とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

5月14日(火)、弁護士会館で「改憲ぜったい阻もう 裁判員制度はおしまいだ」と題した集会が開催されました。憲法と人権の日弁連をめざす会と裁判員制度はいらない!大運動の共催で、287人が参加しました。
1-CIMG2360
6名の方々が発言し、様々な問題が提起されましたが、ここでは望月衣塑子さん(東京新聞)と成澤宗男さん(週刊金曜日)の講演について紹介したいと思います。

菅官房長官の記者会見で鋭い質問を発することで知られる望月さんは、社会部の記者でありながら官房長官の会見に参加するようになった契機から今日に至るまでの経緯を、講談師のような軽快な口調で語ってくれました。
1-CIMG2359
それは、望月さんの追及に辟易した菅が、会見というオモテの場で内閣府報道室長に質問を妨害させながらいい加減な回答を繰り返し、ウラでは東京新聞や内閣記者会に文書を送って「望月を何とかしろ」と恫喝してきた過程であり、その一方で、新聞労連などメディア関連労組が官邸前で集会を開き現役の記者たちが発言するに至ったのをはじめ望月さんを応援する動きがどんどん広がってきた過程でもありました。

成澤さんは望月さんとは対照的に深刻な口調で、政府とメディアが一体化する「翼賛体制」化の危険性に警鐘を鳴らしました(このブログの表題は成澤さんのレジュメのタイトルを借用したものです)。
2-1-CIMG2367
最近の天皇代替わり、新元号決定をめぐるバカ騒ぎもそうだし、政府の中国・北朝鮮脅威論や公安警察がリークする「過激派」情報を無批判に垂れ流すこともまたしかりということです。特に徴用工問題に関する韓国大法院の判決に対して韓国政府に難癖を付けるという暴挙に出た安倍政権の尻馬に乗って一斉に騒ぎ立てたメディアのありようを批判する成澤さんの舌鋒は痛烈でした。

思い返せば、昨年のこの集会のメインの講演者は永田浩三さん(武蔵大学教授、元NHKディレクター)で、演題は「改憲とメディア~何が変えられようとしているのか~」というものでした。2年続けて同じテーマが取り上げられたのは、メディアを統制しようとする安倍政権の狡猾な策動に対抗することが私たちにとって最重要課題のひとつになっていることを示していると思います。

改憲をめぐる攻防もメディアの影響を免れることはできません。真っ当なメディアやそこで奮闘する記者たちと連帯して声を上げ闘い続けることが重要だとあらためて痛感した集会でした。(東京北部連絡会・銀)

今日5月15日は、沖縄が日本に復帰してから47年目の5.15です。

沖縄は戦後米軍の統治下に置かれ、サンフランシスコ講和条約で日本の独立と引き換えにアメリカの施政権下に置かれて27年。この施政権が1972年5月15日にアメリカから日本へ返還されたのです。

しかし、この「返還」は全くペテン的なものでした。その内容を記した「沖縄返還協定」は
「基地のない沖縄へ」という県民の願いを完全に踏みにじったもので、これを知った沖縄県民の怒りは全島ゼネストとして闘い抜かれました。

47年前の5月15日、日本政府主催の「復帰記念式典」が、東京の日本武道館と沖縄の那覇市民会館で行われましたが、東京では日比谷野外音楽堂に1万5000人が集まって「沖縄闘争永続化」を宣言し、機動隊と激突する大デモが闘いとられ、沖縄では市民会館隣りの与儀公園で「沖縄処分抗議・佐藤内閣打倒5.15県民総決起大会」が豪雨を突いて開かれました(主催:沖縄県祖国復帰協議会、写真下)。
19720515与儀公園
19720515デモ
私たちは、47年前、与儀公園で、ずぶぬれになりながら怒りと悲しみの涙を流した沖縄の労働者民衆のくやしさを忘れてはなりません。そこから、ずっと、「基地の島 沖縄」が続いているからです。

このとき闘い抜いた労働者たちが、いま、おじい、おばあとなって、辺野古の米軍基地ゲート前で、排除されても排除されても連日座り込んでいるのではないかと思います。

日本政府・安倍政権は、連休明け7日から、また辺野古の海へ連日土砂を投入しています。辺野古ゲート前、土砂を運び出す安和の琉球セメント前での抗議行動が闘われています。
(琉球新報より)
5月10日付
190510
5月11日付
190511
5月12日付
160512
5月15日付電子版
土砂を搬入するダンプカーに向かってプラカードを掲げ抗議する市民ら(名護市安和)
190515名護市安和

今年も5.15沖縄闘争が闘われます。
沖縄平和運動センターが呼びかける平和行進や県民集会(5/19)、改憲・戦争阻止!大行進沖縄が呼びかける国際通りデモや沖縄集会(5/18)など。

安倍政権の改憲と戦争への道を体を張って押しとどめている沖縄の闘いに連帯し、沖縄の闘いと一体となって、全国で戦争のための辺野古新基地反対!土砂投入をやめろ!と声を広げていきましょう。(S)

■「復帰」47年5.18沖縄集会
とき◆5月18日(土)午後6時開場
ところ◆沖縄県青年会館・大ホール(那覇市久米2-15-23)
講演◆「チーム緑ヶ丘1207」のお母さんたち、糸数慶子さん(参議院議員)/資料代500円
【国際通りデモ】5/18午後4時に県庁前広場から出発
主催◆改憲・戦争阻止!大行進 沖縄(tel.098-974-9556)

復帰47年 沖縄平和行進 5.15平和とくらしを守る県民大会
とき◆5月19日(日)午後0時30分~1時30分
ところ◆宜野湾海浜公園野外劇場(宜野湾市真志喜4-2-1)
主催◆沖縄平和運動センター(tel.098-833-3218)


5月9日(木)午前9時から衆議院憲法審査会が開催され、2018年2月21日の参議院憲法審査会以来、本当に久しぶりに実質的な審議が行われました(衆院に限って言えば、憲法審での実質審議は2017年11月30日以来となります)。

審査会、幹事会の構成
この間、2018年5月に国民民主党が結成されるなど旧民主党勢力を中心に政党・会派の離合集散があったため、審査会の構成が少し変化しました。すなわち、衆院憲法審の会派別の人数は、2017年11月30日時点では自民30、立憲6、希望6、公明3、無所属の会2、共産1、維新1、社民1であったのが、今回は自民28、立憲8、国民5,公明3、共産1、維新1、社保(社会保障を立て直す国民会議)1、社民1、希望1、未来(未来日本)1となっています。少数会派が増えて社保や未来に委員が配分された結果、自民党の委員が2人減った形になりました。

また、幹事会の構成は自民7(会長を含む)、立憲1、国民1、公明1となり、希望が国民に置き換わりました。注目すべきは自民党の幹事の入れ替えで、これまで一貫して幹事の座にあった船田元、中谷元の両氏が外れています。2人とも委員には残っていますが、特に国会での改憲論議の経緯を熟知し、野党との協調を重視してきた船田氏が幹事の役を解かれたことは、今後の審議のありように少なからず影響を及ぼすかもしれません。
 
多くの記者、傍聴者で立ち見に
この日は久しぶりの開催であったためでしょうか、特に記者、カメラマンが多く集まっていて、記者席は満杯、テレビカメラは最初7台も入っていました(閉会時には3台に減っていましたが)。大きなレンズを付けたスチルカメラを構えたカメラマンも冒頭には10人ほどいたでしょうか、カシャカシャカシャという連射のシャッター音が頻繁に聞こえていました。

傍聴者は30~40人で、記者も同じくらいだったと思いますが、立ち見を余儀なくされた(私もその1人でした)多くの人が狭いスペースに入り交じっていたので、はっきりした人数はわかりませんでした。
委員の出席率は比較的高く、2時間と予定されていた審議時間を過ぎた11時頃までは空席が10を超えることはありませんでした。閉会は11時13分頃でした。

さて、今回の審査会では、民放連(一般社団法人日本民間放送連盟)の専務理事・永原伸氏と理事待遇番組・著作権部長田嶋炎氏を参考人として招き、「憲法改正国民投票に係る有料広告の自主規制の検討状況」について議論が交わされました。審議は、最初に参考人の永原氏が意見を述べ、その後会長代理の山花郁夫氏(立憲)が5分、10会派の代表1人ずつが各10分の質疑を行うという形で進められました。

以下、この日の審議のポイントについて、『朝日新聞デジタル』の記事を引用させてもらいます。

改憲論議めぐり与野党が神経戦 CM規制で民放連聴取(5月9日21時59分配信)
 衆院憲法審査会は9日、憲法改正の賛否を問う国民投票の際のテレビCM規制について、日本民間放送連盟(民放連)から意見聴取した。CM規制を呼び水に改憲論議の進展を目指す自民党に対し、野党は警戒を強めており、夏の参院選を見据えた神経戦が続く。
 2007年成立の国民投票法は、投票の14日前から賛否の投票を促すテレビCMを禁じる。ただそれ以前の規制はなく、立憲民主党などは、資金力のある政党や団体が大量のCMを流すことの影響を懸念し、規制の必要性を訴える。
 cm規制
 この日の憲法審で、民放連は法規制に慎重な姿勢を示すとともに、CMの量的自主規制も行わない方針を説明。永原伸専務理事は「国民の表現の自由に制約を課すことは、放送事業者の勝手な判断で行うべきではない」と述べた。
 これに対し、07年当時、国民投票法案作成の野党側責任者だった立憲民主党の枝野幸男代表は、民放連が量的自主規制をすることを前提に法がつくられたと主張。自主規制をしないのであれば、「欠陥法だと言わざるを得ない」と述べ、自民党で法案作成に関わった船田元・元経済企画庁長官らの参考人招致を求めた。
 民放連の田嶋炎番組・著作権部長は「当時の(国会での民放連の)参考人の発言の真意は、日常的に放送事業者が放送法で義務づけられている番組基準、あるいは日常的な運用の中で対応する(ということ)」などと説明した。
 また共産党の赤嶺政賢氏が資金力によって賛否のCM量が偏る可能性を問うと、田嶋氏は「特定の広告主にCM枠のほとんどが買い占められることは想定のできないこと」と回答。特定の広告主が集中的にCM枠を設けられるかを尋ねた希望の党の井上一徳氏には「過去70年の民放の実績を振り返っても、集中するようなケースは起こらないのではないか」と述べた。
 民放連は、そもそも量的規制は現実的に困難との立場をとる。永原氏は賛成1団体に対し、異なる立場から反対する3団体がCMを希望した場合にどうさばくことが平等と言えるのかなどの具体例を挙げ、「実務におろすと非常に難しい問題が発生する」などと述べ、理解を求めた。(鈴木友里子)

次に、この日の審議を受けた今後の見通しについて解説した『毎日新聞』の記事を転載させてもらいます。

憲法審再開でも野党硬化 首相「20年改憲」辻元氏「出直せ」(5月9日21時04分配信)
 自民党は国会での実質審議が衆院憲法審査会で1年3カ月ぶりに再開したことを受け、改憲議論を加速化し、安倍晋三首相が掲げる「2020年新憲法施行」の実現に結び付けたい考えだ。だが、野党は警戒を強めて態度を硬化しており、先行きは見通せなくなっている。
 与党筆頭幹事の新藤義孝氏(自民)は9日の衆院憲法審査会後、記者団に「憲法審査のスピードを速めていかなくてはいけない」と強調した。だが、野党は与党が同日の憲法審幹事会で、国民投票法改正案の質疑と採決を16日に行うよう改めて提案したことに対し回答を保留した。
 そもそも自民党が今回、民放連の参考人招致に応じたのは、安倍首相の下での改憲に慎重姿勢を崩さない野党に対し、改憲論議への呼び水にしようと狙ったためだ。だが、野党側は「20年新憲法施行」にこだわる首相に対し「公平、公正な国民投票ができない状況。顔を洗って出直してこい」(立憲の辻元清美国対委員長)と批判を強め、今後の改憲議論のスケジュールは見通せなくなっている。
 自衛隊明記など4項目の改憲条文案を策定した自民は衆院憲法審開催を狙い、現行の国民投票法に公職選挙法とのずれがあることに着目。共通投票所の設置など公選法の規定にそろえる国民投票法改正案を昨年の通常国会に提出した。「改憲の中身と関係ないため、野党も憲法審で審議に応じざるをえない」と見たためだが、野党側はさらに改憲の国民投票で賛否を呼びかけるCMを問題視。積み残しの国民投票法改正案の審議より、CM規制強化の議論を優先するよう要求。逆に対立は深まった。
 立憲はCMの全面禁止に向けた独自の改正案作りを進めており、枝野幸男代表は9日の憲法審を受け、インターネット広告も規制対象とするよう党内に指示。立憲は憲法審でのさらなる参考人招致を求め「自民がのまないなら審議に応じない」(幹部)とハードルを上げる。国民民主党も既に策定した党独自の改正案の議論を求め、立憲と足並みをそろえる。【野間口陽】

ということで、今国会中の道筋としては、自民党など改憲勢力が
① 継続審議となっている国民投票法改正案を強引に成立させ、さらに日程に余裕があれば自民党改憲案の審議入りを強行するという「ワイルド」(萩生田光一自民党幹事長代行)路線か、
② 当面は無理をせず再び審査会が停滞すること、国民投票法改正案が一旦廃案となることも容認するという「マイルド」路線または「死んだふり」路線
のいずれかを選択する可能性が高いように思われます。彼らにとって立憲など野党のペースにはまってCM規制など国民投票法の抜本的な改正議論の袋小路に入り込むことは受け入れがたいからです。

①、②のどちらを取るかは、参院選(あるいは衆参ダブル選)への影響を見極めながら決定することになるのでしょう。いずれにせよ、9条自衛隊明記などをめぐる本格的な攻防は参院選(あるいは衆参ダブル選)後に持ち越されます。私たちはそれに備えて改憲絶対阻止の態勢を強化していかなければなりません。

維新・馬場氏の驚くべき発言
最後に、今回の憲法審査会で私がいちばん驚いた日本維新の会幹事長の馬場伸幸氏の発言を紹介したいと思います。参考人に対する質疑に入る前に、憲法審査会の進め方についての意見を述べた部分の要旨です。
 
「真っ当な憲法審査会は久しぶりだ。前回、真っ当な憲法審査会が開かれたのは平成29年11月。この間10連休があったが、29年11月からカウントすると憲法審査会は約600連休だったわけで、国民の要望から外れた運営になっているとたいへん危惧している。
今日、野党の皆さん方、日本維新の会も野党だが、の質問を聞いていると、CM問題であの人を呼べとかこの人を参考人にしろとかいろんなご意見があって、この先CM規制で憲法審査会がダラダラと開催されるのではないかとたいへん心配している。本来、憲法審査会は憲法改正項目を審査することが主たる目的の場であるので、CM問題などいろいろな課題は同時並行的に片付けていくべきではないかと提言しておきたいと思う。
自民党の皆様方も、幹部の方から『ゴールデンウィークが明ければワイルドな憲法審査会を開催するという発言があったので、その言葉どおりやっていただきたいと思う。やるやるといいながらなかなかやらない<オオカミと少年>のようにならないように、『やると言った以上どんどんやっていただく。この審査会の前向きな運営をぜひお願いしたい。」

いまや維新は自民党以上の改憲勢力であることを明確に打ち出してきています。「日本維新の会も野党だが」という言いようには思わず笑ってしまいましたが、与党に追従するだけの野党などあり得ません。なお、未来日本の長島昭久氏も、表現ぶりは穏やかでしたが同趣旨の発言をしていたことを付記しておきます。(G)

山陰からの報告です。
* * * * * * *
5月3日、百万人署名運動山陰連絡会も実行委員会に参加している憲法集会「Make Peaceの集い」が松江市の島根県民会館中ホールで開かれました。今年で16回目になる「Make Peaceの集い」は超党派の改憲反対集会で、約400人が結集しました。

私たちは、会場のロビーで戦争絶対反対!憲法改悪絶対反対!を訴えて、百万人署名運動の「9条に自衛隊明記反対!」の署名活動を行いました。「9条改憲NO!」3000万人署名ならよく知っているという参加者が多い中、次々と署名に応じてもらいました。
山陰3
5月1日の新天皇即位後朝見の儀で、天皇も安倍首相も「憲法を守り」ではなく「憲法に則り」と発言しました。憲法改悪を前提とした発言であることは言うまでもありません。
安倍首相は、3日に行われた日本会議系集会に寄せたビデオメッセージで、「2020年、新憲法施行」を改めて強調し、自衛隊明記に強い意欲を示しました。

こうした中でも、いやこうした状況であるからこそ、「9条に自衛隊明記反対!」署名を行う連絡会メンバーの前には、署名を待つ人たちが列をなしました。
山陰4
回は『百万人署名運動全国通信やリーフレットを配布し、新たな賛同人獲得もめざして活動を行いました。

また、私たちは4月27日に米子市、松江市で行われた連合メーデーでもビラまきと署名活動を行いました。

これらメーデーから憲法集会までの一連の署名活動の取り組みで、「9条に自衛隊明記反対!」署名を239筆、国鉄1047名解雇撤回を求める署名を57筆を獲得し、安倍政権に叩きつける「9条改憲ゼッタイ反対!」の大きな貴重な意思を集めることができました。(山陰連絡会 福間)


2019年5.3憲法集会が昨年と同じ会場の東京都江東区の有明防災公園で開かれました。初夏を思わせる日差しの中、昨年を上回る6万5000人が参加しました。
02-CIMG2305

午後1時からのメイン集会は、講談師の神田香織さんの元気な司会で始まり、沖縄から元山仁士郎さん(「辺野古」県民投票の会代表)、元NHKディレクターの永田浩三さんらのアピールがありました。政党からのあいさつでは、5つの野党(立憲民主党の枝野代表、国民民主党の玉木代表、共産党の志位委員長、社民党の又市党首、沖縄の風の伊波幹事長)が発言しました。そのあと、玉城デニー沖縄県知事からのメッセージが読み上げられました。
09-CIMG2319
10-CIMG2324
リレートークの最初に、東京朝鮮中高級学校生からのアピールと5~6人の女生徒による歌が披露されました。朝鮮高校無償化がなされない状況に、「私たちはあきらめない。それは、私たちの尊厳を守るたたかいだから」という言葉に、この現状を変えなければと強く思いました。また、心に染み入るすばらしい歌声でした。
フクシマからも武藤類子さん(福島原発告訴団団長)が駆けつけてアピール。フクシマの現実を捨て置いてオリンピックを持ち込もうとしている安倍政権への怒りが訴えられました。
集会最後は、植田あゆみさんらの「翼をください」の大合唱となりました。
11-CIMG2328
集会場のすぐとなりに出店ブースがあり、いろいろな団体がテントを張っていました。
03-CIMG2307
04-CIMG2308
動労水戸の皆さんのテントもありました!ご苦労様です。
05-CIMG2311
07-CIMG2314

この日、同時刻に開かれていた日本会議系の憲法集会に、安倍首相が恒例のビデオメッセージを送り、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたいと言った気持に変わりはない。先頭に立って責任を果たす」と決意を表明しました。

その集会のタイトルは「風雲急を告げる東アジア情勢、憲法審査会の存在意義を問う!」というもので、その中で櫻井よしこ氏(ジャーナリスト)は「与党はいま、憲法改正ができる状況にある。ならば、なぜやらない。憲法審再会を一日も早く動かして、すばらしい令和の時代を一緒に切り開いていきたい」と述べたそうです。

憲法審査会がなかなか動かないことに改憲派がいかにあせっているかがわかります。9条改憲派は、一刻も早く自民党案の改憲原案を提出し、憲法審査会での採決強行をやってしまいたいのです。

「憲法審査会で改憲議論を!」ではなく、「憲法審査会を動かすな!」の強い世論を巻き起こしましょう!(S)


主催者から、下記の行動への参加が呼びかけられました。

■安倍9条改憲NO!憲法審査会に自民党改憲案を『提示』させるな!5.9国会議員会館前行動
とき◆5月9日(木)午後6時30分~
ところ◆衆議院第2議員会館前を中心に
共催◆戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委、安倍9条改憲NO!全国市民アクション
●この日、午前9時~今国会での初めての実質審議となる衆議院憲法審査会が開かれる予定です。

■安倍9条改憲NO!憲法審査会に自民党改憲案を『提示』させるな!5.19国会議員会館前行動
とき◆5月19日(日)午後2時~
ところ◆衆議院第2議員会館前を中心に
共催◆戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委、安倍9条改憲NO!全国市民アクション

■止めよう辺野古新基地建設・9条改憲・安倍政権の暴走を!5.25国会包囲行動
とき◆5月25日(土)午後2時~
ところ◆国会周辺
共催◆基地の県内移設に反対する県民会議、「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委

↑このページのトップヘ