とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

2月12日夜、東京のすみだ産業会館で「国鉄分割・民営化で不当解雇から30年 2.12国鉄集会」(主催:国鉄全国運動)が開かれ、650名が参加しました。
2-2-DSC02514
国鉄分割民営化で、7,628人の国鉄労働者にJRへの不採用通知が出された1987年2月16日から30年を迎えます。これに抗議して清算事業団に残った国鉄労働者が3年後の1990年に清算事業団を不当解雇され、1047名が解雇撤回・現職復帰を求めて闘いに立ち上りました。

その後2010年に、政府と国労本部などとの間で、もう争わないとの「政治和解」が成立し、「国鉄闘争はこれで終わり」とされようとしましたが、動労千葉争議団や闘う国労闘争団はこれを弾劾し、闘いを継続。その時に「国鉄闘争の灯を消すな」と立ち上げられたのが「国鉄分割民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動」(略称:国鉄全国運動)です。

2015年6月30日、動労千葉1047名解雇撤回裁判で、最高裁は上告棄却。反動判決でしたが、高裁判決の内容にあった「採用差別が不当労働行為であった」ということと、さらに、その「採用候補者名簿が不当労働行為意思のもとにつくられていた」ことが明確に認定されたのです。

この地平から、動労千葉は新たにJR職場復帰闘争を開始しています。
そして、鉄道業務をバラバラに分社化する「第二の分割民営化攻撃」に反対してストライキで闘っています。

そうして、民営化・外注化で社会が破壊されることに警鐘乱打し「民営化と競争を止めよう!」とすべての労働者に呼びかけています。2.12集会はその闘いをさらに前に進めようという熱気に満ちたものでした。
1-1-DSC02510
開会あいさつの中で、金元重さん(国鉄全国運動呼びかけ人)は、「30年間闘い続けて、一昨年、最高裁の分割・民営化による解雇は不当労働行為だという判決を出させた。昨年11月、私たちが韓国のあの歴史的集会の中にいて共闘ができたのは、韓国の労働者たちが動労千葉の階級的闘いを知っていたからだ。1047名解雇撤回闘争は国際連帯の上でもかけがえのない財産だ。」と言われました。

また、伊藤晃さん(同呼びかけ人)は、「国鉄闘争の原点、国家的不当労働行為は認められないという出発点の意義を確認すること。この社会で苦しむ多くの労働者、まだ口を開かない人たちにどう働きかけるかが重要だ。私たちが慣れ親しんだ言葉や考えとはちがった視点から考える人たちとも結んでいくことを、全国運動の今年の課題にしよう。」と呼びかけました。

動労千葉の田中康宏委員長(写真上)は、「不当解雇から30年。その闘いの真価をさらに一歩進めたい。30年たって敵はまた動きだした。北海道の事態は分割・民営化の根本問題を突きだしている。JR資本は鉄道業務全体を転換させ、社会の在り方を転換させようと、新たな分割民営化、分社化、総非正規化を狙っている。
分割・民営化は労働運動の惨憺たる後退をもたらしたが、しかし、本当の労働運動を押し上げてもいる。新しい運動の始まりだ。JR20万人の労働者を先頭に、今度こそ<民営化、外注化のウソ>を阻止しよう。
そのためにも1047名解雇撤回の旗をかかげ、その闘いの核心を伝えていこう。全労働者の権利を取り戻す闘いがその中にある。確信をもって、新しい闘いを出発させよう。」と訴えました。
3-3-DSC02520
4-5-DSC02529
集会では、不当解雇された動労千葉争議団と国労闘争団の労働者の決意表明や動労千葉や動労水戸などの「出向無効確認裁判」の報告、神奈川や東京の動労総連合に結集する労働者の力強い発言が続きました。動労連帯高崎の労働者は「職場の中で、偽装請負が蔓延している。」と外注化の実態を訴えました。2.4内房線切り捨て反対の館山集会の報告もされました。元気の出る清々しい集会でした。(T)


昨年の10月25日、最高裁は不当にも市東孝雄さんの上告を棄却し、国と成田空港会社は暴力的に市東さんの農地を奪おうとしています。こんなデタラメは認められないと、市東さんは11月30日に千葉地裁に「請求異議の訴え」と「強制執行停止申立」を行いました。
それが受理され3月2日から請求異議裁判が始まることになり、その前の「審尋」(当事者双方から事情を聴く非公開のもの)が2月14日に千葉地裁で行われました。

この日は、午前10時30分から第3誘導路裁判があり、そのすぐ後に「審尋」が行われるということで、反対同盟と支援は、9時に葭川(よしかわ)公園に集まって、「強制収用をするな!」と訴えて千葉地裁までデモ行進しました。
1-IMG_20170214_092625
動労千葉の労働者も多く参加していました。
3-IMG_20170214_093148
地元千葉の労働者や市民も駆け付けました。
2-IMG_20170214_092830

「審尋」の結果、この請求異議裁判の第一審が終わるまでの間は「強制執行は停止する」となったそうです。しかし、条件として、1週間以内に200万円の保証金を支払えというのです。
弁護士は「執行を止めたとしても空港会社に損害は生じないから保証金は不要だ」と主張したそうですが、空港会社代理人も裁判長も認めようとしなかったとのこと、本当にふざけた話です。

しかし、何としても市東さんの農地取り上げをさせないため、執行停止を確定していかねばなりません。反対同盟は請求異議裁判を全力で闘い抜くために、緊急のカンパを訴えています。
みなさん、ぜひご協力をお願いします。

【カンパの振込先】

 郵便振替口座番号  00130-0-562987
    〃 口座名    三里塚芝山連合空港反対同盟


●三里塚芝山連合空港反対同盟
http://www.sanrizuka-doumei.jp/home02/index.html






悪辣な「白タク」デッチ上げ弾圧で不当逮捕されていたNAZEN埼玉の3人の仲間が2月7日に釈放されました。弾圧を打ち破った3人からの「報告とお礼」が届きましたので紹介します。
* * * * * * *

2 月 7 日夕方、釈放をかちとりました。全国の実に多くの人々から激励をいただき、抗議闘争を展開して頂いたおかげです。ありがとうとうございました。
弾圧を通して感じたことをいくつか報告します。

一つは、安倍政権が本当に追い詰められているということです。

道路運送法に違反する点は何一つないのですが、昨年 2 月にツアーの件で家宅捜索を受けたときから、「なんでこんな理由で」とか「でも、逮捕は無理なんじゃないの」と私たち自身も甘く思っていた面はありました。でも、逮捕されてみて、安倍政権の焦りは、そういう「常識」を越えたレベルにあることがよくわかりました。

政府は今、避難指示の解除や県民健康調査の縮小、住宅支援のうちきりのみならず、放射線被害防止技術基準法改正案を国会に提出して、 20 ミリシーベルト基準に改定しようとしています。それと一体で、権力は起訴することに最後まで執着していました。

仮に権力側がいずれ裁判で負けることがあったとしても、それ以上に 2020 年オリンピックまでの 4 年間、現地闘争にツアーでかけつけるような闘いの大衆的爆発を押さえ込めればそれでいい、そのための「みせしめ」を作るためならなんでもやる、と必死だったと思います。

二つ目には、でも、それを上回る福島をはじめとした全国の激しい怒りのエネルギーの大きさと、その力が弾圧を打ち破ったことです。

原発事故とその後の対応への怒り、安保関連法への怒りから続く、韓国の革命情勢やアメリカの反トランプデモと同じ情勢が日本にもあり、革命情勢が日々成熟していると実感しました。人々の次々と続く決起は本当に感動的でした。弾圧を粉砕したのは、この力でした。

三つめは、公務員攻撃という側面です。

私たちが主催した帰還強制に反対する集会で、井戸川元双葉町町長は、3・11直後、政府が 20 ミリシーベルト基準に勝手にあげて学校の再開を策動したときに、町職労に「組合はストライキをやってくれ。そうすれば政府がやっていることがどんなにひどいことなのか明らかになるんだ!」と再三に言ったけれども、ダメだったと報告してくれました。

帰還強制がなされる今、自治体職員や教育労働者が、「おかしい」と声をあげることが決定的です。幼方は、井戸川さんのそうした思いを受け止めて、職務と活動に力を入れていたからこそ、攻撃されたと私たちは理解していますし、だからこそ屈するわけにはいきません。

四つ目は、共謀罪の先取りという点です。

逮捕令状は「埼玉反原発アクション(NAZEN埼玉の前称)という団体」が「共謀して」行ったという内容で、県警は「過激派キャンペーン」を押し出してこの事件で起訴に持ちこめれば、「一般の人には無縁」というウソで分断させて共謀罪成立も可能になると目論んでいたと思います。この勝利が共謀罪粉砕を可能にしています。粉砕しましょう。

五つ目は、独特とも言える埼玉県警の悪辣さです。

川越署と浦和西署(県警本部にある)に留置されいやおうなく狭山事件のことを考えました。当時もし完黙非転向の思想と県警本部にデモをかけるような支援運動があったなら石川さん犯人でっち上げは粉砕できていたと思います。

埼玉県警は石川一雄さんをでっち上げたことを反省しているのではなく、逆に「生きた犯人をつかまえろ」と政府に号令され石川=犯人を仕立てあげたことを反革命的「誇り」にさえしている組織です。

最後に、だからこそ、完黙非転向の闘いだけが勝利の道だということを全ての民衆とともに確認したい。

関源三という刑事が、「俺は犯人じゃない」と頑張り続けていた石川さんの心理に雑談と差し入れでつけ入り、あろうことか「兄ちゃんが犯人か」と思い込ませて(こんなことは代用監獄がなければありえない!)一転、ウソの自白に追い込む、そして、起訴か否かの段階で「万年筆」を捏造して鴨居に仕掛ける(!)というとんでもない権力犯罪に手を染めた。

そのためにというべきであろう、関源三は平素から被差別部落に世話役的に送り込まれていた。こういう国家権力の悪辣な犯罪に立ち向かえるのは、完黙非転向の思想だけです。この思想が全人民共通のものとなったとき、政府国家権力を打ち倒して 私たちは真の自由を手にすることが出来るのです。

実質21日間でしたが、労働者民衆が団結したときに、自由は我らの手にできるとあらためて学びました。「わたしたちってすごいかも!」。

本当にありがとうございました。



今年も3月3日(金)から都立高校の卒業式がはじまります。卒入学式を前にして、2月5日に、「都教委の暴走をとめよう!都教委包囲・首都圏ネットワーク(都教委包囲ネット)」主催の総決起集会が開かれました。
2-2-DSC02491
2003年の東京都教育委員会(都教委)による「10.23通達」によって、都立学校の卒業式、入学式等に「日の丸・君が代」が強制されました。それ以来、都教委は「君が代」を立って歌わない教職員を次々と処分しました。

これに対して、都教委包囲ネットは、毎年2月に「総決起集会」を開き、「立って歌わない」抵抗を続ける教職員に連帯してきました。また、3月の卒業式の日に、高校正門前でチラシを配る行動を呼びかけてきました。

教職員の抵抗は今日まで続き、裁判闘争はとどまることなく持続し、根津公子さんの「停職処分」も昨年、最高裁で勝利し停職処分撤回を勝ち取りました。しかし、都教委は今も「戒告処分」を続けていますし、また減給処分もやろうとしています。

安倍政権は戦争国家化に向けて、教科書を変え、道徳を教科化し、学習指導要領を変え、また、学校に自衛隊を持ち込み、共謀罪を制定しようとしています。今日のトランプ・安倍情勢の中で、13回目(13年目)となる今年の2・5総決起集会は、歴史を振り返り、なんとしてもその動きに抗っていこうという気概に満ちた集会でした。120名が参加しました。

集会はまず、「学校現場からの報告」がなされました。
都立高校教員のKさんは、2004年に不起立で処分され、その後10年間担任にさせてもらえず、やっと担任になり、去年の3月の卒業式では担任として式場に入ったこと、「君が代」斉唱で不起立を貫き、処分されたことを話しました。また、その処分をめぐって生徒たちとどのような対話や交流を重ねてきたかや閉塞状況にある学校の様子について話しました。私たちはどのように闘っていったらいいかを深く考えさせられる内容でした。

根津公子さんも最高裁勝利判決について話しました。
1-1-DSC02488
その他、学校で推進される「オリ・パラ」教育に警鐘を鳴らすために、国威発揚のオリンピック教育反対のビラまきの報告がありました。
その他、さまざまな闘いの現場から問題提起と闘いの呼びかけがされました。
・学校現場を翻弄する自衛隊入隊者獲得の実態
・労働運動・市民運動の解体ねらう共謀罪     
・東京オリンピックおことわり宣言
・天皇制反対デモへの弾圧            
・相模原やまゆり園事件について

また、東京と同様に「卒業式」の「君が代強制」の処分を恐れず闘っている大阪の高校教員からの訴えもありました。

今年の2.5集会の講演は「改めていま『教室から戦争がはじまる』」という演題で元教員の北村小夜さんが話されました。北村さんは、今年91歳になりますが、2月3日~5日まで新潟で開かれた第66回日教組教研集会に参加し、飛んで帰って講演してくれました。
3-3-DSC02499
お話の始めに北村さんは、1943年(昭和18年)3月の『写真週報』(情報局編集)に掲載された「時の立札」のコピーを紹介してくれました(上の写真)
そこには下記のように書かれていました。(旧字体は新字体にしてあります)

「校門は営門に通じている
 学生生徒の生活もそのままが
 戦う国家の一分野
 逞しい上にも逞しく
 若い力と意志とを捧げて
 必勝の道を驀進しよう」

そして、治安維持法公布の年に生まれた北村さんは、皇民教育を受けて「軍国少女」となっていった過程を思い起こし、「戦争は教室から始まる」と言われました。そして、いま日本は全く同じ道を進んでいると現在の社会や学校教育の動向に警鐘を鳴らしました。
「当時、大正デモクラシーの名残もあり、親や教師はいろいろ疑問を持っていた。親たちがもっとしっかりと子どもたちに教えてくれればよかった」と。そして、戦争には「嘘と監視」がつきもの、真実を教えてくれる人がいなければ子どもは従っていく、「嘘がまかり通る時代」を糺すには事実を示し続けるしかないと訴えました。

また北村さんは、今日、安倍政権が「オリンピックで国威発揚」をはかろうとしていることに対して、1932年のロサンゼルスオリンピックのときのサトウハチロー(詩人)の翼賛ぶりを紹介しました。
それは、1932年の少年倶楽部10月号に掲載された「南部の優勝を聞く」というサトウの詩の中で、陸上三段跳びで日本の南部という選手が1等をとった時、中継放送のアナウンサーの「いま、するするとマストに日章旗があがりました」の声に、サトウが「バンザイ、僕だって唄うぞ君が代を、君が代を」と叫んだ等々と書かれたものです。

実際、この記事を北村さんのお兄さんが近所の子どもたちに声を出して読んでくれた時、「僕だって歌うぞ君が代を」のくだりで、だれかが、「歌おう、君が代」と歌い始めたこと、そして北村さん自身も一緒に唱和したとのことでした。自らの体験からも北村さんは、「国策・国威高揚にはいつも子どもが狙われる」と指摘しました。

北村さんが例に出された一つ一つのことは、いま進行している現実であり、歴史的事態なのだと考えさせられました。

最後に、おなじみになった卒業式日程一覧を見ながら、3月3日から始まる卒業式での恒例のチラシ撒き行動が提起されました。「真実、事実を示し続ける」行動として、今年もねばり強く取り組んでいきたいと思いました。(T)

2月3日に来日したトランプ政権・マティス米国防長官と安倍首相との会談、4日の稲田防衛相との会談で、「辺野古が唯一で一致した」と報じられています。イラク戦争で大虐殺を指令したマティスと安保戦争法を強行したアベが意気投合している様には戦慄します。人殺しの軍事基地、辺野古新基地ゼッタイNO!の声を全国でさらに大きく上げていきましょう。

1月29日(日)、安倍政権の暴力的な高江・辺野古基地建設に抗議する行動が新宿であり、参加しました。午後2時~JR新宿駅東口アルタ前で集会、3時~新宿駅を1周するデモを行いました。辺野古への基地建設を許さない実行委員会が主催してこれまで何回も行われている新宿デモです。
1701291
1701294
途中、辺野古工事を受注している大成建設が入っている新宿センタービル前を通り、抗議のシュプレヒコール。
1701293
新宿駅西口から南口へ、戦争反対、辺野古新基地に反対しよう!と呼びかけて歩きました。
1701295
1701297
1701298

安倍政権は、3月末に期限が切れる「岩礁破砕許可」について、沖縄県に更新手続きをしないでコンクリートブロック投下などの作業を強行しようとしています。
「岩礁破砕許可」というのは水産資源保護法に基づく手続きのこと。政府は仲井真前知事の時に許可を得ていたものを今回の辺野古工事再開にあたり県に再申請する方針だったのに、地元の名護漁協が漁業権放棄で合意したことをもって「申請しない」と方針を変えたというのです。(下は、2月3日付朝日新聞)
170203朝日
これに対し、沖縄では、「手続き経ぬ工事許されぬ」と弾劾しています。
「前知事への岩礁破砕許可申請は14年の名護漁協の漁業権放棄同意後である。今回は必要ないとなぜ言えるのか。
 辺野古と同じように地元漁協が漁業権の消滅に同意し、漁業補償も受けている那覇空港第2滑走路建設工事では、沖縄総合事務局が今年1月、岩礁破砕許可の更新を県に申請している。
 総合事務局の申請後に、岩礁破砕許可手続きを定めた県漁業調整規則が改定されたとでもいうのだろうか。辺野古新基地に限って再申請不要とすることは、二重基準にほかならない。」(2/3付琉球新報社説より抜粋)

こうしたデタラメなやり方で沖縄の海、珊瑚を破壊し、軍事基地を造るなど絶対に許されません。辺野古新基地建設は、「命よりカネ儲け優先」の福祉破壊、労働破壊、福島切り捨ての攻撃と全く同じ、一体です。全国で安倍政権に反撃していこう!(S)

↑このページのトップヘ