とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

10月19日(土)午後3時から国会議員会館前で第49回「19行動」があり、2500名の労働者市民が参加しました。いつもの「19行動」は午後6時30分からで集会の途中から暗くなってしまうのですが、この日は土曜日だったので、明るいうちの集会となりました。
2-03-CIMG3531
3-04-CIMG3534
4-07-CIMG3537
1-01-CIMG3524
立憲民主党、社民党、日本共産党など野党議員の発言の中でも、前日に政府が決定した中東海域への自衛隊派遣の検討開始について、「『有志連合』に不参加でも、米軍と一緒に軍事行動することになるのは同じこと」と強く批判がありました。
5-10-CIMG3544
この日は、韓国から来日しているYMCA事務総長ら市民運動活動家3人が参加され、「ロウソク革命の使命として、日本の改憲反対の皆さんと合流したい」とアピールしました。
6-11-CIMG3545
いくつかの市民団体からもアピールがありました。
止めよう!辺野古埋立て国会包囲実行委からは、沖縄県が8月7日に那覇地裁に提訴した「公有水面埋立承認取消処分取消採決の取消請求事件」の厳正審理と公正判決を求めるハガキを裁判長へ送ろうと呼びかけがありました(これは、沖縄県が名護市辺野古の埋め立て承認を取り消したことを、国土交通大臣が違法に取消し、沖縄防衛局が違法状態で埋め立てを強行していることを止めようというもの)。

安保関連法に反対するママの会@ちばからは、11月18日~20日に幕張メッセで開催される武器見本市に反対しやめさせようとの訴えがありました。人殺しをしているイスラエルの軍需会社らが出展し、商談しようとしている。その武器見本市を経産省などが政府が後援している、とんでもないこと。18日には幕張メッセを人間の鎖で包囲しようと訴えました。

主催者からは、臨時国会での憲法審査会開催の動きに注視し、傍聴闘争に取り組もう、11.3国会行動はじめ諸行動への取り組みが呼びかけられました(S)



10月14日午後、墨田区の曳舟文化センターで行なわれた関西生コン支部への不当弾圧を許さない!集会に参加しました。これは、やはり同じ生コン業界の労働組合である「西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会」が呼びかけ、集会実行委員会をつくって準備したものです。300名を超える人々が参加し集中した集会となりました。
1910154
呼びかけ人の吉本伸幸さん(鈴木コンクリート分会書記長)からの開会あいさつのあと、当該の連帯労組関西生コン支部の西山直洋執行委員から訴えがありました。西山さんは、昨年11月21日に大阪府警に不当逮捕され、さらに別件で今年2月に滋賀県警に再逮捕され、保釈されてからまだ1ヶ月も経ってないとのこと。
1910151
今回の関生弾圧(1年間で組合員のべ87名逮捕)について、西山さんは自ら体験したそのデタラメさと国家権力の暴力性を暴露しました。
大阪府警は組合のストライキを「威力業務妨害」と言いなして西山さんを逮捕したのですが、そのこと自身については取り調べでは全然触れず、沖縄闘争や共謀罪反対の組合活動について言いがかりをつけるのみ。もっとひどいのは滋賀県警で、こちらは暴力団を扱う「組織犯罪対策課」が担当。勾留理由開示裁判でも狭い傍聴席の3分の2を滋賀県警の警察官が占めるという異常さ。西山さんは逮捕容疑に対する検事調べが一度もないまま起訴されてしまったそうです。あきれてしまうのは、こうした滋賀県警のやり方に大津地裁の裁判官も同調している状況だということです。

さらに西山さんは、逮捕された組合員の奥さんの家に組対(組織犯罪対策課)の人間が行って、「旦那は組合員であるから釈放されない」「黙秘しているから釈放しないんだ」、「奥さんからやめさせるように」と平気で言ってきていると怒り、「まさに、国家的な、警察による不当労働行為だ」と弾劾しました。

また、保釈条件もひどい。西山さんだけでも「100人の人に会ってはいけない」と条件を付けられている。その中の40名くらいは名前を知らない人だそうです。そして、さらに、組合事務所への立ち入り禁止、関連施設への立ち入りも禁止。もう一人の役員には「組合員全員と会ってはいけない」と。まさに、憲法違反、憲法28条(団結権、団体交渉権、団体行動権)違反だと指摘し、「労働者の権利を死守する。分断には団結と連帯ではね返していこう!」と訴えました。

これを受けて、労働社会学者の木下武男さんから「関西生コン支部の運動と弾圧の背景」と題した講演がありました。
1910155
木下さんは、本当の労働組合というのは関西生コン支部のような産業別労働組合をめざす労働組合で、日本の民間は企業別労働組合がほとんどで、欧米や世界的な労働組合と比べると日本の労働組合はそれとは外れていると言われました。
そして、日本にも電産(日本電気産業労働組合)や全自(全自動車)のような産業別労働組合があったが、これは戦後まもなくの時期に壊滅的な攻撃を受け、経営側と資本、政府の手によって粉砕されてしまった歴史があると、1952年の電産争議や日産争議について紹介。日産争議では暴力団も利用されました。木下さんはその時のことを思い起こし「今度の関西生コンに対する弾圧は、これに似ている。公安警察だけでなく組対(そたい)が出てくるということは、本気になってつぶしにかかってきている」と言われました。
そして、今度の関西生コン支部への弾圧を見て日本は産業報国会になるのではないかと危機感を持ったと言われ、「関西生コンのような労働組合の運動を、全国で、全産業で広げること、それが今回の弾圧への最大の反撃になる」と訴えました。

休憩の後、憲法と人権の日弁連をめざす会代表の武内弁護士、ス労自主労組、動労千葉、青年労働者などからのアピールが続きました。
動労千葉からは、毎年、関西生コン・港合同・動労千葉の呼びかけで行なわれている11.3労働者集会への参加が呼びかけられ、青年労働者からは、「今朝、関生支援のツイッターを開設しました!」と報告がありました。
1910153
最後に、鈴コン支援共闘の花輪不二男さんの音頭で「団結がんばろう!」
1910156

11月16日(土)午後2時~、大阪市・西梅田公園で「声をあげよう!弾圧ゆるすな!11.16全国集会」が予定されています。天皇制の下への国民統合を狙う天皇即位式典祝賀攻撃を打ち破り、東京での改憲阻止国会包囲、11.3日比谷労働者集会~11.16大阪集会へ、労働組合への弾圧をはね返し安倍政権を倒す大行動に参加しましょう!(S)

(関連集会・デモ予定)
憲法審査会始動させるな!辺野古新基地建設やめろ!「嫌韓」あおるな!東北アジアに平和と友好!10.19国会議員会館前行動(第49回「19日行動」)
とき◆10月19日(土)午後3時開始/ところ◆衆議院第二議員会館前を中心に/主催◆戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会、安倍9条改憲NO!全国市民アクション

天皇祝賀パレード直撃10.22都心デモ
とき◆10月22日(火・休)午前11時30分集、正午~デモ出発(午後1時終了)/集合◆新橋・桜田公園(港区新橋3-16-15)/呼びかけ◆全学連(高原恭平委員長)、全国労組交流センター

10.22天皇即位式反対デモ
とき10月22日(火・休)午後1時15分開場/集合◆ニュー新橋ビル地下ニュー新ホール(JR新橋駅日比谷改札前)/主催◆終わりにしよう天皇制!『代替わり』反対ネットワーク

労働組合つぶしの大弾圧を許さない!11.1東京集会
とき◆11月1日(金)午後6時30分開始/ところ◆日本教育会館7階707号室(都営地下鉄「神保町」近く)/参加費500円/共催◆週刊実話提訴弁護団、救援連絡センター、労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委・東京(tel.03-6382-7605

改憲阻止!関西生コン労組弾圧許すな!日韓民衆連帯!11.3全国労働者総決起集会
とき◆11月3日(日)正午~労働者集会、2時~改憲阻止!大行進アピール、3時~デモ/ところ◆日比谷野外音楽堂(日比谷公園内)/発言◆韓国・民主労総ソウル地域本部など海外からも参加あり/500円/呼びかけ◆関西生コン支部、港合同、動労千葉、改憲・戦争阻止!大行進ほか(tel.043-222-7207)

●安倍改憲発議阻止!辺野古新基地建設やめろ!東北アジアに平和と友好!11.3憲法集会in国会正門前抗議行動
とき◆11月3日(日)午後2時~/ところ◆国会議事堂正門前/共催◆総がかり行動実行委(tel.03-3526-2920)、全国市民アクション、3.1朝鮮独立運動100周年キャンペーン実行委


声をあげよう!弾圧ゆるすな!11.16全国集会
とき◆11月16日(土)午後2時~集会、4時~デモ(雨天決行)/ところ◆大阪市・西梅田公園(大阪市北区梅田2-6-)/主催◆11.16全国集会実行委員会(tel.06-6575-3131 全港湾関西地方大阪支部)


熊本で
臨時国会前日の3日夕方、熊本の中心街でビラまきと署名取りを行いました。
熊本県連絡会と火の国合同労組が一緒になって、安倍の改憲・戦争攻撃を絶対阻止しようと訴えました。
1-191004熊本
1時間ほどの行動でしたが、ビラを受け取ってくれた人の7割近くが若者でした。大学生、中高校生など足を止めてビラを見ながらのこちらの説明に納得して受け取ってくれるケースもたびたびでした。こういうことは初めてです。

統一ビラの「『自衛隊』憲法明記は、徴兵制、戦争への道!」「兵力義務が生じる」の訴えはわかりやすく、このビラの良さが大いに助けてくれたのだと思います。若者の未来がかかった問題として受けとめてくれた!(熊本・N)



千葉
10月4日、百万の全国一斉街宣で、千葉ではJR市川駅北口で戦争反対の訴えと署名活動に立ちました。内閣改造後初めての臨時国会の開催日で、改憲発議に抗議して国会前行動に立ち上がっている市民学生労働者に連帯しての行動です。強風の中、3名でのビラまき・署名活動でしたが、署名はあちらから駆け寄って来てくれる人が多くいました。「風に吹き飛ばされないで」と声をかけてくれ、安倍に対する怒りを口にしながらの署名です。
署名活動1
署名してくれた方より「何党ですか?」と尋ねられ「党派は関係なく戦争反対で一緒にやりたい。大同小異で団活したい」と話し、意気投合しました。その人には全国通信をお渡しし、しばらく送ってみますのでぜひ購読してください、と話しました。街宣は署名を集めることと同時に、仲間を増やし百万の運動をもっと大きくし戦争反対の隊列をより強くするために基本であり大切な活動だと思います。

この日の強風で房総の鋸南町でまた停電が発生したとニュースで伝えていましたが、署名者の中から「横浜ではカジノをめぐる誘致が選挙公約違反だとして林市長に対するリコールの闘いが始まっているが、千葉でも台風災害に対する対応でリコール運動を始めてはどうか」という意見が出て、市民の感覚に触れるこの街宣はとても勉強になるなと思いました。続けて街頭に立ちましょう。(千葉・O)



山陰で
山陰では、10月4日の街宣は米子と鳥取で取り組みました。
それぞれ昼時の1時間ほどでしたが、統一ビラをまき、署名協力を呼びかけました。米子も鳥取も人通りが少なく、こちらも少人数でしたが全国の仲間と連帯してがんばりました。「自衛隊明記反対」署名は合計で約30筆、米子では「三里塚要望書」署名4通も集めました。

鳥取駅前では年配の女性の反応が良かったです。「日本人はおとなしすぎる!もっと怒らねば!!」と怒りを表して署名。また、「私は戦争引き揚げ者、絶対に戦争反対よ!安倍は侵略戦争に謝罪、反省もしていない。許せないですね。とにかく戦争は絶対ダメ!!」等々。「ごくろうさま、がんばろうね」とお菓子を差し入れてくださる方もいました。
人通りが誠に少なく残念でしたが、国会の動きを見て全国一斉街宣を第二弾、第三弾とやる必要があると思います。(山陰・I)



国会開会街宣tokushima
徳島で
国会開会日の10月4日夕方、百万人署名の全国統一ビラに力を得て、街頭行動を行いました。
安倍総理が「なんとしても改憲をする」と言えば言うほど、なんとしても安倍打倒をしたくなる・・・そんな街の空気が見えました。

この日は徳島で開かれていた、日弁連の人権大会の最終日です。人権を守る意欲に燃えた弁護士さんが、全国から1500人集まられたそうです。

2日間のみっちり熱い議論をおえて、駅に向かわれる最中での街頭宣伝になりました。同時期に開催された星野絵画展にも、多数ご来場いただきました。

おりしも、香港では、デモ隊の高校生に警官が至近距離から発砲する事件も起きています。48年前、渋谷暴動で星野さん、奥深山さん、大坂さんらが立ち上がった状況の、再来を見るようです

ビラまき中の70代のなかまには、帰宅する中学生が「みなさんのこと、もっと知りたいんですけど。」と話しかけてきました。さっそく世代を超えた対話の輪ができました。百万人署名運動のよびかける「とめよう戦争への道」の呼びかけが、力を発揮する時代になっているのを実感しました。(徳島・S)



新潟で
改憲・戦争とめよう!にいがた大行進は、各地区での学習会を重ね、その蓄積をもとに臨時国会開催日の10月4日、一斉行動にたちました。台風18号が温帯低気圧に変わったとはいえ、この日全国で一番の強風吹き荒れる最中、新潟駅南口広場に15人の方が駆け付けました。この日のために年休を取り、各駅頭での早朝街宣に参加した人、仕事を終え、渋滞を縫いながら遅れて参加した人、電車が止まり大混雑の駅構内をかいくぐり到着した方、等々。IMG_0570 (2)
百万人署名の統一チラシを撒き、この日行われた安倍首相の施政方針演説を批判、弾劾しました。

さらに用意したシール投票ボードには、電車が止まって迎えを待つ学生や青年が次々と応じ、対話が続きました。シール投票は「自衛隊明記」の賛否を問うものと、改憲を決めることのできるのは誰?という設問の2種類でした。そして見えてきたものは、「自衛隊明記」や改憲の手続き自体が知られていないのが現状でした。
IMG_0567 (2)
改憲の野望を隠すことなく表明した安倍の施政方針演説に対して、その出ばなをくじく、鮮烈な改憲阻止運動をつくりだしましょう!(新潟・S)

10月4日に第200回臨時国会が召集され、安倍首相は午前の衆議院本会議、午後の参議院本会議で所信表明を行いました。20分ほどの演説の最後で安倍首相は、「令和の新しい時代に、この国のめざす形、その理想をしっかりと掲げるべき」「教育、働き方、社会保障、我が国の社会システム全般を改革していく」「その道しるべは、憲法だ。日本がどのような国をめざすのか、憲法審査会(衆議院では「憲法調査会」と言った)でしっかり議論していこう」と訴えました。
(この日も小学生の国会見学がありました)
国会1
安倍は「教育、働き方、社会保障、社会システム全般の改革」と言っていますが、すでに、安倍政権の下で、現「日本国憲法」違反が続いています。「教育」では教育基本法が改悪され、「働き方」では労働基本法が踏みにじられ、「社会保障」は医療も介護も劣悪化している。さらに、秘密保護法・共謀罪・安保関連法(戦争法)を強行している。この国を、これ以上、どう変えたいのか!と怒りが湧きます。

また、安倍が必死で動かそうとしている「憲法審査会」は、それまでの「憲法調査会」とは全く異なり、「憲法について議論する場」ではなく、「改憲案を議論し、発議する場」なのです。しかも、憲法審査会を傍聴すればわかりますが、「人の意見を聞いて議論する」場ではなく、各政党の「意見表明」の場でしかありません。
こんなところに「私たちの未来」を託してはならないのです。

臨時国会開会日の4日、国会前には昼休み時間を中心に約450名の労働者市民が駆けつけ、「9条改憲NO!」「改憲案を提示させるな」と抗議の声を上げました。
午前11時過ぎからは、参議院会館前で全学連らが呼びかけた抗議集会がありました。
国会2
労組交流センターや動労千葉、改憲・戦争阻止!大行進神奈川などからアピール。百万人署名運動からも「憲法に自衛隊明記反対」署名を広げようと訴えました。
国会4
京都大学内でのビラまきを「建造物侵入」だとして不当逮捕され、5ヶ月もの拘留を強いられていた斎藤郁真さん(前全学連委員長)が9月27日に保釈され、休む間もなく国会前に駆けつけ闘いの第一声を発しました。立派な人だと感動しました!
国会3

正午からは、総がかり行動らが呼びかけた国会議員会館前集会があり、これに合流しました。
平和フォーラムや各政党(共産・立憲・社民)の国会議員、沖縄の伊波洋一さん(参議院議員)らの発言がありました。
国会5
国会6
国会7
臨時国会は12月9日(月)までです。
約2ヶ月間、職場、学園、地域で、安倍のめざす国に反対しよう!9条改憲に反対しよう!と呼びかけを広げましょう。(S)

↑このページのトップヘ