とめよう戦争への道!百万人署名運動

署名運動をとおして、改憲・戦争への道を許さない闘いを全国的に広げていきます。

■首切り反対!戦争反対!11.1労働者市民総決起集会&デモ
とき◆11月1日(日)正午開始、3時15分~銀座デモ
ところ◆日比谷野外音楽堂(日比谷公園内)/チケット500円
呼びかけ◆関西生コン支部、港合同、動労千葉、国鉄闘争全国運動、改憲・戦争阻止!大行進(tel.043-222-7207)

■辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省前抗議行動
とき◆11月2日(月)午後6時30分~
ところ◆防衛省正門前(JR市ヶ谷駅7分)
主催◆辺野古への基地建設を許さない実行委(tel.090-3910-4140)

■平和といのちと人権を!11.3大行動
とき◆11月3日(火・祝日)午後1時30分開会
ところ◆国会正門前
発言者◆立憲野党各党、瀬戸大作さん(避難の協同センター事務局長)、朝鮮大学校生、清水雅彦さん(日本体育大学教授)ほか
主催◆総がかり行動実行委(tel.03-3526-2920)

■子どもを被ばくから守ろう!家族も自分も!第15回新宿デモ
とき◆11月7日(土)午後1時~アピール、2時~デモ
ところ◆アルタ前広場(JR「新宿」東口すぐ)
主催◆脱被ばく実現ネット(tel.090-8494-3856岡田)

■オスプレイいらない!習志野・八千代・船橋市民集会
とき◆11月7日(土)午後1時30分~集会、集会後パレード
ところ◆薬円台公園・ステージ広場(千葉県船橋市薬円台4-4)
主催◆オスプレイはいらない!習志野・八千代・船橋ネットワーク(tel.090-2248-8142金光)

■「黒い雨」訴訟原告による報告会
とき◆11月7日(土)午後1時30分開始
ところ◆平和記念資料館東館・地下会議室①(広島市平和記念公園内)/参加費500円
お話◆牧野一見さん(広島県「黒い雨」原爆被害者の会連絡協議会事務局長)
主催◆8.6ヒロシマ大行動実行委&NAZENヒロシマ(tel.080-1995-5203)

■ドキュメンタリー映画『棘』仙台上映会
とき◆11月8日(日)3回上映①午前10時~②午後2時~③5時30分~
ところ◆せんだいメディアテーク7Fスタジオシアター(宮城県仙台市青葉区春日町2-1)
★各回上映後、監督とプロデューサーとのトークセッションあり/全席指定、チケット1000円(申込tel.090-8922-5418立石)
主催◆『棘』仙台上映実行委

■ちょぼちょぼゼミ「感染症利権と新型コロナワクチンの危険性」
とき◆11月12日(木)午後6時
ところ◆スペースたんぽぽ(JR「水道橋」西口5分、神田三崎町2-6-2)
講師◆天笠啓祐さん(ジャーナリスト)/参加費800円(学生400円)、要予約
共催◆田中一郎&たんぽぽ舎(tel.03-3238-9035)

■星野文昭・暁子さん詩画展in愛媛
とき◆11月13日(金)~15日(日)午前9時40分~午後6時(13日は1時~、15日は4時まで)
ところ◆愛媛県美術館新館2F特別展示室1(松山市堀之内)/入場無料
主催◆えひめ星野文昭さんをとりもどす会(tel. 090-8693-6379 )

■裁判員制度は廃止へ11.13最高裁デモ
とき◆11月13日(金)正午、デモ出発
ところ◆日比谷公園霞門に集合(弁護士会館前)
デモコース◆霞門~東京地裁~経産省・文科省~首相官邸下~赤坂見附~最高裁(約1時間)
主催◆裁判員制度はいらない!大運動(tel.03-6416-8256)

■『あなたは蜘蛛を見たことがありますか』(韓国の旭非正規職労働者の世の中を変える話、監督:キムサンペ)上映会
とき◆11月15日(日)午後6時45分開会
ところ◆亀戸文化センターホール(JR「亀戸」北口2分)/1000円、要予約
主催◆旭非正規職支会支援共闘会議(tel.090-9016-0272)

■敵基地攻撃能力保有反対!改憲反対!「19日行動」
とき◆11月19日(木)午後6時30分~
ところ◆国会議員会館前
主催◆総がかり行動実行委(tel.03-3526-2920)

■朝鮮学校差別反対集会
とき◆11月21日(土)午後2時開始
ところ◆文京区民センター3A(JR「水道橋」東口から北へ10分)
記念講演◆安田浩一さん(ノンフィクションライター)「草の根ヘイトの実態」/各地からの報告など★オンライン(ZOOM)参加希望者は前日までにウェブフォームから申し込みを/カンパ500円/1口
主催◆朝鮮学校「無償化」排除に反対する連絡会(tel.080-3930-4971)

■止めよう!辺野古新基地建設11.21集会
とき◆11月21日(土)午後6時30分開演
ところ◆文京区民センター3A(都営地下鉄「春日」A2出口2分)
お話◆立石雅昭さん(沖縄辺野古調査団団長、新潟大学名誉教授・地質学)「震度1で崩壊」/資料代500円
主催◆辺野古の海を土砂で埋めるな!首都圏連絡会/辺野古への基地建設を許さない実行委(tel.090-3910-4140関東一坪)

■星野文昭さん獄死を許さない11.23全国集会
とき◆11月23日(月・祝日)午後1時開会
ところ◆曳舟文化センター大ホール(京成押上線「京成曳舟」1分
音楽◆丸尾めぐみ・福山竜一さん
発言◆星野国賠に勝利する全国運動の訴え、家族の訴え、大坂正明さん救援会の訴え他
主催◆星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議(tel.03-3591-8224)

■日本原電・東海第二原発をとめよう!11.27集会
とき◆11月27日(金)午後6時15分開始
ところ◆文京区民センター3A(都営地下鉄「春日」A2出口1分)
スピーチ◆山崎久隆さん(たんぽぽ舎共同代表)、大石光伸さん(東海第二原発差止訴訟団共同代表)他/資料代500円
主催◆とめよう!東海第二原発首都圏連絡会(tel.03-3238-9035)

■「9条改憲と沖縄を考える」ビデオ上映&トーク
とき◆11月29日(日)午後1時30分~
ところ◆みえ県民交流センター・ミーティングルームA(JR「津駅」東口すぐ、「アスト津」3F)
沖縄報告◆冨田正史さん(カヌー隊の一員)
ビデオ上映◆「チーム緑ヶ丘1207活動報告」DVD上映(45分)
主催◆百万人署名運動三重連絡会(tel. 090-2617-0721 )

■自衛隊海外派兵反対!舞鶴集会&デモ
とき◆11月29日(日)午後2時~集会、集会後デモ
ところ◆舞鶴市政記念館(赤れんが2号棟、舞鶴市役所横)
主催◆改憲・戦争阻止!大行進・関西(tel.06-7503-7232)

■12.6福島報告集会~10年目のフクシマの真実
とき◆12月6日(日)午後1時30分開始、ビデオ上映あり
ところ◆熊本県教育会館5F第1会議室(熊本市中央区九品寺1-11-4)/資料代1000円、学生500円
講演◆杉井吉彦さん(医師)/主催◆NAZEN熊本(tel.080-5218-1917和田)


10月26日(月)第203回国会が召集され、午後の衆議院・参議院それぞれの本会議で菅首相の所信表明演説が行われました。日本学術会議会員任命拒否を居直り続ける菅首相に怒りを叩きつけるため、国会前には抗議の人々がかけつけました。
CIMG4235
午前11時からは、改憲・戦争阻止!大行進が参議院会館前で集会を開始、東京・神奈川・千葉などから参加した労働者、市民、学生が次々アピールしました。
CIMG4238
参加者は国会に向けて、学術会議への人事介入を撤回しろ!敵基地攻撃能力保有に反対!国民投票法改定はんたい!辺野古工事を中止しろ!スガはやめろ!と何度もシュプレヒコール。
CIMG4248
CIMG4245
正午からは衆議院第二議員会館前を中心に「総がかり行動」主催の抗議集会が始まり、これに合流しました。
CIMG4259
CIMG4256
CIMG4275
国会議員も多く参加し、沖縄の風、社民党、日本共産党、立憲民主党などから発言がありました。沖縄の風の伊波洋一議員は、アメリカと一緒に日本が戦争をしていく危険性を指摘し、私たちは平和を守る覚悟をしっかり示していこう訴えました。
CIMG4262
安倍晋三は最悪!安倍を倒せば次に誰がなろうがもう少しましではないかと思っていましたが、甘かった!菅義偉はさらにどす黒い。

菅首相は、所信表明の中で、「沖縄のみなさんの心に寄り添いながら」などと言いながら、何の躊躇もなく「辺野古の埋め立ては着実に進めていく」と言い放ちました。ふつう、こういう矛盾したことは言えません。しかし、これが菅の本性です。

また、行革と規制緩和をさらに進めるとし、「行政のデジタル化、マイナンバーを全国民に広げる」と宣言。大資本の利益を優先・保障して国民の権利侵害・生活破壊をするのに、平気で「国民のために働く」と言う。改憲についても「憲法審査会に各政党がそれぞれ改憲案を出してもらい議論を進めていく」と明言。菅は、安倍ができなかった明文改憲をやろうとしています。

国会は12月5日までの41日間ですが、またここでどれだけの悪法がつくられ、労働者市民の命が削られるかわかりません。反動国会の内容を、菅政権の正体を職場で地域で暴露しぬきましょう。そして、私たち労働者市民こそが社会の主人公であり、私たちが生きれない社会・政治は間違っていると大きな声で言っていきましょう。

新自由主義の労働組合つぶしと不屈に闘いぬいてきた関西生コン支部、全国金属機械労組港合同、動労千葉が、11月1日に日比谷野音で首切り反対!戦争反対!の総決起集会を呼びかけています。医療福祉労働者も白衣を着て参加します。労働者も市民も学生も共闘して反撃の大きな力をつくっていきましょう。(S)

★★★ 11.1労働者集会にぜひご参加を!!!
11.1ビラ


ベトナム戦争反対のデモが世界中で呼びかけられた「10.21国際反デー」。その10月21日に、反入管デモが行われました。呼びかけたのは「外登法・入管法と民族差別を撃つ全国実行委員会」。35人ほどが参加し、最寄りの品川北ふ頭公園からデモで東京入管へ。大きな入管収容所を包囲するようにデモとコールで2周して、中の被収容者へ「共に闘うよー」と伝えました。
入管4
入管1
入管2
入管3
デモ隊がある一角にさしかかると、ウワーっという大勢の声が建物の中から聞こえてきます。7階くらいの高いところの窓に人々が手を振る姿が見えます。あとから聞いたのですが、そこは洗面所の高い窓とのこと。洗面台に上がって必死に窓から姿を見せていたのでした。
「がんばってー」と、デモ隊もみんな力いっぱいプラカードと手を振って応えました。
入管5

デモの後、出発点の公園で参加者が交流しました。
牛久入管収容所問題を考える会の田中喜美子さんは、「今日の午前中、牛久で5人に面会してきたが、中には4年も収容されている人もいた。収容所の非人間的な処遇に抗議して、いまも9人ほどがハンストをしている。摂食障害を起こしている人もいる」と深刻な収容所の現状を報告されました。また、この臨時国会にも出されようとしている「退去強制拒否罪」「仮放免逃亡罪」新設の入管法改悪に反対しよう訴えました。

入管6
この日の行動に、クルド人で難民申請中のデニズさんも参加され、「自分もそうだが、長期収容でメンタルが壊されていく。早く自由にしたい」と訴えました。

入管7
主催者からは、これからも東京入管デモを続けよう!呼びかけられました。また、菅政権を倒そう、11月1日の全国労働者集会(正午から、日比谷野音)に参加しよう!と呼びかけられました。(S)


敵基地攻撃に踏み込む自衛隊について「半田滋さんが大いに語り尽くす」というので、10月11日に横浜市開港記念会館講堂で行われた講演集会に参加しました。改憲・戦争阻止!大行進神奈川の主催で130人ほどが参加、パワーポイントを使っての半田さんの講演を軸に、米海軍横須賀基地への原子力空母母港化に反対し続けている呉東弁護士らも現地の闘いを報告しました。
P1000921
P1000933
半田さんの講演で、印象に残ったことをいくつか紹介します。
一つめは、敵基地攻撃能力の保有は合憲だという根拠として用いられる1956年の船田中防衛庁長官が代読した鳩山一郎首相答弁に関するものです。この鳩山答弁の前段は「わが国に対して急迫不正の侵害が行われ、その侵害の手段としてわが国土に対し、誘導弾等による攻撃が行われた場合、座して自滅を待つべしというのが憲法の趣旨とするところだというふうには、どうしても考えられないと思うのです。そういう場合には、そのような攻撃を防ぐのに万やむを得ない必要最小限度措置をとること、たとえば誘導弾等による攻撃を防御するのに、他に手段がないと認められる限り、誘導弾等の基地をたたくことは、法理的には自衛の範囲に含まれ、可能であるというべきものと思います。」というものです。

しかし、半田さんは「この鳩山答弁には後段がある」と紹介しました。その後段は「侵略国の領域内の基地をたたくことが防衛上便宜であるというだけの場合を予想し、そういう場合に安易にその基地を攻撃するのは、自衛の範囲には入らない」というものです。
そして、自民党提言を受けて、政府で検討しているのは、まさに「防衛上便宜である」ことが理由であり、したがって「自衛の範囲に入らない」と指摘しました。
P1000929
二つめは、日本はすでに敵基地攻撃能力の保有を開始しているということです。空母は持てないとされている中で、海自「いずも」型護衛艦を改修して「空母」化することや、攻撃型F35戦闘機の大量購入、長距離巡航ミサイルの導入などが盛り込まれた防衛大綱や中期防衛力整備計画(2018年12月に閣議決定)に基づいて防衛費は毎年増えています。

三つめは、2015年9月に強行成立された安保関連法が日本参戦の誘導道になっていくという指摘でした。そもそも北朝鮮が日本にミサイルを発射する場面では米国との戦争になっている可能性が高い。その場合、日本は安保関連法の「重要影響事態」や「存立危機事態」と認定し自衛隊は米軍に全面的に協力して参戦していくことになり、結果として北朝鮮が日本にミサイルと撃ってきたら、今度は日本有事の「武力攻撃対処事態」として本格的な戦争になっていくと半田さんは危機感を表明されました。
P1000931
半田さんの講演を聞いて、安保関連法、そして、いま進んでいる空母や巡航ミサイルの保有、さらに敵基地攻撃能力保有の強弁と一体で、自民党・菅政権は、早急に憲法9条明文改憲を強行しようとしているのだと危機感と怒りを強くしました。

集会後、横浜の街をデモ行進。9条改憲NO!共に菅政権を倒そう!と呼びかけました。

P1000943
集会中も会場の外で大きな音を出してうるさかったのですが、デモに対しても右翼が妨害してきました。真新しい宣伝カーと高価な音響設備、この資金はどこから流れてくるのだろう?
そうだ、ここは菅首相のおひざ元でした!(S)

P1000942

闘う労働組合が呼びかける11.1労働者総決起集会への参加を呼びかけます。
11.1労働者集会ビラ

この集会は、現在、労組つぶし弾圧(労働組合活動を犯罪とするデタラメな大弾圧)と闘っている関西地区生コン支部と、JR資本の鉄道破壊・雇用解体攻撃と闘う動労千葉らが、国鉄分割民営化に反対し「闘う労働組合を甦らせよう!」と呼びかけ、毎年11月の第一週の日曜日に日比谷野音で開催している全国集会&デモです。
数年前から、改憲・戦争に反対する市民運動諸団体も集会を共催しています。

世界中で労働者市民が生きるために声を上げ行動しています。何より働く現場で労働者が立ち上がっています。日本でも、闘う労働組合をたくさんつくりましょう。
労働者と一緒に、市民も団結し、菅政権の「命よりカネ、人権無視」の改憲・戦争政治をひっくり返しましょう!

(2020年11.1集会ポスター)
11.1ポスター

(百万人署名運動で作ったビラです)
11.1ビラ表



11.1ビラ裏

★動労千葉が組合員に参加を呼びかけ(組合ニュースより)

日刊動労千葉.jpg.psd

(上記ニュースの全文)
危機こそチャンス! 組織拡大を ー今こそ、闘う労働組合を! 11.1労働者総決起集会へ

 組合員の総結集を

連帯ユニオン関西生コン支部・港合同・動労千葉が「闘う労働組合の全国ネットワークをつくろう」と呼びかけて始まった11月集会が今年で23回目を迎えます。
コロナ禍から始まった2020年の大情勢に応える道は、まさに「闘う労働組合を再生させる」ことです。日本における新自由主義攻撃の始まりであった分割・民営化攻撃と闘った原点に立ち返り、組合員の総結集を訴えます。

菅政権打倒!

9月16日、7年8カ月にわたって雇用・社会保障制度、医療をはじめ社会の全領域を破壊し、安保戦争法を強行し、改憲に突き進んだ安倍政権は、コロナ危機の前になす術を失い、腐敗にまみれて退陣しました。
しかし、後を継いだ首相・菅義偉もごりごりの新自由主義者です。閣僚人事では20名中14名を日本会議で固め、安倍以上に強権的・独裁的な体制で危機を乗り切ろうとしています。新型コロナの蔓延と世界大恐慌という歴史的な危機に突き動かされて、「改憲に挑戦する」「敵基地攻撃能力の保有」「行政改革」を押し立て、「戦争のできる国」への道にのめりこんでいます。あらたな決意で、菅政権打倒!の旗をかかげよう!

 時代が動く

大倒産・大失業、より極端化された新自由主義攻撃が社会を呑み込もうとしています。しかし、コロナ危機は労働者が団結して歴史の全面に登場する条件を広範につくりだしました。全世界で労働者が燃え上がる炎のように立ち上がっています。
新自由主義の中で最底辺に突き落とされ、軽んじられ、侮辱されてきた世界中の労働者が本来いるべき場所を自覚し始めたのです。怒りの声は社会に満ちあふれ、時代が動こうとしています。日本でも必ず山が動く時がきます。まなじりを決して立ち上がろう。

 JR大激動

コロナ感染症の拡大は、JR民営化体制を崩壊させました。3島JRの経営は壊滅的な状態です。本州3社も巨額な赤字におちいっています。JR貨物も深刻です。
しかしJR東日本はそれを「千載一遇のチャンス」として、1500億円のコストカット、〝整理解雇〟を振りかざして、分割・民営化以来の大攻撃に踏み出しています。
「整理解雇一歩手前」と称する休業命令に関する就業規則改悪は、すべての労働者を恒常的に失業・解雇の恐怖のもとにおく究極の雇用解体攻撃です。東労組などは「雇用と職場を守るため全組合員とともに黒字経営を作り出す」と、解雇さえしなければ何でも呑むと震えあがっています。

 危機こそチャンス

強固に団結した労働組合の闘い以外にこの攻撃に立ち向かうことはできません。「団結さえ崩さなければ道は開ける」、自分たちは、国鉄分割・民営化との闘いでこのことを、身をもって体験しました。「危機こそチャンス」〝JR大激動〟この情勢の中で組織拡大を実現しよう。
11・1全国労働者集会―改憲・戦争阻止!1万人大行進の成功をかちとろう。労働運動の産業報国会化、総非正規職化・解雇自由・労組なき社会を許すな!闘う労働運組合の全国ネットワーク、国際連帯闘争のさらなる発展をかちとろう!


世界の労働組合から連帯のメッセージが届いています。(11.1集会実行委員会ニュースより)

11.1メッセージ


↑このページのトップヘ