とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

2月16日に葛西区民館ホールで行なわれた国鉄集会に参加しました。「国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動」主催で約500名が参加しました。
216集会1
216集会4
国鉄は民営化されてしまって今はJRですが、この「国鉄分割・民営化」過程で行なわれた1047名解雇は国家的不当労働行為であり認められない、労働者を職場に戻せ!という闘いは不屈に闘い抜かれています。この日も、動労千葉争議団、動労総連合1047名協議会より解雇撤回への決意が述べられました。

33年前の2月16日、秋田でたった一人不採用が通知された小玉さん(下写真の右から2人目)は「当事者の私たちは、この2月16日を絶対に許せないし、絶対に忘れない」と当時の思いを語りました。「なぜ自分だけ不採用なのか!?現場長に聞いても、係長、課長、部長、誰に聞いても『私にはわかりません』だった」「これで、人を解雇して、許されるのか!」と。
216集会5
当時、本州3社で約10000名の定員割れで国鉄労働者は全員JRに採用されるはずでした。小玉さんも採用者名簿に載っていた。それを、JR設立委員長である斎藤英四郎(当時経団連会長)が名簿不記載基準の作成を指示し、国鉄職員局次長の葛西敬之(現JR東海名誉会長)が具体案を作ったということが、長い裁判闘争の中で明らかとなり、JR東日本に不当解雇の法的責任があることが証明されたのです。でもJRは門前払いで彼らを職場に戻そうとはしません。
現在、動労千葉はJR東日本に団体交渉に応じるよう中央労働委員会に救済命令を求めています。

小玉さんの怒りの訴えが続きます。「いま、JR東の社長をやっている深澤祐二、こいつが葛西の部下として、私らを採用者名簿から削除する作業をやった。こういうやつがいま株主総会の親分をやって莫大な株を自分の懐に入れて、運転手を無くそうとしている。33年前の問題は昔のことではない、現在進行中なんだ。こいつらが、犯罪者として監獄にぶち込まれなければ、労働者の未来はない!」
本当にその通りだと思います。

動労千葉の関道利委員長からは、新たな分割・民営化攻撃との闘いの報告がありました。
216集会3
「JR東日本は4月1日から、運転士や車掌の職名を廃止します。乗務員を最大10年で次々に配転させ、自動運転を導入してワンマン運転化を進め、運転手を保安要員に置き換えると公言している。運転手や車掌を無くすなど150年の歴史上初めてのこと。会社は労組を解体し、労働者に抵抗をあきらめさせ、全JR労働者の権利を根本から破壊しようという狙いだ。」
「だからこそ、職場からの反撃が必要だ。闘えば道が開ける。動労千葉は労組なき職場、労組なき社会にする攻撃を絶対に許さない。ストライキを構えて職場から断固として反撃に立ち上がる」と。

また、集会では、関西生コン部への弾圧を打ち破ろう!ということで、現在、不当逮捕勾留されている武健一委員長のドキュメンタリー映画『棘』を撮られた杉浦弘子監督とプロデューサーで『棘男』の著者でもある平林猛さんがアピールされました。
216集会2
そして、東の関生をめざす鈴コン分会(東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会)の吉本書記長から、3月15日に予定している「関西生コン労働組合の弾圧を許さない東京の会・結成集会」(午後2時~千駄ヶ谷区民会館にて)にぜひ参加してほしいと訴えがありました。

戦争・改憲へと突き進む安倍政権のもとで、「働き方改革」=労働者の基本権解体が狙われ、さらに進んで「労組なき社会」しようと、労働法も無視した警察権力を使った労働組合つぶしが行なわれているということに、恐ろしさを感じます。
関生支部や動労千葉は、長い間原則的に闘っている私たちにとって身近な労働組合ですが、その闘いの内容についてまだまだ多くの労働者や市民に知られていないと思います。まず、現在の安倍政権との攻防についてもっと広く伝えていかねばと思いました。(S)




岡山からのお便りです。
* * * * * * *
2月11日、岡山県奈義町で開かれた「米国海兵隊単独訓練反対集会」(日本原共闘会議主催)に参加しました。
200211日本原1
毎年2.11に行われている日本原闘争ですが、3月8日から強行されようとしている米海兵隊単独の機関銃射撃訓練などに反対し、JR・自治体・教育労働者を中心に320人が集まりました。地元日本原農民の内藤秀之さんは「自衛隊の土地強制買収を可能とする『9条に自衛隊を明記する』改憲を許さない」と決意表明しました。
200211日本原3
集会後、私たちは日本原駐屯地へ向けて恒例の2.11紀元節粉砕のデモ行進(改憲・戦争阻止!大行進岡山主催)をおこないました。
200211日本原2
昨年12月の饗庭野演習場(滋賀県)など全国5か所で展開された日米共同訓練では、香川県(善通寺駐屯地)でオスプレイを使った訓練が強行されています。日本原でも射撃訓練が実施され、大行進岡山は自衛隊への抗議申し入れに立ちました。百本敏昭代表が「戦争自体得するのは資本家だけであって、労働者階級には全く何の利益もない」と表明し、当日夕方のニュースで報道されました。

3月の米軍単独訓練に対しては大行進岡山を先頭に3.8岡山春闘行動として、日本原での軍事演習中止の申し入れと現地行動を闘います。
実弾射撃を阻止しよう!日本原基地を撤去しよう!(岡山県連絡会 Y)

housute
テレビ朝日が「報道ステーション」の社外スタッフ約10人に契約終了を通知したことを問題視し、「『報ステ』を問う」と題する集会が13日、衆院第1議員会館で開かれた。新聞や放送、出版などの労組でつくる日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)が主催。


2月11日、東京入管包囲デモに参加しました。数年前、この包囲デモへの参加で私は初めて東京入国管理局まで行きました。東京入管は、JR品川駅港南口から歩いて20分くらいのところにあります。デモは、合同・一般労組全国協、東京労組交流センター、外登法・入管法と民族差別を撃つ全国実行委の共催で、東八ツ山公園から出発しました。
1-01-CIMG4182
ここ数年、入管収容者の長期収容化が進んでいます。それは、2016年に法務省が「東京オリンピック・パラリンピック競技大会の年までに安全安心な社会の実現を図るため、送還を忌避する外国人など、我が国・社会に不安を与える外国人を大幅に縮減することは喫緊の課題」という通知を全国の入管局長らに発信したからです。さらに法務省は18年には「仮放免運用方針」を出し、難民申請をくり返したりする収容者の仮放免は認めない運用を指示しました。

こうした中で、まともな食事や医療も保障されない中、2年、3年という長期収容者が増えていて、多くの被収容者が仮放免を求めてハンストなど命がけの闘いに立ち上がっています。法務大臣の一存で何年も拘束されることなどあってはならないことです。

目の前奥の一番高い建物が東京入管です。
2-03-CIMG4190
「外国人を収容するな!」「いますぐ家族のもとに返せ!」「難民を強制送還するな!」と入管を弾劾しながら、東京入管の周りをぐるりとデモコールで包囲しました。
3-05-CIMG4199
4-08-CIMG4207
ある一角にさしかかったとき、入管の建物の中から指笛と歓声が聞こえてきました。どこからだろう?と高い建物の窓を眼で追っていくと、10階あたりの出窓のところに何人もの人影が見えました。一生懸命手を振っている人、体を窓のガラスに押し当てて「ここにいるぞ」と外の私たちに存在を知らせようとしている人。よく見るとその上の11階にも窓にへばりついて同じように全身で手を振り、必死に声を発している人々の姿が見えました。その光景を目の当たりにして、私は心が震え、涙が出ました。
デモ隊も、がんばれ!という思いで声を上げ、手を振り続けました。
1-入管前
1-11-CIMG4213
20200211
安倍政権の下で法務省は、法務大臣の私的懇談会である「出入国管理政策懇談会」に設置された「収容・送還に関する専門部会」で、送還忌避者や難民申請をくり返す者などに刑事罰を科すこと議論しているそうです。
オリンピックの名の下に、さらに入管法を改悪するなど許せません。こんな悪法、入管体制を何としても覆していきましょう。(S)

●2月29日にはまた別の有志呼びかけで、東京入管へのデモが呼びかけられているので紹介します。
午後3時に、JR品川駅港南口・東京入管行きバス停前に集合して、そこから東京入管包囲のデモに出発するそうです。



沖縄からの報告です。
* * * * * * *   
2月1日(土)に本年初めての辺野古・土曜日大行動に参加しました。米軍キャンプ・シュワブゲート前で毎月第一土曜日に行われている県民大行動で、主催者発表で800人が参加して抗議の声を上げました。朝夕の寒さとは裏腹に集会の始まる頃には20度近い気温となり、絶好の闘争日和となりました。
3-辺野古1
2-20200201辺野古
この日は、ジュゴン保護キャンペーンセンターの吉川秀樹さんの講話がメインとなり、学習を深めることになりました。①米国の国防権限法(国防予算の大枠を定めたもの)について ②辺野古の海にサンゴなどの希少種が5000種が生植していること ③ジュゴン裁判が2003年から17年間米国で続いていること、などが話されました。また、多くの弁士が辺野古新基地が欠陥だらけで、ほとんど完成のメドが立たないと言い切りました。
4-辺野古3
丁度、この日の地元新聞で辺野古の埋立地が「不同沈下」すると報道されていました。「不同沈下」とは沈下が同一でないということであり、そのことにより埋立地にデコボコが生じて使い物にならないということです。
1-200201琉球新報
報道では、国内の米軍基地にも適用されている米軍の統一施設基準では、滑走路の端から300㍍未満で勾配に変化が生じない設計が求められているとのこと。しかし辺野古の工事では、計画される2本の滑走路の両方で施設の使用開始後も地盤がふぞろいに沈む「不同沈下」が見込まれ、使用開始後20年間の最大沈下量は北側滑走路で約8㌢、南側滑走路で約12㌢と予測されるそうです(吉川さんによると4㍍)。埋立地はどこでも沈下することが明らかになっており、関西空港はこれまでに10~11㍍沈下し、ジャッキアップで維持されているとのこと(吉川さん)。

さらに、警備費用も問題になっています。これも報道によると、今後の総工費9300億円の内、18%の1700億円を警備費として見積もっています。2015~17年に契約済みの警備費は166億円で年間55億円程度の規模。今後、防衛省が予定する沖縄県への変更申請が認められた場合、そこから起算して埋立などにかかる工期として9年3ヶ月が見込まれているので、1700億円は約30年分に当たることになります。今後、警備体制を数倍に強化することも考えられますが、それでも30年分の警備費を見積もるところに辺野古新基地建設の破綻を見る思いがします。

現在、辺野古新基地建設工事に対する闘争は、辺野古キャンプ・シュワブのゲート前がメインとなっていますが、それ以外に砂利を積み出す名護市安和(あわ)・琉球セメント桟橋前と本部港塩川地区でも連日闘いが続けられています。これらの地区での闘いにも参加したいと思っています。(百万人署名・沖縄の会 M)


↑このページのトップヘ