したとのこと。200人が結集し、いつもなら400台近いダンプの搬入は、1回の搬入で120台しか入れなかったとの報告がありました。民宿は座り込みむの人々で満員です。
ゲート前2
                    (4月24日付 沖縄タイムス)

また、その夜は森友問題を掘り出した大阪・豊中市議の木村真さんが同宿されていて、急きょ、彼を囲む会が行なわれました。木村さんは地元の航空局の国有地払い下げが、不当なのではないかと現地に足を運び、小学校建設の予告看板を見て、森友學園と國の二つの旧字体日表記から、これはまともではないと直感したそうです。ネットで検索すると安倍昭恵が名誉校長と知り、売買契約書を開示請求すると、ポイントである価格が黒塗り。ありえないことで、そこから追求して、ゴミ問題の不当な値引きを明らかにして、安倍政権との癒着をあぶりだしたとのことです。政権や利権の不当を見逃さない姿勢を最初から貫いてきてのことだと述べられました。

翌24日は、県警は大型バスを阻止線に投入し、早朝、市民が結集する前からの排除へと方針転換しました。そのうえで、前日の倍の人数でゴボウ抜きを行いました。市民は680人の結集でした。木村市議はゲート前で機動隊の接近の前に、極く手短に連帯の言葉を述べて座り込んで、ゴボウ抜きされ、機動隊にかつがれて運ばれました。

この日は2回の搬入となってしまいましたが、2回目は車道に出て、ダンプの前に各自立ち、あるいは座り、反対をアピールしました。2回の搬入で前日の倍近い202台が進入しました。しかし、通常は3回で370台前後だそうなので、150台近くをとめたわけです。

以降、25日、26日、27日と毎日2回ずつしか搬入を許さず、毎日100台分以上搬入させなかったとすると、5日間で700台前後のダンプ等の進入をとめました。通常は毎日370台程度なので、ほぼ2日分相当の台数が入門できなかったということになります。

沖縄の人々は、こういう風に前向きにとらえるのです。入った台数をカウントして、あきらめるようなことはありません。

連日、市民は600~700名が結集し、400余名と思われる人々がゲート前に座り込みました。これに対し、県警機動隊は力まかせにゴボウ抜きで排除するのですが、最後まで通常の毎日3回の搬入ができませんでした。市民の力がそこにも見えます。そして、これが全県、全国に発信されるのです。

基地建設の事業主体である沖縄防衛局は、沖縄県の岩礁破砕許可条件を踏みにじり違法な工事を進めていますが、抵抗して、沖縄の人々は決してあきらめないことを内外に知らせ、今後の更なる反対を呼びかける1週間になりました。

25日は辺野古沖の海上座り込み行動も行われ、最大規模のカヌー83艇、抗議船9隻が行動しました。海上保安庁=海保は遭難者を救助するという使命を投げ捨てて、カヌーを転覆させて遭難者をつくり出すという弾圧・暴力を振るっています。

沖縄地上戦(1945年)の後、沖縄の人々を飢えから救ったのは海の幸です。焼き払われた土地に食べ物はありませんでした。その海をこれからも守ろうとするのは海への感謝の念です。その海を破壊する新基地建設はNO以外ありえない、戦争のための基地はいらない、という沖縄の人たちの気持を否定することはできないと思います。

その海を守るゲート前行動、座り込みに、晴れ晴れとした自分の実感を持って、私は明るい気持ちで加わることができました。

28日は、沖縄が米軍に売りとばされた屈辱の日=4・28で、辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で開かれた「4・.28県民屈辱の日を忘れない県民集会」(同実行委員会主催)は1500人が参加する大集会になりました。それを見越してか、工事車の出入りはありませんでした。428ゲート前
                     (4月29日付 琉球新報)

今回の6日間行動には延べ4700人が参加しました。通して振り返ると、私は自分の闘いを含めて大きな課題が課されたと思います。

たとえば、男性機動隊員が女性の人権を尊重しないで乱暴なゴボウ抜き排除をすることに対して、女性たちが強く抗議をしていました。男性でも女性でも体を抱えてのゴボウ抜き排除は市民権を奪う不当なもので認めることはできませんが、とりわけ女性への排除を男性機動隊員がやることに私も理不尽を感じ何とかしたいと思いました(韓国のチェジュ島の基地反対運動では女性に対しては女性隊員が対応するそうです)。

海を守ることと、人権を守ることは、切れ目なくつながっているのではないかと考えた6日間でした。辺野古基地建設を止めるため、また機会を作って参加したいと思います。(茨城県賛同人 I)


毎年5月3日に開かれている9条改憲NO!の東京での憲法集会が、今年も江東区の有明防災公園で開かれ、昨年を上回る約6万人の労働者市民が参加しました。天気も良く、最寄りの二つの駅から人々の列が続き、ぞくぞくと集まってくるという感じでした。

私たちも出来たての憲法特集の全国通信を持って、会場前の歩道で4人で署名活動にとりくみました。約1時間半で100筆余の署名が集まり、うれしいことにその場で『百万人署名運動全国通信』定期購読の申し込みをしてくださる方もいました!

別の場所で署名活動をしていた千葉の仲間たちとエールの交換をして、本集会が始まる前に会場へ。会場はすでに満杯で、遠くに演壇がやっと見えるという状況でした。
1805032
1805033
姿は見えないけれども声はよく聞こえて、落合恵子さん、竹信三恵子さん、憲法学者の清末愛砂さん・山内敏弘さんらのアピールは、それぞれ力がこもっていました。
1815031
この日、「改憲・戦争阻止!大行進」が午後3時30分~新橋から銀座へのデモを呼びかけていたので、集会の途中でそちらに向かいました。

3時に新橋駅近くの桜田公園に着くとすでにたくさんの人々が集まっていて、インターネットを見て来たという人も何人かいました。
小集会のあと、動労千葉を先頭に元気よくデモに出発。
1805034
途中で、たくさんの右翼の車がデモを妨害しようと、何度も現れました。
1805037
右翼の妨害の大音量とデモ隊のコールで数寄屋橋交差点などで数か所で騒然となる場面がありましたが、デモ隊は団結して身構え、最後まで意気高くデモをやり抜きました。
1805035
1805036

この日、安倍首相は昨年と同様、改憲派集会(「民間憲法臨調」と「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共催)へのビデオメッセージで、憲法に自衛隊をしっかり明記すべしと力説しました。

ぐらぐらの危機の中にあっても、安倍と自民党は9条改憲にあくまでしがみついています。彼らにとっては「この道しかない」からです。

<自民党の憲法改正推進本部は9日、…幹部会を開き、衆参両院の憲法審査会で改憲手続きを定めた国民投票法の改正を提案することを決めた。野党を改憲論議に引き込む「呼び水」(推進本部幹部)との狙いがある>と報道されています(5月10日朝日新聞)。

9条改憲発議に向けて、必死になって憲法審査会を動かそうとしてるのです。
改憲のための憲法審査会を動かすな!と声を広めましょう!(S)








山陰からのお便りです。
* * * * * * *
山陰連絡会は4月末、松江市、米子市、鳥取市の連合メーデー会場で、Jアラート訓練反対・9条改憲反対のビラまきと署名活動を行いました。晴天に恵まれた各地の会場には、例年同様多くの労働者が結集しました。

私たちは毎年「メーデー」会場前で、労働者こそ戦争・改憲反対で闘おう!と呼びかけて署名活動をしてきました。最近は、こうした活動に対して連合指導部が「主催者と関係のない活動はやめるように」と言ってくるようになりました。開かれたメーデーなのにおかしな話です。本当は「改憲絶対反対!安倍倒せ!」という内容がいやなのだなと思います。
でも労働者たちは、快くビラを受け取り、積極的に署名にも応じてくれました。
メーデーカット

5月3日には、山陰連絡会も実行委員会に参加している15回目となる憲法集会「MakePeaceの集い」が松江市で行われました。会場ロビーで、総がかり行動などの3000万署名と一緒に、私たちも「戦争絶対反対!憲法改悪絶対反対!」を訴えてビラをまき、百万の「戦争するな!9条変えるな!」署名に取り組みました。
1-IMG_0843
3000万署名と間違わないように、これはまた別の署名ですと伝えたにもかかわらず、それでも列をなす状態がみられました。崩壊しようとする安倍政権を目前にして、改憲と侵略戦争を許さないとする人びとの強烈な意志を例年以上に感じることができました。2-IMG_0857
延べ約20人で行った一連の活動で、「戦争するな!9条変えるな!」署名216筆、「被曝と帰還強制反対」署名140筆、市東さんの農地強奪反対署名82筆、星野さん解放署名6筆と要望書3筆など、大きな成果を勝ち取ることができました。(山陰連絡会 F)


4月29日の昼、JR新宿駅新南口前で「戦争するな!9条変えるな!全国署名」に取り組みました。東京各地区連絡会から10名が参加し、暑く強い日差しの中でしたが1時間半ほど、通り過ぎる人並みに「戦争のための改憲に反対しよう!」と訴えました。
新宿街宣2
新宿街宣4
そして、5.3改憲阻止!安倍倒せ!デモを呼びかけるチラシをまきました。この日は風も強くビラをまくのも大変でした。
新宿街宣3
こういうところでビラを受け取ったり署名をしてくれる人は、日ごろから安倍政治に本当に怒りを持っている人が多いように思います。多くの人々は問題意識は持ちながらも、それは「署名」や「チラシを受け取る」とまではいかないという感じです。そうした中で、話ができることが一番うれしいことです。
新宿街宣1
急きょつくった「自民党の改憲4項目案」の三角形ボードを通る人に見てもらおうと道のほうに置いたのですが、強い風の中ですぐに飛ばされてしまい、仕方なく署名机に縛り付けるしかありませんでした。今度はもっとしっかりしたものを作らねば…。
新宿街宣5
ともあれ、43筆の署名が集まり、できたてホヤホヤの『百万人署名運動全国通信』5月号も売れて、手ごたえのある街宣となりました。(S)

昨年の5月3日に「9条に自衛隊を明記する」「2020年の施行を目標に憲法改正を行う」と表明した安倍首相は、ぐらぐらの中で今年は何を言うつもりか?
戦争反対!絶対に9条改憲をさせない!という大きな声を、5月3日に安倍にたたきつけましょう。
東京では、下記のような集会&デモがあります。ぜひご参加を!

5.3憲法集会~9条改憲NO!平和といのちと人権を!
とき◆5月3日(木・憲法記念日)午前11時~トークイベント、コンサート。午後1時~集会、4時~パレード
ところ◆有明防災公園(りんかい線「国際展示場」4分、ゆりかもめ「有明」2分)
発言◆落合恵子さん(作家)、竹信三恵子さん(ジャーナリスト)他
主催◆実行委、共催:総がかり行動、全国市民アクション

改憲阻止!安倍倒せ!5.3銀座デモ(新橋→銀座→東京駅)
とき◆5月3日(木・憲法記念日)午後3時に桜田公園(JR「新橋」烏森口2分)に集合、3時30分デモ出発
主催◆改憲・戦争阻止!大行進実行委員会(tel.043-222-7207動労千葉)
3ビラ






↑このページのトップヘ