とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

今日8月12日、安倍政権は「黒い雨」広島地裁判決を不服とし、控訴しました。なんとひどいことをするのか!怒り心頭です。
(8月12日付朝日新聞夕刊)
200812朝日夕刊

国はこの裁判に「補助的立場で参加していた」だけに過ぎないのです。被告は広島県と広島市。その両者が「控訴したくない」と国に伝えていたにも関わらず、また、原告たちが必死に「控訴するな!」と申し入れていたにも関わらず、安倍は被爆者たちの75年の苦しみ、悲しみをいとも簡単に足蹴にしたのです。8.6ヒロシマ、8.9ナガサキ記念式典で言っていることとまったく真逆のことをやっている。つまり、言っていることは原稿を読んでいるだけで、やっていることが本心なのです。
結局、広島県知事(湯崎 英彦)・広島市長(松井一実)もこれに与してしまい、本当に許せません。

「黒い雨」訴訟は、国が決めた援護対象地域外で「黒い雨」を浴びた住民らが、被爆者健康手帳などの交付申請を却下されたのは違法だとして、広島県・広島市に対し「自分たちも被爆者として認めよ、被爆者健康手帳を交付せよ」と求めた裁判で、7.29広島地裁判決は原告側の全面勝利でした。
広島地裁は広島県・広島市に対し、原告全員に被爆者健康手帳を交付せよと命じたのです。
被爆75周年8.6ヒロシマ・8.9ナガサキを前にして、喜びに沸く原告たちの姿がまだ目に焼き付いています。
(7月30日付朝日新聞)
200730朝日
安倍政権の暴挙に対し、全国から弾劾の声を上げましょう!
全ての被爆者に国は直ちに医療を保障せよ!
ヒロシマ・ナガサキ・フクシマを繰り返すな!

そして、被爆者の闘いを知り、学び、共に闘おう!
今こそ、核武装を狙う安倍政権を打倒しよう!

下の写真は、被爆75周年8.9ナガサキ現地の闘いに連帯した8.9渋谷デモ(NAZEN東京の呼びかけ)です。約100人が集まり、代々木公園から出発してJR渋谷駅前を通り、一緒に声を上げようと若ものたちに呼びかけました。(S)
8.9デモ


8・6ヒロシマ大行動に参加しました!!!
詳しくは、@86Hiroshima http://86hiroshima.blogspot.com/?m=1 で。
写真報道です。

↓集会妨害のために、「人づくり国づくり財団」から動員された人々。
20200806-1
20200806-2
20200806-3
20200806-4
20200806-5
20200806-6
20200806-7
20200806-8
20200806-9
↓野田隆三郎さんが軍事研究反対署名を呼びかけ。
20200806-10
20200806-11
20200806-12
↓被爆建物保存運動に尽力されている石丸先生。
20200806-13
↓教職員100人声明運動から。
20200806-14
↓安芸太田町議の大江厚子さん。
20200806-15
↓人類愛善会の皆さん。20200806-16
20200806-17
↓警察がデモしているのかと思うくらい警官が多かった。
20200806-18
20200806-19
20200806-20
20200806-21
20200806-22
20200806-23
20200806-24



「百万人署名運動全国通信」第273号(8月号)を紹介します。
ぜひ、定期購読をお願いします。

今回の一面の見出しは『「敵基地攻撃」は核戦争を導く』です。「ちょっと、飛躍がある」という意見も出たのですが、「短い文章ではなかなか難しいけれど、よーく考えてみよう」ということになりました。
273号1

2面は、沖縄から。3面は広島と千葉からの報告です。

273号2

今号4-5面企画のテーマは「電通と自民党」です。持続化給付金から改憲国民投票まで、博報堂に勤務されていた本間龍さんにお話を伺いました。
日本の政治の中枢に電通という大企業が大きく関与していて、多額の税金を吸い込み国政を左右している。日本の政治の闇の一部を目の当たりにしました。

273号3
273号4
6面は、「裁判員制度はいらない!大運動」の高山俊吉さん(弁護士)からの寄稿です。裁判員制度に反対し廃止を求めて闘ってきた高山弁護士の「裁判員制度にとどめを刺すぞ!」と言わんばかりの迫力です。

273号5

★定期購読のお願い
『百万人署名運動全国通信』は、毎月1回発行されていています。
改憲・戦争反対の運動に役立つようにと毎回4-5面で特別企画(インタビュー記事)に取り組んでいます。A4で8頁、100円の小さな通信ですが、ぜひ定期購読をお願いします。

購読料は、年間3000円(1口)の賛同金としてお願いしています。
賛同金の内訳は、本紙12回分1200円+送料800円+カンパ1000円となりますが、「とめよう戦争への道!百万人署名運動」はこの賛同金で運動を継続していますので、ご理解いただきご協力をよろしくお願いいたします。

賛同金の振込先(郵便振替)
   口座番号  00150-1-410561
   加入者名  百万人署名運動

 *備考欄に「賛同金として」とお書きください。



■ドキュメンタリー「棘~人の痛みは己の痛み。武建一」(杉浦弘子監督、65分)埼玉上映会
とき◆8月1日(土)午後1時30分上映開始
ところ◆埼玉会館小ホール(さいたま市浦和区高砂3-1-4)
参加協力券1000円(当日1200円)/上映後、監督挨拶、歌、トークあり
主催◆「棘」埼玉上映委員会(tel.080-3738-0799)

■星野文昭★暁子 絵と詩による二人展in秋田
とき◆8月1日(土)~4日(火)午前10時~午後6時(1日正午~、4日4時まで)
ところ◆アトリオン3階A室(JR秋田駅西口5分)
★8/2(日)午後2時~星野暁子さんの講演あり
主催◆星野さんの遺志を引き継ぐ会(tel.080-1696-4254)

■何を裁き、何が裁かれなかったのか~ドキュメンタリー映画「東京裁判」(小林正樹監督、4時間37分)再上映
とき◆8月1日(土)~7日(金)
ところ◆横浜シネマリン(神奈川県横浜市中区長者町6-95、JR京浜東北線「関内」北口5分)
問合せ◆横浜シネマリン(tel.045-341-3180)

■何を裁き、何が裁かれなかったのか~ドキュメンタリー映画「東京裁判」(小林正樹監督、4時間37分)再上映
とき◆8月1日(土)~終了は未定
ところ◆ユーロスペース(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 3階、JR渋谷10分)
問合せ◆ユーロスペース(tel.03-3461-0211)

■辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省抗議・申入れ行動
とき◆8月3日(月)午後6時30分~7時30分
ところ◆防衛省前(JR市ヶ谷駅7分)
主催◆辺野古への基地建設を許さない実行委(tel.090-3910-4140関東一坪)

■高崎空襲があった8月5日に、コンニャクと和紙で風船爆弾を作った教室で、そのころのお話を聞く
とき◆8月5日(水)午後2時~
ところ◆高崎市中央公民館・視聴覚室(高崎市末広町27)
お話◆高階ミチさん(高階文庫理事長)
主催◆(社)高階文庫(tel.027-325-6081)

■被爆75周年8.6ヒロシマ大行動~核廃絶の声をもっと大きく!
とき◆8月6日(木)
①午前7時15分~8.6ヒロシマアピール集会(原爆ドーム前)。8時15分黙とう後、安倍首相弾劾デモ。
②午後0時30分~8.6ヒロシマ大集会(広島県立総合体育館小アリーナ、原爆ドームから5分)。
③3時~ヒロシマ大行進(原爆資料館前まで市内デモ)
【関連行事】①とき◆8月5日(水)午後2時~被爆体験者の証言を聞く会、②4時~被爆伝承者の語りを聞く会、③6時30分~討論会「8.6ヒロシマと改憲」/ところ◆広島市東区民文化センター(東区東蟹屋町10-31)
主催◆8.6ヒロシマ大行動実行委(tel.082-221-7631)

■平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動(会場参加・Zoom)
とき◆8月8日(土)午後1時30分~集会、7時~デモ
ところ◆在日本韓国YMCA(JR水道橋・東口5分)
★事前申込み必要(会場参加は先着50名)
主催◆実行委(tel.03-3355-2841)

■被爆75周年を考える8.9反戦反核長崎集会
とき◆8月9日(日)午後2時~
ところ◆長崎県勤労福祉会館4階第2・3中会議室(電停・市民会館駅すぐ)
記念講演◆城臺美彌子さん(長崎被爆者)/資料代500円
主催◆すべての原発いますぐなくそう!全国会議ナガサキ(tel.095-800-1107)

■「国益」と「排外」に憲法は屈するのか? ~戦後75年8.15労働者市民のつどい「安倍たおせ!改憲NO!」
とき◆8月15日(土)午後1時開始
ところ◆赤羽会館・講堂(JR赤羽駅東口5分、赤羽公園となり)
講演◆森達也さん(映画監督)「コロナで変貌する日本社会」
コント◆松元ヒロさん(コメディアン)「マスクしてても黙らないぞ」/参加費800円
主催◆8.15労働者市民のつどい実行委(tel.090-6658-1544北島)

■安倍9条改憲NO!安倍政権退陣!8.19国会議員会館前行動
とき◆8月19日(水)午後6時30分~
ところ◆衆議院第二議員会館を中心に
主催◆総がかり行動(tel.03-3526-2920)

■今も続く1923年9月・関東大震災時の悪夢~お話を聴く
とき◆8月20日(木)午後7時開会
ところ◆スペースたんぽぽ(JR水道橋5分)
お話◆愼民子(シン・ミンジャ)さん(「ほうせんか」理事)
主催◆たんぽぽ舎(tel.03-3238-9035)

■星野国賠裁判(星野文昭さんの獄死の責任を問う)
とき◆8月27日(木)午前10時30分開廷
ところ◆東京地方裁判所第411号法廷(霞が関、弁護士会館となり)
問合せ◆全国再審連絡会議(tel.03-3591-8224)

■三里塚・請求異議裁判第3回控訴審(農地の強制収用に反対)
とき◆9月2日(水)午前10時30分~
ところ◆東京高裁(霞が関、東京地裁と同じ建物)
★専門家など3人の証人尋問と市東孝雄さんの本人尋問を予定
問合せ◆三里塚芝山連合空港反対同盟(tel.0476-35-0087)

「とめよう戦争への道!百万人署名運動」の呼びかけ人であり、事務局長として運動の先頭に立たれてきた西川重則さんが、7月23日(木)午前10時41分老衰のため永眠されました。92歳でした。
コロナ情勢の中、25日に療養先の静岡県熱海市の斎場で家族葬スタイルで日本キリスト改革派東京教会の今井牧師による式で見送られたそうです。
心より哀悼の意を表します。
西川さん1
西川さんは昨年6月に路上で転倒されて歩行が困難となり、昨年末から熱海の施設で生活されていました。ところが3月以降は、コロナ感染対策の中で面会が制限され、ご家族も面会ができないという中でしたので、本当に残念です。

西川重則さんは、百万人署名運動発足の1998年4月4日の九段会館の大集会で司会を務められて以降、つねに百万人署名運動の最先頭で行動されていました。事務局長に就任されて以降の20年間の事務局会議は、ほぼ一度も欠席することなく、事務局長としての責任を果たしてくださいました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございました。

西川さんはキリスト者として毎週教会に通われながら、いくつもの団体の代表や事務局長の重責を担われていました。そして、国会開会中は毎日お弁当を持って国会傍聴に取り組まれていました。「戦争は国会から始まる」という危機感から、不断の監視をされていたのです。
大きな悪法(戦争法)が国会に出されるたびに、傍聴席からもどり国会前で警鐘乱打されていました。
西川さん2
また、自らも「わたしたちの憲法~前文から第103条まで」を著し、つねに「憲法に習熟してほしい」と訴えておられました。西川さんがお持ちの「日本国憲法」は何千回、何万回もめくられたのではないかと思われるほどボロボロのものでした。

戦争・改憲をめぐる攻防はこれからますます激しくなります。西川重則さんはつねづね「とめよう戦争!」必ずやこれを成し遂げよう、そのために、自分がつながってきた人々がぜひ力を合わせてほしい、小異を残して大同につこうと言っておられました。

西川さんの御遺志を引き継ぎ、「とめよう戦争への道!百万人署名運動」を継続・発展させ、さらに多くの労働者、市民、農民、学生の闘いとつながって改憲・戦争阻止へ!がんばっていきたいと思います。(百万人署名運動事務局)




↑このページのトップヘ